ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ドンナ・マルツィア シャルドネ・バリック【白】

モンキエロ・カルボーネ ヴィノ・ロザート【ロゼ】

ラ・スピネッタ・カサノーヴァ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

イル・サローネ【赤】

サクラ フリッツァンテ【ロゼ・微発泡】

モリーゼ州からディ・マーヨ・ノランテ入荷!

2016年産 搾りたてオリーブオイル ご予約受付中!

コスパあふれるサン・アントニオのおすすめワイン

レチット&ペリーザ まとめ買いフェア実施中

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

ヴァイングート・テッシュ

2013 ペッケニーノ ピノ・ネロ【赤】

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

スプマンテ・クラシコ コントラット

チーマ・ローザ

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

2013年産 グラーティ EXバージンオイル

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

 

 

商品カテゴリ

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

 

大好きイタリアワイン キャンティ・クラシコ編

 

 

 

 

キャンティ・クラシコの日(毎月13日)にはお買い得キャンティ・クラシコ!

グラン・セレツィオーネはこちら

キャンティ・クラシコ リゼルヴァはこちら

キャンティ・クラシコはこちら

 

 

キャンティ・クラシコ

 

◆キャンティとキャンティ・クラシコ◆

 

キャンティ フィアスコ のボトルキャンティ・クラシコを語る上で、まず知っておきたいことはキャンティの存在です。

 

たいていキャンティと聞くと、まず思い浮かべるのは、ずんぐりとした形の藁でおおわれた瓶形=フィアスコではないでしょうか。

 

この「フィアスコ」という名称のボトルは、1800年代に運搬時に割れにくくするために麦藁やトウモロコシの皮でボトルを巻いたのが始まりとされています。

 

ただ、このボトルに入れられたキャンティは「安い・薄い・低品質」というレッテルが貼られてしまい、後にはキャンティの評判を落とす一因ともなりました。 

 

こうした中、1924年、33の生産者が集まり歴史的にも由緒あり、高品質を維持することを目的としたキャンティ・クラシコ協会の前身が設立されます。

 

この時より「ガッロ・ネロ(黒い雄鶏)」をシンボルとして使用することになり、今日に至ります。

 

 ガッロ・ネロ

 

でも、現実問題として、キャンティとキャンティ・クラシコは同じワインと混同されている事実があります。

 

このため、ある所で売られているワインは、安いもので数100円。また、別のところでは5000円以上であったり、中には1万円を越えるものも。。。

 

でも、大半の消費者は「なぜ?」と感じつつも、その価格差の違いが理解できません。

 

これは、我々ワイン業界の者がしっかりと伝えてこなかったことも一因で、今後は

 

★「キャンティ」と「キャンティ・クラシコ」。

   地名を表す名称は似ていても、ワインの場合は「別物」。★

 

ということを伝えていかなければなりません。

 

今回はせっかくの機会ですので、この違いについて簡単に説明してみました。

ご参考までにご一読ください。
 

 

       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

 ※キャンティ地区(Chianti D.O.C.G.)

   一部の生産者を除いて、量を追う生産者が多い!

   廉価版のキャンティに代表されるこだわりの無さが特徴??

   もちろん、当店ではその様な生産者は扱いません。扱うのは本物のみです。

    (※サンジェルヴァジオ ※ポッジョトンド に代表される素晴らしい生産者)

 

 ※キャンティ・クラシコ地区(Chianti-Classico D.O.C.G.)

   1996年に独立したキャンティ・クラシコDOCGとしてイタリア政府より認定されました。

   (フィレンツェからシエナの丘陵エリアに、細かく9地域に分かれています。)

   かなりこだわった、しかも、カンティーナごとの特徴がはっきり出るワインを造る生産者が多い。

   一部をのぞいて満足できるワインを造っています。

 

 ※【補足】キャンティの衛星7地区

  1.Rufina(ルフィーナ、ルフィナ)

  2.Colline Pisane(コッリーネ・ピザーネ)

  3.Colli Aretini(コッリ・アレティーニ)

  4.Montalbano(モンタルバーノ)

  5.Colli Senesi(コッリ・セネージ)

  6.Colli Fiorentini(コッリ・フィオレンティーニ)

  7.Montespertoli (モンテスペルトリ)

 

以上の7地区はキャンティ以上の品質があるとされ、キャンティ・クラシコに順ずる地域とされています。 

このため、クラシコではありませんが、キャンティであっても地域名を表記することがワイン法で許されています。 

私〈Francesco〉的には、熟成させるよりもやや早飲みで対応すべきキャンティと思っています。

 

 

キャンティ・クラシコDOCGへの道のり◆ 

 

 1963年 ・・・ キャンティがDOCに認定

 1984年 ・・・ キャンティがDOCGに認定

 1996年 ・・・ キャンティから独立して、キャンティ・クラシコがDOCGに認定

 2002年 ・・・ 外来品種の混醸が20%まで許可される

 2005年 ・・・ 1987年に分裂していた2つの協会が統合される

 2006年 ・・・ マルヴァージア、トレッビアーノなどの白葡萄のブレンドが禁止される

 2014年 ・・・ 上位クラス「グラン・セレツィオーネ」が制定される

  ※自社葡萄100% 最低30ヶ月熟成(内 24ヶ月は樽熟成) (2010年産より) 

 

       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

収穫されたサンジョヴェーゼ種これが「キャンティ地区」と「キャンティ・クラシコ地区」の現状です。

 

キャンティ・クラシコに比べてキャンティがダメ・・・と言っているのでは無く、、本物を選ぶ眼が必要なんです。

 

でも、当店ではキャンティ・クラシコはもちろん 本物のキャンティのみを推奨 していますのでご安心下さい!

 

おすすめの中には、昔ながらの綺麗な酸味を醸しだす古風なキャンティ、、、

 

また、現代的なはっきりとした果実味やタンニン(渋味成分)を表現するキャンティなど、タイプは様々ですが、“飲み手=皆さん”の嗜好に合わせて選べる「今」のキャンティ&キャンティ・クラシコをご紹介します。

 

ワインは随時ホームページへ追加アップしていきますので、定期的にチェックしてくださいね! 〈Francesco〉


 

◆キャンティ・クラシコ内にある9地域◆

キャンティ・クラシコ9地域(クリック⇒拡大します)

 ※地図をクリックすると拡大します

 

1.サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペサ

 標高310m 面積108平方Km

 砂利を多く含む赤色の粘土質

 適度な硬質の酸とタンニン、強いミネラル感が特徴的

 

2.タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ペサ

 標高378m 面積56平方Km

 粘土石灰質土壌

 スパイシーでミネラルが多く感じられる

 

3.バルベリーノ・ヴァル・デルサ

 標高373m 面積65平方Km

 粘土石灰質土壌 泥灰質

 適度な硬質の酸とタンニン、強いミネラル感が特徴的

 

4.ポッジポンシ

 標高116m 面積70平方Km

 石灰を含む泥炭土、粘土からなる土壌

 軽やかで爽やかな酸味とジューシーな果実味

 

5.カステッリーナ・イン・キャンティ

 標高578m 面積99.5平方Km

 岩が多く石灰岩質 石岩質

 ミネラル・タンニンが溶け込んだ、際立つ洗練さ、モダンさ

 

6.グレーヴェ・イン・キャンティ

 標高236m 面積169平方Km

 礫、砂質、石灰質土壌 沖積土で小石が多く粘土を含む

 繊細で綺麗な酸味、滑らかな舌触りでまろやかなタンニン

 

7.ラッダ・イン・キャンティ

 標高530m 面積80平方Km

 石灰質 砂質 粘土質

 柔らかな果実味、スパイス、細かい酸がありバランスが良い

 

8.ガイオーレ・イン・キャンティ

 標高360m 面積129平方Km

 石灰質 粘土質 砂質 石が多い

 綺麗な酸と凝縮した果実味、ミネラルが豊富でエレガント

 

9.カステルヌォーヴォ・ベラルデンガ

 標高351m 面積177平方Km

 石灰質土壌 沖積土壌 粘土質

 優雅さや繊細さを持ちながら、しっかりとしたボディと骨格のある酸味が特徴

 

↑ TOPへ戻る ↑

 

 

コレだけは知っておこう!
使用できる葡萄品種の違い
【キャンティの場合】 【キャンティ・クラシコの場合】
サンジョヴェーゼ 最低75%
カナイオーロ 最大10%
トレッビアーノ &
マルヴァージア 最大合計10%

その他黒葡萄 最大15%

若しくは最大20%
(葡萄品種1つあたり最大10%)
サンジョヴェーゼ 最低80%
その他黒葡萄 最大20%

(注)2005年ヴィンテージまでは白葡萄の補助が最大で6%まで許可されていましたが、
2006年ヴィンテージより禁止となりました。

 

 

コレだけは知っておこう!
熟成期間の違い
【キャンティの場合】 【キャンティ・クラシコの場合】
キャンティ
⇒ 最低熟成期間4ヶ月

キャンティ/スペリオーレ
⇒ 最低熟成期間7ヶ月

キャンティ/リゼルヴァ
⇒ 最低熟成期間26ヶ月
キャンティ・クラシコ
⇒ 最低熟成期間11ヶ月

キャンティ・クラシコ/スペリオーレ
⇒ 最低熟成期間11ヶ月

キャンティ・クラシコ/リゼルヴァ
⇒ 最低熟成期間24ヶ月+瓶内3ヶ月

 

 

コレだけは知っておこう!

新規格 グラン・セレツィオーネ

チェッロレ グラン・セレツィオーネ【赤】◆キアンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ とは・・・

 

2013 年に制定された新格付けで、自社畑生産の葡萄のみを使用

 

リゼルヴァが最低24ヶ月熟成のところを、グラン・セレツィオーネは最低30ヶ月の熟成を義務付けられています。

 

さらに、最低アルコール度数もリゼルヴァに比べて0.5%高い13%以上

 

より高い品質のキアンティ・クラシコを産み出す新しい格付けです。

↑ TOPへ戻る ↑

 

 

 

 

 

 

毎月13日はキャンティ・クラシコの日

今月のおすすめはこちら!

第3弾 キャンティ・クラシコ6本セット★ご注文は ⇒ こちら

「今」「どの地域の」「どんなキャンティ・クラシコを飲んでいるのか」を知っていただきたく、この6本セットを企画いたしました。

 

 第3弾もキャンティ・クラシコ9地域の中からキャンティ・クラシコを6アイテムセレクト!

もちろん、特徴を楽しんで頂けるワインをセレクトしています。キャンティ・クラシコを極めてみたい! って思われるならこのセット!

 

 ★単品ならこちらも今!お買得です!★   

テッラロッサ キャンティ・クラシコ リゼルヴァ【赤】 フォンタッレ キャンティ・クラシコ Riserva【赤】 ラ・トラディッツィオーネ キャンティ・クラシコ【赤】 レ・コルティ キャンティ・クラシコ ヴィティッチオ キャンティ・クラシコ【赤】 ポデーレ・ラ・カッペッラ キャンティ・クラシコ【赤】
テッラロッサ
Riserva
フォンタッレ
Riserva
トラディツィオーネ
クラシコ
レ・コルティ
クラシコ
ヴィティッチオ
クラシコ
カッペッラ
クラシコ

 

 

 

 

おすすめキャンティ・クラシコ
グラン・セレツィオーネ タイプ

チェッロレ グラン・セレツィオーネ【赤】 チェッロレ/キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ 【赤】 おすすめワイン♪
【会員価格】 4,780円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 カステッリーナ・イン・キャンティ地域 
最近のキャンティ・クラシコは、「古風」とか「現代風」という表現がされますが、グラン・セレツィオーネはどちらかというと現代風。実際にあわせた料理の一部果実味、凝縮感、濃さ・・・どれもしっかりとしていていますが、余韻が優しいので「飽きる」ということがありません。
お食事(肉系)とともにゆっくり楽しまれるのには最適なワインです。
そう!このワインには、若さの中に落ち着いた大人の風味を見せてくれるんです。美味しくって飽きのこない味わい・・・ってこういうワインの事を言うんでしょうね。
  

 

オルマンニ グラン・セレツィオーネ【赤】 オルマンニ/キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ 【赤】 おすすめワイン♪
【会員価格】 6,580円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ポッジボンシ地域 
香りは当初、強めのアルコールを感じますが、それが徐々にこなれてきて、ベリー系フルーツ香が薫りたちます。味わいは典型的なフルボディタイプ。でもタンニン(渋味成分)にはまろやかさがあり、サンジョヴェーゼらしい酸も活きていますので飲み心地も良好です。長期熟成用の葡萄が選ばれているだけあり、グラスの中で変化していく味わいにも注目です。美味しくて飽きのこない味わい・・・ってこういうワインの事を言うんでしょうね。

 

カステッロ・ディ・ブローリオ キャンティ・クラシコグラン・セレツィオーネ【赤】  カステッロ・ディ・ブローリオ/キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ 【赤】おすすめワイン♪

【会員価格】 7,180円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 ガイオーレ・イン・キャンティ地域 
え?これ・・・キャンティ・クラシコ?!?!
というくらいしっかりとしたタンニン(渋味成分)、そして深みのある力強いボディ。口の中でタンニンが居座り続ける・・・というくらいの強さを感じます。
色合いも濃い濃?いルビーレッド♪テイスティングしていても、キャンティ・クラシコというよりも、バリック樽で熟成されたブルネッロ・ディ・モンタルチーノを想わせる味わいです。もちろん、長い余韻もあって、、、時間の経過とともにエレガントさも見出せるんです。

 

コッレディラ キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ【赤】  コッレディラ/キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ 【赤】

【会員価格】 6,780円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 ガイオーレ・イン・キャンティ地域 
コッレディラとは、いわゆる単一畑(クリュ)で、純粋なサンジョヴェーゼ種のみで作られる、リカーゾリを代表するグラン・セレツィオーネです。
優しいタイプではなく、しっかりタイプのキャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネをお求めの方には、絶対ハズせないワインなんです!

 ↑ TOPへ戻る ↑

 

 

 

 おすすめキャンティ・クラシコ

Riserva タイプ

 

オルマンニ キャンティ・クラシコRiserva【赤】 オルマンニ/ボッロ・デル・ディアヴォロ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】おすすめワイン♪
【会員価格】 4,280円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ポッジボンシ地域 
熟したイチジクやベリー、スミレの花を想わせる芳醇な香りは申し分ありません。
そしてひと口。最初はアルコールを感じますが、それが徐々にこなれてきて、ベリー系フルーツの風味が口に広がります。もちろん、はタンニン(渋味成分)もあり、サンジョヴェーゼらしい酸も豊富。でも、ミネラルに富んだ味わいなので、くどさがなく、凝縮感も抜群。もちろん、余韻も長く優しい!

 

 ラ・セルヴァネッラ キャンティ・クラシコ リゼルヴァ【赤】 ラ・セルヴァネッラ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】 おすすめワイン♪
【会員価格】 2,780円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ポッジ・ボンシ地域 
サンジョヴェーゼ種が持つ豊かな酸、そして芳醇なタンニン(渋味成分)、まろみを持つ果実味がうまくバランスを保ちます。ただこの果実味はワインにボリューム感を与えていますが、、、どこまでテイスティングしても常にシャープです。「フルボディ」という言葉がピッタリのキャンティ・クラシコ・リゼルヴァで、、、赤ワインを飲んでいて、最後の最後に感じる「甘味」が苦手な方にはうってつけですね。

 

テッラロッサ キャンティ・クラシコ リゼルヴァ【赤】 テッラロッサ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】 おすすめワイン♪

【会員価格】 2,880円

ただ今お買得!2,780円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 ポッジ・ボンシ地域 
法定最低熟成期間24ヶ月+瓶内3ヶ月が義務付けられるリゼルヴァ!10年近く熟成したワインらしい濃い赤暗色。でも、ワインには老いた香り(熟成香)は微塵も感じさせません。まろやかなタンニン(渋味成分)、落ち着きを見せだした酸、そしてフルボディ感を演出する軽い苦味がハーモニーを奏でいます。他のワインに良く感じる「甘味」がありませんので、ドライでフルボディなワインをお探しの方にお奨めです。

 

 カルピネータ・フォンタルピーノ キャンティ・クラシコRiserva【赤】 カルピネータ・フォンタルピーノ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】
【会員価格】 4,680円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 カステルヌォーヴォ・ベラルデンガ地域 
香りはブラックベリーやラズベリー、スミレ。樽熟成ワインらしいバニラの香りも感じとれ、香りだけずっと嗅いでいたい・・・という気持ちにとらわれます。口に含むなり現れるビター感を伴うクリーンな酸、豊かでありながら出しゃばらないタンニン(渋味成分)。これによってボディは、より一層豊かに感じられ・・・
>>> サンジョヴェーゼ100%じゃないとこの風味は出せない  と思わせる1本なんです!

 

カステッロ・ディ・ヴォルパイア キャンティ・クラシコRiserva【赤】  カステッロ・ディ・ヴォルパイア/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】 
【会員価格】 4,680円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ラッダ・イン・キャンティ地域 
色合いはキラキラ輝く様な透明感があって、サンジョヴェーゼ種100%ワインらしい期待感を膨らませてくれるんです。香りはブラックベリーやラズベリー、スミレ、、、樽熟成ワインらしいバニラの香りも感じとれ、香りだけずーーっと嗅いでいたい・・・という気持ちにとらわれます。
そして、口に含むなり現れるビター感を伴うクリーンな酸、豊かでありながら出しゃばらないタンニン(渋味成分)によってボディは、より一層豊かに感じられるんです。

 

ロッカ・グイッチャルダ/キャンティ・クラシコRiserva【赤】 ロッカ・グイッチャルダ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】
【会員価格】 3,080円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ガイオーレ・イン・キャンティ地域 
抜栓してグラスに注ぐと、紫がかったルビー色が目に飛び込みます。その色合いはキラキラ輝く透明感があって、サンジョヴェーゼ種100%ワインらしい期待感を膨らませてくれるんです。香りはブラックベリーやラズベリー、スミレ、、、樽熟成ワインらしいバニラの香りも感じとれ、口に含むなり現れるビター感を伴うクリーンな酸、豊かでありながら出しゃばらないタンニン(渋味成分)によってボディは、より一層豊かに感じられます。

 ↑ TOPへ戻る ↑

ヴィティッチオ キャンティ・クラシコRiserva  ヴィティッチオ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】 ※完売
【会員価格】 2,980円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 グレーヴェ・イン・キャンティ地域 
超・高価なものについては別ですが、3000円までのイタリアワインで、スペクテイター誌とアドヴォケイト誌の両方で同時に90点以上の評価されるのは記憶にありません。
しかも、キャンティ・クラシコ地区の2009年は“非常に優良な年” 骨格がしっかりとありながら、エレガントに仕上がる 「欲張りヴィンテージ」 なんです!

 

クレメンテ7 キャンティ・クラシコRiserva  クレメンテ7/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】  ※完売
【会員価格】 2,580円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーサ地域 
グラスに注ぐと、実に芳醇な香りが立ち昇ってきます。ひと口目は『あれ、軽いかな?』と感じてしまう味わいですが、でも、グラスを重ねるごとにしっかりとした濃さが感じらてきて、完熟したチェリー等の赤をイメージさせる果物を口いっぱいにほお張った感覚になってしまいます。タンニン(渋味成分)も滑らかで、しかも、深~いコクまであって、これはまさに別格の味わいの1本です。

 

 フォンタッレ キャンティ・クラシコ Riserva【赤】 フォンタッレ/キャンティ・クラシコ Riserva 【赤】おすすめワイン♪

【会員価格】 3,480円

ただ今お買得!3,380円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシャーノ・ヴァル・ディ・ペサ地域 
芳しいばかりのベリー系フルーツ香。力強さだけでなく、まろやかさを予感させる香りも際立ちます。味わいは、キャンティ・クラシコの中ではトップクラスのフルボディ。
柔らかな酸味はサンジョヴェーゼらしさを感じさせますが、際立つ果実味は、サンジョヴェーゼ・グロッソらしさ・・・と言えるのではないでしょうか。

 ↑ TOPへ戻る ↑

 


 

 

 

おすすめキャンティ・クラシコ 

 ラ・トラディッツィオーネ キャンティ・クラシコ【赤】 ラ・トラディッツィオーネ/キャンティ・クラシコ 【赤】 おすすめワイン♪

【会員価格】 3,480円

ただ今お買得!3,180円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーサ地域 

ただ今バックヴィンテージ2010年産がお買得!

グラスに注いだだけで、煮詰めたチェリーなどの赤果実を連想させる香りが最初に湧き上がり、、、その後、なめした皮や黒胡椒、そしてオーク樽熟成がもたらすバニラチックな香りも感じます。口に含んでも力強さ満点!強靭なタンニン(渋味成分)、濃厚な果実味、、、文句のつけようがありません。
でも、このままだとワインは“だれた味わい”になってしまい、後味が悪くなってしまうのですが・・・酸もしっかりと持ち合わせているので、とてもバランスがいいんです。特に、飲み終わった後の充実感は、飲んだ者だけの特権ですね!

 

 レ・コルティ キャンティ・クラシコ レ・コルティ/キャンティ・クラシコ  【赤】

【会員価格】 2,280円

ただ今お買得!1,980円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーサ地域 

ジューシーでありながら程よいコクを保っていて、バランス感覚抜群!赤い果実の風味も豊かで、芯の通ったミネラル感、そして酸が味わいを引き締めています。当然ですが余韻もズーーっと残る豊かさがあります。飲み終わった後の充実感もさすがですね!

 

ポデーレ・ラ・カッペッラ キャンティ・クラシコ【赤】 ポデーレ・ラ・カッペッラ/キャンティ・クラシコ  【赤】おすすめワイン♪

【会員価格】 2,780円

ただ今お買得!2,670円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ペサ地域 
このワインの特長は “味わいの柔らかさ”。フルボディなんだけど、フルボディを感じさせない、、サンジョヴェーゼらしい酸をしっかり持っていて、なおかつ、それを上回る果実味があって、、、チェリー系の芳醇な香りもさることながら、この後口に感じる充実感は何なんだろう。。。飲んでるあいだ中、ロッシーニさんが求めてやまない 「飽きの来ない充実感」 がひしひしと伝わってくるんです。

 

サンファビアーノ・カルチナイア キャンティ・クラシコ  サンファビアーノ・カルチナイア/キャンティ・クラシコ  【赤】おすすめワイン♪
【会員価格】 2,690円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 カステッリーナ・イン・キャンティ地域 
ベリー系フルーツ香が薫りたち、少しだけ煮詰めたようなベリーの味わい、そしてアクセントとなる酸が口の中を締めてくれて、、、見事なコンビネーションを見せつけます。
果実味、凝縮感、濃さ・・・どれもしっかりとしていて、飲み進むほどにこの風味は増すのですが、くどさがなく、余韻も優しいので「飽きる」ということがありません。

 

オルマンニ キャンティ・クラシコ【赤】 オルマンニ/キャンティ・クラシコ  【赤】おすすめワイン♪
【会員価格】 2,880円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ポッジボンシ地域 
オルマンニの中で基礎中の基礎と言えるキャンティ・クラシコ。大樽(1800 リットル)とバリック(2~3年樽)で12ヶ月熟成されています。グラスに注いだワインは、紫色を帯びたルビー色。大樽をメインにしたキャンティ・クラシコらしく、ひと口目は『軽いかな?』と感じてしまう味わいですが・・・でも、グラスを重ねるごとにしっかりとしたコクが感じらてきて、完熟したチェリー等の赤をイメージさせる果物を口いっぱいにほお張った感覚になってしまいます。

 

ブローリオ・ベッティーノ キャンティ・クラシコ【赤】  ブローリオ・ベッティーノ/キャンティ・クラシコ  【赤】
【会員価格】 3,680円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ガイオーレ・イン・キャンティ地域 
2013年産が初リリース。タンニン(渋味成分)、濃厚な果実味はリカーゾリらしい味わいです。でも、サンジョヴェーゼ由来の綺麗な酸味もしっかり存在していますので、飲み心地の良さを感じさせてくれるんです。
ええ、「濃いワイン」だけでは終わらせない、まさにキャンティ・クラシコらしさを満喫できる1本と思います。

 

ソラティオ・デル・ターニ/キャンティ・クラシコ【赤】 ソラティオ・デル・ターニ/キャンティ・クラシコ  【赤】 おすすめワイン♪
【会員価格】 2,880円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーサ地域 地域 
老舗蔵「マキャヴェッリ」が醸すスタンダード版キャンティ・クラシコ。しっかりとした濃厚系の赤色。グラスからは実に芳醇な香り、、、ラズベリーやスミレ、そしてスパイス系の香りが湧き上がります。グラスを重ねるごとにしっかりとした濃さが感じらてきて、完熟したチェリー等の赤をイメージさせる果物を口いっぱいにほお張った感覚になってしまいます。タンニン(渋味成分)も滑らかで、しかも、深いコクまであって、これはまさに別格の味わいの1本です。

 

 テッラロッサ キャンティ・クラシコ【赤】 テッラロッサ/キャンティ・クラシコ  【赤】  
【会員価格】 2,280円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ポッジボンシ地域 
どことなく甘さをも連想させる香りですが、味わいはビシッとドライ!サンジョヴェーゼ種が持つ豊な酸は、1本筋の通ったポリシーをも感じさせてくれるんです。そしてシャープな果実味、まろやかなタンニン(渋味成分)、これらががちょうど良いハーモニーを奏でいて、、特に赤ワインを飲んでいて、最後の最後に感じる「甘味」が苦手な方にはうってつけです。

 

 ヴィティッチオ キャンティ・クラシコ【赤】 ヴィティッチオ/キャンティ・クラシコ  【赤】おすすめワイン♪

【会員価格】 2,480円

ただ今お買得!2,380円

【産地】キャンティ・クラシコ地区 グレーヴェ・イン・キャンティ地域 
『キャンティ・クラシコらしい酸と果実味のハーモニーが楽しめるタイプ』とまで表現される兄貴分の「リゼルヴァ=Riserva」とよく似た味わいですが、チェリーや、ブルーベリーなどの果実の風味にコーヒーを思わせる焙煎香が加わってくるのが、この弟分の特徴です。

 ↑ TOPへ戻る ↑

 クレメンテ7 キャンティ・クラシコ【赤】 クレメンテ7/キャンティ・クラシコ  【赤】
【会員価格】 2,380円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーサ地域 
チェリーやスグリetc.の清楚(せいそ)な香りが感じられて、しかも凝縮感もタップリ♪
色合いとリンクした香りに大満足♪更に、この色合いと香りは、味わいにまで及びます。
タンニン(渋味成分)は優しめ、でもサンジョヴェーゼらしい酸とコクがしっかりあるので、飲み飽きる感覚はありません。

 

カズッチョ・タルレッティ キャンティ・クラシコ【赤】 カズッチョ・タルレッティ/キャンティ・クラシコ  【赤】 
【会員価格】 2,160円 【産地】キャンティ・クラシコ地区  カステルヌォーヴォ・ベラルデンガ地域 
香りは熟した果実、そして軽いバニラやシナモンも感じられます。エレガントさを予感させる香りが際立ちます。味わいは全体的にソフト。でも濃縮した果実味があり、きめ細かなタンニン(渋味成分)とサンジョヴェーゼ種らしいフレッシュさが素晴らしいバランスをみせています。果実味、凝縮感、濃さ・・・どれも均整がとれているので、「飲み飽きる」ということがありません。2~3日かけてゆっくりと味わって頂きたいキャンティ・クラシコですね。

 

 

 カステッロ・ディ・ヴォルパイア キャンティ・クラシコ【赤】 カステッロ・ディ・ヴォルパイア/キャンティ・クラシコ  【赤】 
【会員価格】 2,780円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 ラッダ・イン・キャンティ地域 
味わいは、キャンティ・クラシコの中では優しい味わい。柔らかな酸味はサンジョヴェーゼらしさを感じさせますが、果実味は、ブレンドされているメルロやシラーらしさを感じます。
もちろん、長い余韻もあって、、、時間の経過とともにエレガントさも見出せるんです。
最近のキャンティ・クラシコは、「古風」とか「現代風」という表現がされますが、ヴォルパイアは、この双方が活かされたワインといえるでしょうね。

 

ポッジョ・スカレッテ キャンティ・クラシコ【赤】  ポッジョ・スカレッテ/キャンティ・クラシコ  【赤】
【会員価格】 2,690円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 グレーヴェ・イン・キャンティ地域 
タンニン(渋味成分)には硬質感があり、頑強でリッチ。
でもサンジョヴェーゼらしい酸を感じさせつつ、濃厚さのある果実味がトップに浮かび上がるので、、、イル・カルボナイオーネの味わいを彷彿とさせるものがあります。キャンティ・クラシコとしてはフルボディに位置づけられる素晴らしいクラシコですね!

 

ポッジョピアーノ キャンティ・クラシコ  ポッジョピアーノ/キャンティ・クラシコ 【赤】
【会員価格】 2,280円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーサ地域 
ガツン!としたインパクトはありませんが逆にそれが古風で、、、クリーンなイメージを与えてくれるんです。
果実味、凝縮感、濃さ・・・どれもがうまくバランスを保っていて、更に余韻が優しいので「飲み飽きる」ということがありません。落ち着いてゆ~っくり楽しまれるのに最適なワインです。

↑ TOPへ戻る ↑ 

 カルピネータ・フォンタルピーノ キャンティ・クラシコ【赤】 カルピネータ・フォンタルピーノ/キャンティ・クラシコ 【赤】
【会員価格】 2,600円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 カステルヌォーヴォ・ベラルデンガ地域 
グラスに注がれたワインからは芳しいベリー系の香り。エレガントさを予感させる香りが際立ちます。味わいは、キャンティ・クラシコの中ではシッカリとしたフルボディ。きめ細かなタンニン(渋味成分)も見逃せません。柔らかな酸味を感じさせつつ際立つ果実味は、完熟サンジョヴェーゼらしさ・・・と言えるのではないでしょうか。
果実味、凝縮感、濃さ・・・どれもしっかりとしていていますが、余韻が優しいので「飽きる」ということがありません。

 

クエルチャベッラ キャンティ・クラシコ【赤】  クエルチャベッラ/キャンティ・クラシコ 【赤】
【会員価格】 3,580円 【産地】キャンティ・クラシコ地区 グレーヴェ・イン・キャンティ地域 
樽熟成(フランス産バリックで14ヶ月間)がもたらすバニラの香り。それに加えて、黒果実やハーブ系の香りが混じりあい、とても複雑に絡み合います。ええ、しっかりとした味わいをお好みの方には間違いない味わいで、、舌全体を刺激する濃厚さが溢れます。
でも、時間の経過と共に滑らかでソフトな舌触りに変化していく様は・・・「調和のとれたフルボディ」という表現がピッタリのキャンティ・クラシコです。

  ↑ TOPへ戻る ↑

 

  

 

 

  

 

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

バンフィ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ