ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

2015 ネロ・ア・メタ【白】

2011 ラ・バンディーナ【赤】

ムメルテル カベルネがお買得!

マンチーニ・プリモがお買得!

2012 ヴィティッチオ キャンティ・クラシコRiserva【赤】

ディ・レナルド ゴシップ【白】

ラック ルガーナ【白】

ウマニ・ロンキ クマロ【赤】

イル・ギッツァーノ【赤】

サリズィーレ エトナ・ビアンコ【白】

ゴレッティ ラリンガトーレ【赤】

2002年産 ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ【赤】

ドゥーカ・ディ・サラパルータ カラニカ【赤】【白】

ドンナ・マルツィア シャルドネ・バリック【白】

極上のマルサラ タルガ

ラ・スピネッタ・カサノーヴァ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

ヴァイングート・テッシュ

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

 

 

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

いつも以上にお買得!

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

 

【ドイツ銘醸ワイナリー】 ヴァイングート・テッシュ ~ナーエ地方~

 

 

 

 

 

ヴァイングート・テッシュのワインはこちら 

 

 

 Weingut Tesch

ヴァイングート・テッシュ

 

斬新な発想でドイツワイン界に新風を吹き込む作り手

 

◆ヴァイングート・テッシュについて

 マルティン・テッシュさん

ヴァイングート・テッシュの設立は1723年。

以来、テッシュ一族により代々受け継がれてきた家族経営のワイナリーです。

 

300年近くの長い歴史を持つワイナリーですが、その趣きは1997年に10代目のオーナーとなったマルティン・テッシュ氏の登場により一変します。

 

伝統を重んじるワイン作りをそのまま踏襲することなく自身の感性に従って

 

◇パッケージやロゴの変更

◇畑のほとんど全てをリースリング種のみに縮小する

 

など、まさに“型破り”ともいえる方法で次々と新しい試みを実践していきます。

その信念の核となっているのが、「辛口に特化したワイン作り」。

 

ケーニヒスシルド畑の土「テロワールの個性を最も忠実に反映する品種」といわれるリースリング種において、ワイナリーの宝であるバラエティに富んだ区画が育む味わいの違いを、正確にワインに写し取ることはごく自然なことでした。

 

また、食事との相性を考え抜くマルティン氏にとって、唇に分かりやすい甘みが残る伝統的なドイツのリースリングは理解できないものでもありました。

 

その為に家族のお祝い用などに作る一部の貴腐ワインを除いては、一切の伝統的な甘口ワイン作りを止め、辛口に特化することにしたのです。

 

そしてピュアなリースリング種の特徴を生かすために、ワイン作りにおいては最低限の介入を心がけ

 

「補糖なし、樽なし、補酸なしのストレートな醸造」

 

を全てのラインナップで貫いています。

こうした新しい試みは批判にもさらされ、古くから取引のある人々の不信を買い4割以上の顧客を失ったそうです。

 

でも分かりやすく整理したシンプルなラインナップ、手ごろな価格、異業種の人々との積極的な交流などもあり、逆に若い世代をはじめとする新しい顧客層にテッシュの“新しい”ワインが広がることになりました。

 

伝統的なドイツワイン界にあってマルティンの試みは異端児にも映りますが、深い知識と信念に裏打ちされたワインは、今では世界各地で確固たる信頼を集めています。

 

 

◆学者として活躍

 テッシュのワイン

長い歴史を持つワイナリーに生まれたマルティン・テッシュ氏ですが、意外なことに初めからワイナリーを継ぐ意思があった訳ではないと言います。

 

家族の中でも少し変わっていた、というマルティン氏は15歳で実家を出て微生物学者の博士号を修め、研究者として企業でも活躍します(日本の味の素の世界的なプロジェクトにも参加していたそうです)。

 

 

◆ワイン作りへ回帰

 

実家の仕事で慣れていたワインの仕事には学生時代のアルバイトとして関わりを続けていましたが、研究者として過ごしていたある日、もっと情熱を傾けられるものは何かという考えを抱きます。

 

その時念頭に浮かんだのがワイン作りでした。

 

一旦は実家を離れたものの、地質学や微生物学を修めたマルティン氏にとって「自分でもワインが作れるかもしれない」と考えたことは自然なことでした。

 

 

◆鋭い味覚の持ち主

 

マルティン・テッシュさん(2005年4月)知性派のマルティン氏は、自分の進む道をしっかりと見極めた高い理想を持つ人物。

 

「自らの特性を生かしながら人とは違うことをする」という明確な信念の下、辛口ワイン作りに特化した理由の背景には、マルティン氏が類まれなる味覚の持ち主である、ということも関係しています。

 

非常に鋭い味覚を持ち、食事に対するこだわりも強いマルティン氏は、

 

「料理には明らかに甘いものが少ないにも関わらずワインだけが甘いままであること」

 

に違和感を覚えていました。

 

自宅で調理するものにも決して出来合いの品は使わず、自分で選んだ食材を使って自分たちで調理することを楽しむなど、食事に凡庸な北ヨーロッパにあってその感性の高さは目を見張るものです。

 

 

◆鋭い感性が生む土地の個性を反映したリースリング

 

葡萄畑マルティンほど畑の特徴を徹底的に表現しようとする醸造家は、1990年代のドイツでは他に類を見ませんでした。

 

初めからワイナリーの特性をリースリング種に定めていたマルティン氏が父親から醸造所を受け継いだのは1997年。

 

まず彼はチェーンソーを持って30ヘクタールの葡萄畑に入り、約半分の樹を伐採しします。

 

これは自分の考えをワイン作りで遂行できる規模にするためでした。

 

ワインの種類もそれまで40種類ほどあったものを11種類まで激減させました。

 

リースリング種への追及はワイン作りにも表れています。

例えば「同じ日に収穫、全く同じ方法で醸造するとどうなるか?」

 

ということを思いつき、2002年ヴィンテージからは所有する5つの区画のリースリング種を同じ手法で醸造することで、それぞれのテロワールが持つ違いを見事に表現しました。

 

また、葡萄畑の持つミクロクリマの研究でも知られており、それらの知識を背景とした「他にはないワインを作ること」をコンセプトとしています。

 

 

◆何も足さない、何も引かない

 

2005年4月来訪時のマルティン・テッシュさんマルティン・テッシュ氏の醸造哲学は、自然の恵みである葡萄を最大限ワインで表現するため「何も足さない、何も引かない」こと。

 

「他人とは違うワイン作り」を心がけ、」その違いを土地の個性を最も素直に反映するリースリング種本来の姿をストレートに表現することにこだわります。

 

そのため、ワイン作りにおいて「一切の操作をしない」ことを基本とします。

 

「ブレンド無し、残糖無し、樽無し、補糖無し」のシンプルな醸造で表現されるのは、ただ土壌の違いだけ。

 

醸造技術を駆使したり、樽を使うことで香りを付けるなどワインに手を加えていくことを良いとは考えていません。

 

また、こうして出来る辛口のリースリング種は唇に分かりやすい甘さが残ることは無く、食事との相性を考えるマルティン氏にとって理想のスタイルでもあるんです。


 

 

 

 

 

 

 

 

ローベンハイマー Stレミギウスベルク【白】  ローベンハイマー/ザンクト・レミギウスベルク【白】
【会員価格】 3,180円 【葡萄】リースリング100%
【辛口タイプ】単一畑ザンクト・レミギウスベルク」の特徴をひと言で表すと★ミネラル感があり、繊細で高貴★
とかく「甘い」と思われがちなリースリングワインにあって、ドライで、そしてミネラル分満載の味わいです。特に、このワインは、飲み進む程に旨味と酸味を感じますが、中でも綺麗な酸味はリースリング種の最大の魅力ですね。この綺麗な酸味があるからこそ「食中酒」としての存在感が増し、和食全般とのコラボレーションを演出してくれます。

 

ランゲンロンスハイマー・ケーニヒスシルド【白】  ランゲンロンスハイマー・ケーニヒスシルド【白】
【会員価格】 2,780円 【葡萄】リースリング100%
【辛口タイプ】単一畑ケーニヒスシルド」の特徴をひと言で表すと★ストレートでエレガント★
ヴィンテージは2012ですが、まだまだ若さを持ったリースリングで、自然に咲き誇る花の様な香りが特徴的。味わいは丸味を帯びてまろやかさを見せはじめています。とかく「甘い」と思われがちなリースリングワインにあって、、、このワインは飲み進むほどに物腰優しく、女性的リースリングのイメージを与えてくれるんです。

 

ローラー・ベルク リースリング・トロッケン【白】  ローラー・ベルク/リースリング・トロッケン【白】
【会員価格】 2,780円 【葡萄】リースリング100%
【辛口タイプ】「単一畑ローラー・ベルク」の特徴をひと言で表すと★芳醇で柔らかくエレガント★
ドライなリースリングワインにありがちな「極端な酸っぱさ」は無く、全体の味わいを引き締めてくれる酸が豊かなんです。また、リースリングというと、どうしても甘いタイプを想像しがちですが、、、あのワインには特有の「あの甘さ」はありません。和食にも合うリースリングなんです。

 

ディープ・ブルー【白】  ディープ・ブルー/クラブ・エディション【白】
【会員価格】 2,580円 【葡萄】シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)100%
【辛口タイプ】口当たりは鮮烈!まずフレッシュな酸味が口の中を覆い、すぐさまマイルドな果実味がそれを覆います。豊かなミネラルを感じつつ、濃厚感あるコクが口の中に留まります。でも、余韻は爽やか。飲み飽きさせない不思議な魅力がこのワインに漂います。
マルティンさんが「魚介類や海藻類の料理と合わせて欲しい!」と言っておられたように、、、通常はあまりおすすめしない「ワインと刺身」「ワインと寿司」という取り合わせが成り立つ素晴らしいワインです!

 

アンプラグド・トロッケン【白】  アンプラグド・トロッケン【白】
【会員価格】 2,090円 【葡萄】リースリング100%
【辛口タイプ】味わいには新鮮なりんごや白桃のニュアンスがありますが、甘口タイプのリースリングと違う点は・・・★エレガントでありながら引き締まった酸味★
特に白桃の香りに絡み合う酸はピュアで素直。それらは極めてドライな口当たりを演出し、このワインの味わいを“キュッ”と引き締めています。もちろん、バランスが良く、飲み飽きない魅力ある仕上がりがこのアンプラグドの特色です。

 

 

先代の時代に醸された最後のアイスヴァイン!

1999 ランゲンロンスハイマー ローラー・ベルク アイスヴァイン【白】

 ランゲンロンスハイマー/ローラー・ベルク:アイスヴァイン【白・極甘口】

   (注:容量375mlのハーフサイズです)

【会員価格】 4,580円 【葡萄】リースリング100%
【極甘口タイプ】長期熟成1999年産アイスヴァイン
熟した柑橘類の香りが優しく香ってきて、その後からアカシアの花、蜂蜜を想わせる甘くチャーミングな香りが感じられます。とろ~りとした極上の甘味はアイスヴァインそのもの!10数年経過しても酸味はまだまだ健在なので、バランスの良さは例えようがありません。飲み終わった後の充実感・満足感はアイスヴァインならでわなんです。
 

 ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください 

 

 

 ↑ このページ先頭へ

 

 

 

 

 

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

バンフィ(トスカーナ州)

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ