ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ラック ルガーナ【白】

ウマニ・ロンキ クマロ【赤】

イル・ギッツァーノ【赤】

モンテオーロ ヴェルメンティーノ【白】

サリズィーレ エトナ・ビアンコ【白】

ゴレッティ ラリンガトーレ【赤】

2002年産 ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ【赤】

ドゥーカ・ディ・サラパルータ カラニカ【赤】【白】

ドンナ・マルツィア シャルドネ・バリック【白】

極上のマルサラ タルガ

ラ・スピネッタ・カサノーヴァ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

イル・サローネ【赤】

コスパあふれるサン・アントニオのおすすめワイン

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

ヴァイングート・テッシュ

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

 

 

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

 

世界を代表するワイン生産者「レ・マッキオーレ」

 

  

 

 

◆レ・マッキオーレのワインはこちら◆

 

 

Macchiole伝説(1)  La Partenza(旅立ち)

マッキオーレのカンティーナレ・マッキオーレが創立したのは、テヌータ:サン・グイード社(サッシカイア醸造元)が名声を上げ始めた頃の1983年。

 

今は亡き、エウジェニオ氏がバールの隣に構えた畑が始まりです。

 

カンティーナの設立は1983年ですが、すぐにワインを販売することはせず、約6年弱は研究のみに費やしました。

 

「ボルゲリ地域として最適な葡萄品種は何か?」

「ボルゲリワインとは?」

 

など自問自答を繰り返すエウジェニオ氏の隣には、常にチンツィア夫人がいました。

 

ファーストヴィンテージは、今では考えられませんが、カベルネ・ソーヴィニヨンとサンジョヴェーゼを使用した『パレオ・ロッソ1989』でした。(1993年にリリース)

商品の品質に絶大な自信をもってスタートしたのでした。


 

Macchiole伝説(2) La Speranza(希望)

順調にそのクオリティと名声を高めてきたレ・マッキオーレ。

マッキオーレでの葡萄選別パレオ・ロッソで成功を収めた後、メルロ種100%の「メッソリオ」、シラー種100%の「スクリオ」をそれぞれリリースし、ボルゲリを代表するカンティーナへと成長!

 

通常、名声が高くなれば収量や生産量を多くして、言わば『儲け』に走るところですが、マッキオーレは違いました。

支持するファンに落胆を与えません。

 

当時、ボルゲリに進出してくるのは貴族系会社が多く、ボルゲリの地は確実に負荷がかかっていました。

 

ここで貴族系会社の様に生産量を多くすると、品質が落ちてしまう影響をマッキオーレは見抜いていたのです。

マッキオーレは「焦った増産」という言葉に決別しました。

 

さて、話は変わってパレオに使う品種について。

元々はカベルネ・ソーヴィニヨン主体でしたが、肥沃なボルゲリの地には強すぎると考えていたマッキオーレ。

何年も時間をかけ、秦家の葡萄をカベルネ・フラン種の樹に替えていったのです。

 

マッキオーレが目指すのは、そう、「カベルネ・フラン100%」のパレオだったのです!


 

Macchiole伝説(3) Disperazione(悲しみ)

マッキオーレ使用のカベルネ・フラン種ついに2001年ヴィンテージで、「パレオ・ロッソ」がカベルネ・フラン100%に替わりました。

 

高い志をもって造り上げた「パレオ・ロッソ 2001」!誰もがその完成を待ちわびました。

 

しかし、そんな中、カンティーナの存続事態を揺るがす悲劇が起こったのです。

 

2002年、ワイナリー当主であった夫のエウジェニオ氏が急逝しました。

あの希望の塊であった「パレオ・ロッソ 2001」のリリース自体を見届ける事なく、彼は帰らぬ人となってしまったのです。

 

多くの不動産業者がマッキオーレの土地にオファーを出し、一時「マッキオーレが売られる」という噂まで世界中を駆け巡りました。

 

そんな混沌とした中、チンツィアさんは毅然とした態度を貫き、エノロゴ(醸造家)ルカ・ダットーマ氏の絶大な協力もあって、カンティーナの存続を決めました。

 

今でもチンツィアさんは胸を張って語ります。

「より多くの人たちにマッキオーレワインを楽しんでもらいたい」 と。

 

それが故・エウジェニオ氏の想いでもありました。

このカンティーナがある限り、エウジェニオ氏は常にチンツィアさんの支えになっています。


 

Macchiole伝説(4) Il Futuro(今後)

チンツィアさん(左) エリア君(右)マッキオーレは誇りを持っています。

 

なぜなら、ボルゲリというイタリア屈指の産地の中にいながら、他のほとんどのカンティーナは外部出身者でマーケティング重視である中、カンポルミ家(=マッキオーレ)は生粋のボルゲリ出身。

 

ボルゲリ地区の酸いも甘いも知っているので、バッド・ヴィンテージになっても耐えるほどの知識は十分に備わっています。

 

生産量は少なくなりますが、カンティーナがこのレベルであれば『質』が落ちることはないことを改めて感じました。

感動モノです。

 

また、他の貴族系カンティーナや資本系カンティーナにおいては特定の社長制度を導入していますが、マッキオーレは夫から妻へ、そして、ゆくゆくは息子(エリア君)へ。。。

 

息子はマッキオーレの継承のため、日夜勉強を重ね、自分以外はこのワイナリーを引き継げない、とばかりに現在も経験を積んでいます。

 

 

 

 

 

 

【2005年2月4日】

チンツィアさん初来店

当店もオープン半年目でした。

2005年2月

2005年2月

 

【2008年6月10日】

チンツィアさん再来店

マッキオーレセミナーも同時に開催。

多くの方にご堪能いただきました。

2008年6月

2008年6月

 

 

【2013年10月12日】

3度目の来店。

長男のエリア君を伴っての来店。

二人のサイン入りボトルが話題に!

2013年10月

2013年10月 

 

 

 

 

 

 

パレオ・ロッソ【赤】 パレオ・ロッソ【赤】  ※2013年産

【会員価格】 10,800円

【葡萄】カベルネ・フラン100%
当たり年2013年産パレオ・ロッソ。ワインには濃さは当然ありますが、滑らかで優しいタンニン(渋味成分)が特徴的で、バランスと骨格の均整は抜群です。確かに『飲むには早すぎる(若すぎる)』という意見もありますが、早めの抜栓で対応したり、デカンタージュで対応したり・・・と、楽しみ方は様々です。
ひと言で表現するなら・・・★☆★ まろやかでエレガント ★☆★ 2013年産です。

 

パレオ・ロッソ【赤】 パレオ・ロッソ【赤】  ※2012年産

【会員価格】 9,980円

【葡萄】カベルネ・フラン100%
ひと口含むだけで分かる濃厚さ。でも、過去のパレオ・ロッソと違う点は、抜栓したその時からでも楽しめる味わい。タンニン(渋味成分)は濃厚さの中にまろやかさを持ち、果実味と酸がうまくバランスをとり合っています。余韻も極上。飲み終わった後の充実感はさすがですね。複雑玄妙という言葉が当てはまる2012年産です。

  

パレオ・ビアンコ【白】 パレオ・ビアンコ【白】  ※2015年産 【完売】

【会員価格】 6,980円

【葡萄】ソーヴィニヨン60% シャルドネ40%
マッキオーレ唯一の【白】。ソーヴィニヨン・ブラン種がメイン(70%)に使われていますので、飲んだ感触も実に清々しい香りがまず最初に飛び込んできます。トロピカルフルーツの香りに加え、樽熟成ワインらしいバニラやナッツの香りも豊かです。果実味やコクは、これから先の熟成によって更に磨きがかかるでしょうが、フレッシュさ、そして口当たりのシャープな感覚は、新ヴィンテージらしさを感じさせてくれるんです。さらに!抜栓後2日目、3日目・・・ともなると、熟した果実のニュアンスが現れ、酸も落ち着き、濃密&パワフルさも現れます。

 

 

 

 

メッソリオ【赤】 メッソリオ【赤】  ※2005年産
【会員価格】 23,800円 【葡萄】メルロ100%
“メルロワインの金字塔”とまで形容されるワイン。ここまで来ると、このワインの濃さがどうこう、、、とかコクや余韻がどうこう、、、というレベルではありません。“ピカイチの完成度”と言っても過言ではないと思います。このため香りには花やコーヒー、チョコレート、なめした皮等を思わせる複雑さが際立ちます。味わいにもしっかりとしたタンニン(渋味成分)を感じ、カシスやオレンジを煮詰めた甘酸っぱい果実味を感じ、ペッパーのニュアンスも若干感じます。全体的には、柔らかでギュッと凝縮した果実の旨み満載で、余韻も上品で長いところが魅力です。

 

スクリオ【赤】 スクリオ【赤】  ※2005年産
【会員価格】 17,900円 【葡萄】シラー100%
「堅い」「飲み頃でない」などなど、とかくこういう銘醸ものにはそういう形容詞がつきまといますが、スクリオに限ってはまったくありません。確かに、贅沢を言えば「もう数年熟成させたら」という飲み方がベターかもしれません。でも、2005スクリオは、重厚な中にもキッチリまろやかさがあって、新しさ・若さを感じさせない味わいが魅力です。セラーをお持ちのお客様はこのワインを「お宝ワイン」としてキープされてもOKですし、今すぐ飲む!というお客様のもおすすめできるワインです。

  

ボルゲリ・ロッソ ボルゲリ・ロッソ【赤】  ※2013年産
【会員価格】 2,690円 【葡萄】メルロ50% カベルネ・フラン30% シラー20%
若々しさの中にも、マッキオーレらしいベリー系果実を思わせる味わいがあって、2009~2012年産と同様にメリハリが効いています。そして特長の2番目は新鮮さあふれるベリー&チェリー香。抜栓直後から、フレッシュ感満点の香りがグラスからこぼれ落ちます。それ以外にも、注目すべきはトスカーナらしい酸。最初、口に含んだ瞬間は酸が突出してる様に感じますが、これは「ただ単に酸っぱい」というものでなく、熟成して真価を発揮する可能性を示してくれていると思います。

 ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください 

 

 

 

2009 パレオ・ロッソ マグナム1.5L【赤】 パレオ・ロッソ【赤】  ※2009年産 マグナム1.5Lサイズ
【会員価格】 22,800円 【葡萄】カベルネ・フラン100%
※準備中

 

ボルゲリ・ロッソ マグナム1.5L【赤】 ボルゲリ・ロッソ【赤】  ※2013年産 マグナム1.5Lサイズ
【会員価格】 6,580円 【葡萄】メルロ50% カベルネ・フラン30% シラー20%
若々しさの中にも、マッキオーレらしいベリー系果実を思わせる味わいがあって、2009~2012年産と同様にメリハリが効いています。そして特長の2番目は新鮮さあふれるベリー&チェリー香。抜栓直後から、フレッシュ感満点の香りがグラスからこぼれ落ちます。それ以外にも、注目すべきはトスカーナらしい酸。最初、口に含んだ瞬間は酸が突出してる様に感じますが、これは「ただ単に酸っぱい」というものでなく、熟成して真価を発揮する可能性を示してくれていると思います。

 

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

バンフィ(トスカーナ州)

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ