ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ディサビリ・ノー・リミッツ プロセッコ エキストラ・ドライ【白・発泡】

ディ・レナルド ファーザーズ・アイズ【白】

今!お奨めのワイン「カンティーネ・ファッロ」~カンパーニア州~

見逃せないヴェネト銘酒「ベルターニ」

サン・マルツァーノ トラマーリ【ロゼ】

ラ・スピネッタのバルバレスコ

5年ぶり入荷! テルチッチ

グリエス ピノ・ビアンコ

2012 バンフィ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ【赤】

1997 ヴィーニャ・ポディオ ロエロ・ネッビオーロ【赤】

サンタ・テレーザ フラスカティ・スペリオーレ【白】

モンテ・ロッサ プリマ・キュヴェ【白・発泡】

2013 フォンタナフレッダ バローロ【赤】

ポッジョ・スカレッテの限定醸造ワイン

2015 モラビアンカ ファランギーナ【白】

モンキエロ・カルボーネ タマルディ【白】

フォッソコルノ モンテプルチアーノRiserva【赤】

サルケート ヴィノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノRiserva【赤】

旨味あふれるカンティーナ・デイッダのワイン

2つのエディツィオーネ/チンクエ・アウトークトニ

2010 ゴレッティ ラリンガトーレ【赤】

2015 ネロ・ア・メタ【白】

極上のマルサラ タルガ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

ヴァイングート・テッシュ

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

 

 

まずはコチラをチェック!

今月のお奨めワイン

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

いつも以上にお買得!

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

 

 

ファットリア・オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ地域~

 

  

 

◆オルマンニのワインはこちらから◆

 

 

 Fattoria ORMANNI

ファットリア・オルマンニ

キャンティ・クラシコ9地域(クリック⇒拡大します)

ファットリア オルマンニは、キャンティ・クラシコ地区ポッジボンシ地域(地図:4)とバルベリーノ・バル・デルサ地域(地図:3)にまたがる農園で、250haの敷地にオリーブと葡萄が植えられ、100haは森のまま残されています。

 

オルマンニの歴史は古く、13世紀にはオルマンニ家によってこの地域は所有され、ダンテ・アリゲーリの『神曲』にも登場するとか。

 

その後、オルマンニ家は戦争に負けてフィレンツェを追放され、スカラッティ家、メディチ家を経て、1818年に現在のブリーニ家の所有となりました。

 

現在のカンティーナは1914 年に作られたもので、バリカイアに至っては17 世紀に出来たものだといわれています。

 

1924年にキャンティ・クラシコのコンソルツィオ(協会)が発足された時の初期メンバーでもあります。

 

現在の当主は5代目のパオロ・ブリーニ氏。

 

1960年代からサンジョヴェーゼの巨匠ジュリオ・ガンベッリ氏をコンサルタントに、サンジョヴェーゼに重きを置いたワイン作りを行うようになります。

 

オルマンニのカンティーナ1990年代のスーパー・タスカンブームとは完全に距離を置き、地道なワイン作りを続けてきましたが、2009年にサンファビアーノ・カルチナイアのディレクターであったロッコ・ジョルジョ氏が加入します。

 

恵まれたテロワールを最大限に活用するため、畑の手入れ、醸造所の管理などの改革を行います。

 

現在は樹齢40年を超え、アルベレッロ方式のサンジョヴェーゼを中心に、有機栽培に切り替え、肥料も一切使わない、新しいコンセプトにシフトしつつあるカンティーナです。

 

現在のコンサルタントは、ジュリオ・ガンベッリ氏の一番弟子だったパオロ・サルヴィ氏。

 

国際品種をブレンドしない、サンジョヴェーゼに執着するスタンスで、伝統的カンティーナの地道な改革を続けており、パワー重視ではない、バランスの良いワイン作りを目指しています。

 

少し前までは60haの畑から大量のワインを作っていましたが、ロッコ氏の加入後、畑の植え替えを進めたり、収量制限を行っている為、現在の総生産量は良い意味で激減し16万本程度です。

 

カンティーナはポッジボンシ地域になりますが、所有する畑はバルベリーノ・バル・デルサ地域(フィレンツェ県)とポッジボンシ地域(シエナ県)にまたがり、バルベリーノの畑はキャンティ・クラシコ、ポッジボンシの畑はキャンティをメインに作ります。

オルマンニの葡萄畑 

キャンティ・クラシコ畑はアルベーゼ・ガレストロ土壌、白い印象で、石がゴツゴツしていて、標高350m。

 

60年代のアグロノモ(畑管理の責任者)が決めた、独特のアルベレッロ仕立てのサンジョヴェーゼが残っています!

 

現在は肥料は使わないので、列と列の間に大麦、クローブなどを植えます。

 

MONTIGNAMO(モンティニャーノ)と、BORRO DEL DIAVOLO(ボッロ・デル・ディアヴォロ)という上級畑から、リゼルヴァ用の葡萄を収穫。

グラン・セレツィオーネは、各畑から最良の葡萄をセレクトします。

 

バルベリーノ側にはカステッロ・ディ・モンサント、パネレッタなど、大御所のカンティーナがひしめくキャンティ・クラシコの中心エリアです。

 

ロッコ氏は

「オルマンニの特徴は、歴史が長く、キャンティ・クラシコの教科書とも言える。 

 

ロッコ・ジョルジョさん(左)ガレストロ土壌の海抜350m というポテンシャルの高い場所。畑仕事が疎かだった90年代までも良いクオリティのワインが出来ていたのは土地の恩恵によるところが大きい。 

 

2009年以降、毎ヴィンテージに安定感が出てきた。 

サンジョヴェーゼ単一で作るため、ヴィンテージの特徴は顕著に出るが、不安定なワインは無くなってきた。

 

 これから10 年かけて、畑の手入れとカンティーナの改良も地味に続けて行きたい。」

 

と、熱く語っています。

日本では馴染みの無いカンティーナですが今後、注目株であることは間違いありません。

 

                                             〈Francesco〉

 

   ↑ このページ先頭へ

 

 

 

 

  

キャンティ・クラシコ グラン・セレツィオーネ【赤】 キャンティ・クラシコ/グラン・セレツィオーネ【赤】

【会員価格】 6,580円

【葡萄】 サンジョヴェーゼ100%

飽きの来ないグラン・セレツィオーネ

香りは当初、強めのアルコールを感じますが、それが徐々にこなれてきて、ベリー系フルーツ香が薫りたちます。バリック樽熟成されていますが、それによる過度なバニラ香は感じません。あくまでワインをサポートしてくれる香りです。味わいは典型的なフルボディタイプ。でもタンニン(渋味成分)にはまろやかさがあり、サンジョヴェーゼらしい酸も活きていますので飲み心地も良好です。長期熟成用の葡萄が選ばれているだけあり、グラスの中で変化していく味わいにも注目です。

 

ヴォッロ・デル・ディアヴォロ キャンティ・クラシコRiserva【赤】  ボッロ・デル・ディアヴォロ/キャンティ・クラシコ:リゼルヴァ【赤】

【会員価格】 4,280円

【葡萄】サンジョヴェーゼ100%

酒質の滑らかさと芳醇な風味が魅力

バリック樽で熟成されているだけあって、より一層風味の強さが際立ちます。グラスに注いだワインは、熟成色を帯びたルビー色。熟したイチジクやベリー、スミレの花を想わせる芳醇な香りは申し分ありません。最初はアルコールを感じますが、それが徐々にこなれてきて、ベリー系フルーツの風味が口に広がります。もちろん、はタンニン(渋味成分)もあり、サンジョヴェーゼらしい酸も豊富、でも、ミネラルに富んだ味わいなので、くどさがなく、凝縮感も抜群です!

 

キャンティ・クラシコ【赤】  キャンティ・クラシコ【赤】

【会員価格】 2,880円

【葡萄】 サンジョヴェーゼ100%

老舗蔵が醸す古風なキャンティ・クラシコ

グラスに注いだワインは、紫色を帯びたルビー色。実に芳醇なベリーやスミレの花を想わせる豊かさがあります。大樽をメインにしたキャンティ・クラシコらしく、ひと口目は『軽いかな?』と感じてしまう味わいですが・・・でも、グラスを重ねるごとにしっかりとしたコクが感じらてきて、完熟したチェリー等の赤をイメージさせる果物を口いっぱいにほお張った感覚になってしまいます。

 

よりうす【赤】  ユリウス【赤】

【会員価格】 4,580円

【葡萄】 サンジョヴェーゼ60% メルロ30% シラー10%

味わいの柔らかさと凝縮感が魅力

ユリウスの特長は “味わいの柔らかさと凝縮感”。バリック(225Lの小樽)で仕込まれていながら、、フルボディなんだけど、フルボディを感じさせない、、、サンジョヴェーゼらしい酸をしっかり持っていて、なおかつ、それを上回る果実味があって、、、テイスティング途中でも「飽きの来ない充実感」がひしひしと伝わってくるんです。

 

オルマンニ カナイオーロ【赤】  カナイオーロ【赤】

【会員価格】 2,880円

【葡萄】 カナイオーロ100%

逆転の発想で醸されたカナイオーロ100%赤ワイン

このワインをテイスティングして感じたキーワードは【シンプル】【フレッシュ】【フルーティ】
カナイオーロのテイスティング(クリック⇒拡大します)オーク樽を使っていないので、木の成分によるタンニン(渋味成分)が無く、ジューシーさが前面に出ているワインです。実際にティスティングしてみると、このジューシー感にハマってしまう勢いがあるんです!

 

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください 

 

◆価格適用には「会員登録」が必要です◆

  

 

  ↑ このページ先頭へ

 

 

 

2017年11月02
オルマンニ・ロッコさんを交えての和食ワイン会

~堂島 雪花菜~

当日ラインナップ 料理1
料理2 食事を楽しむロッコさん
料理3 料理4
雪花菜 店主  料理5
料理6 料理7
ロッコさん 料理8
 

 

 

 

 

 

 

 

サン・アントニオ(ヴェネト州)

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

ベルターニ(ヴェネト州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

バンフィ(トスカーナ州)

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ