ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

モンキエロ・カルボーネ ヴィノ・ロザート【ロゼ】

サクラ フリッツァンテ【ロゼ・微発泡】

モリーゼ州からディ・マーヨ・ノランテ入荷!

2016年産 搾りたてオリーブオイル ご予約受付中!

コスパあふれるサン・アントニオのおすすめワイン

レチット&ペリーザ まとめ買いフェア実施中

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

イタリ屋おすすめボルドー

イタリ屋おすすめチリワイン

ヴァイングート・テッシュ

2010 サンドロ・ファイ カルテリア【赤】

2013 ペッケニーノ ピノ・ネロ【赤】

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

スプマンテ・クラシコ コントラット

チーマ・ローザ

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

2013年産 グラーティ EXバージンオイル

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

 

 

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

【イタリア銘醸カンティーナ編】 パッソピッシャーロ 〓シチリア島〓 

 

 

 

 

◆パッソピッシャーロのワインはこちら◆

 

 

 Passopisciaro

パッソピッシャーロ

◆シチリア島エトナ山

シチリア島エトナ山 

シチリア島の東側にあるカターニャ空港へ降り立った時、まず目に入るのがエトナ山。

1992年に大噴火を引き起こしたヨーロッパ最大の活火山です。

 

シチリア島なので暑いと思われるかもしれませんが、3月中旬頃までは積雪もあり、実はスキー場もあるんです。

 

さて、このエトナ山の北側を東へ登っていくと、景色は地獄の来たかの様な形相となり、時間が止まったかの様に固まった溶岩に囲まれていきます。

 

 

◆パッソピッシャーロの周辺

パッソピッシャーロのカンティーナ 

この溶岩で出来た景色の中、標高600メートル付近に忽然とワイナリー「パッソピッシャーロ」が現れます。

 

周りには階段状に畑が存在し、密植で高さ30~40センチ仕立てでシャルドネ種やプティ・ヴェルド種、ネレッロ・マスカレーゼ種が盆栽のように並んでいます。

 

このネレッロ・マスカレーゼ種は、樹齢60~100年のアルベレッロ・クラシコ(支え無し仕立て)で植えられ、こう光景はなかなかお目にかかれるものではありません。

 

現在も活火山の中腹500~1000メートルに葡萄畑があり、この標高は昼夜の気温変動幅が非常に大きく、葡萄がゆっくり成熟していく環境を提供します。

(遅い時には、11月に収穫することもあります)

 

この地に足を踏み入れた私〈Francesco〉は感じました。

 

マグマの養分(=地球の血液)+シチリアの太陽+髙樹齢+厳しい自然環境

これらが複雑に交わり、作り出されたワインが、魅力的でないはずが無い・・・と!

 

 

◆パッソピッシャーロの畑

 

パッソピッシャーロのランパンテ畑パッソピッシャーロの畑は、エトナ山北斜面にあります。

通常、北斜面は日照角度が浅くなるため、ワイン葡萄の栽培には適さない・・・といわれています。

 

でも、この辺りの畑は全てテラス式のため、その問題は全くありません。

 

また、エトナ山北斜面は、南斜面に比べて9~10月以降の天候が安定しているため、葡萄栽培にはとても都合が良いのです。

 

土質もミネラルが豊富で、地中には葡萄根の活動に不可欠な酸素も多く含まれているんです。

 

※パッソピッシャーロの畑詳細

 

樹齢100年以上のネレッロ・マスカレーゼ種 (1)キアッペマチーネ ⇒⇒⇒ 標高550m 約1.2ha

    Chiappemacine

 

 (2)ポルカリア     ⇒⇒⇒ 標高650m 約1.5ha

    Porcaria

 

 (3)サント・スプリット ⇒⇒⇒ 標高700m 約2.7ha

    Sant-Sprito【日本未入荷】

 

 (4)マルパッソ     ⇒⇒⇒ 標高700m 約0.5ha

    Malpasso【日本未入荷】

 

 (5)シャラヌオーヴァ ⇒⇒⇒ 標高850m 約1.0ha

    Sciaranuova

 

 (6)ランパンテ    ⇒⇒⇒ 標高1000m 約1.4ha

    Ranpante

 

 

◆ネレッロ・マスカレーゼ=エレガンス

パッソピッシャーロの樽熟成庫 

最近の研究で、ピノ・ノワールのDNAに似ていることが明らかになったネレッロ・マスカレーゼ。

 

しかし、「ネレッロ・マスカレーゼ=エレガンス」の方程式が成り立つのは、標高500メートル以上で作られる葡萄のみと言われています。

(標高500メートル以下では、粗くヘビーしかなりえません)

 

葡萄畑の標高が高いほど繊細さ、上品さ、また洗練を表現することが可能になると言えます。

 

また、畑に存在する溶岩がどこから流れてきたかによっても土質は変わり、クリュ(畑)ごとの地質がネレッロ・マスカレーゼに与える影響は大きく、このためシチリアのピノ・ノワールと言われています.。

 

 

◆フランケッティさんの眼力

 

処々の歴史的背景から、衰退の一途を辿っていたエトナ山のネレッロ・マスカレーゼ種栽培。

 

数年前にこの地を訪れたフランケッティさんは、彼独特の勘でネレッロ・マスカレーゼ種のポテンシャルを見出します。

 

そして彼がワイン醸造を始め、出来たワインを世に発表した後から、世界がエトナ山に注目し始めます。

現在では40社近くが自社醸造&瓶詰めを始めたワイナリーが存在しています。

 

 

◆フランケッティ家の歴史 

アンドレア・フランケッティさん(左) 

フランケッティ家は中世以降チュニジアからイタリアに渡ってきたと考えられています。

 

現在までフランケッティ・ファミリーから排出された人たちのイタリア社会における貢献度は計り知れません。

 

政治家、銀行家、音楽家、学者、芸術家、探検家、パルチザンの英雄・・・などあらゆる分野にわたり活躍したフランケッティの名がイタリア歴史上に現れます。

 

またロスチャイルド家(ロートシルト)とも親戚関係にあります。

 

アンドレアさんも若い頃は映画俳優になるなど、感性豊かな生活を送っていましたが、ある時ワインというものが、自分自身を照らしてくれ、自分が表現できる意味ある人生にしてくれると感じ、ローマを離れトスカーナの地でワイン造りを始めることになります。

 

彼のワイン造りは独学ですが、全てが発想豊かなアイデアに溢れています。そんな彼を人は「鬼才」と呼び、イタリアワイン界において特別な存在となっています。

 

 

◆フランケッティさんとのセミナー

セミナーでのフランケッティさん

 

2012年1月23日、超多忙な合間をぬって、フラッケッティさんは当店で約2時間、セミナーを開いて下さいました。

 

でも、もともと「単店でのセミナー等は一切しない」がモットーのフランケッティさんが、なぜ当店でのセミナー開催になったのか・・・

 

それは、私〈Francesco〉が2011年6月に「パッソピッシャーロ(シチリア島)」を訪問したものの、急用で彼は留守。。。(泣)

 

気軽にサインするフランケッティさんでも半年後に日本を訪れた彼は、「約束は守ったぞ!」とばかりにセミナーを開いて下さいました。

 

「鬼才」とか「変人」とか形容されるフランケッティさんですが、全くそのようなことはありません。

紳士かつ雄弁な彼は、参加者を前に悠然と語ってくれたんです。

 

その人柄は、ワインにもきっちり映し出されています。

フランケッティさんのワインを味わうには、こういう背景を知ることも味わいのひとつ・・・と感じました。

                                      〈Francesco〉

 

 

テヌタ・ディ・トリノーロ(トスカーナ州)の情報はこちら 

 

 

 

 

 

2011年6月 現地へ行ってきました!

画像をクリックすると拡大します

パッソピッシャーロの入口  (1)エトナ山の中腹に突如現れる大きな門。ここがパッソピッシャーロの入口です。 溶岩を利用した石垣  (2)どの畑にも溶岩を利用した垣根が設けられています。保温効果もあって寒い場所に最適です。
溶岩を利用した石垣  (3)ひとつひとつの畑はどれも狭いですが、しっかりと手入れがなされていました。 ランパンテ畑(標高1000メートル)   (4)標高1000メートル。最も高い位置にあるランパンテ畑。ここからエトナ最高峰の葡萄が収穫されるんです。
樹齢100年を越すネレッロ・マスカレーゼ種  (5)畑には、樹齢100年を越すネレッロ・マスカレーゼ種もあって、エトナの歴史を感じさせられます。 畑から見たカンティーナ  (6)畑から見下ろすカンティーナ。「ジネストラ」という黄色い花は溶岩の上にだけ自生するそうです。
パッソピッシャーロのカンティーナ  (7)溶岩などを用いて作られているカンティーナ。斜面を利用しているので中は結構広いんです。 パッソピッシャーロの発酵槽  (8)カンティーナ内部の発酵槽。床のタイルやタンクはピッカピカでした。
パッソピッシャーロ カンティーナ内部  (9)このフロアで発酵を終えたワインは、下のフロアの樽熟成庫に送られ、熟成に入ります。 3000リットル級のオーク樽  (10)3000リットル級の大樽が並ぶ熟成庫。こういう樽が100個近く整然と並んでいます。
225リットルのバリック樽  (11)こちらは225リットルのバリック樽。プティ・ヴェルドが詰められているレアものです。 熟成中の2010ランパンテ  (12)この時はまだ熟成中だった「ランパンテ」の樽。大樽熟成っていうのがよく分かります。
カンティーナでのティスティング   (13)さていよいよティスティング。ラベルがまだ出来ていないので手書きなんです。 ヴィンチェンツォ・ロマウロさん   (14)フランケッティさんの右腕ヴィンチェンツォ・ロマウロさん自ら注ぐティスティング開始!
2010年産のクリュワイン   (15)こちらは2010年産のクリュワイン。やはりラベルが出来ていないので手書きです。 昼食   (16)スタッフの皆さんとの昼食。地野菜とオリーブを使った素朴な、でも美味しい昼食!
ワインとのマリアージュ  (17)ワインと良く合う料理。見た目は肉団子。でも実際は葡萄の実を使った料理なんです! 未発売の【白】  (18)最後にいただいた白ワイン。まだいつ世に出るか???な、希少なワインでした。

 

 

 

 

 

 

 

フランケッティ【赤】 フランケッティ 【赤】
ヴィンテージによって変わります 【葡萄】チェザネーゼ、プティ・ヴェルド

毎年2種類の葡萄をたくみに配置し、フランケッティさんならでわの味わいを作り上げます。ただ、彼にはこだわりがあって、毎年出来栄えが違う各葡萄を理解した上で、その配合比率を微妙に変えているんです。なのでっ!このフランケッティは、ある意味、毎年安心して抜栓できるワインなんです。

 

ランパンテ【赤】 ランパンテ 【赤】(コントラーダ=単一畑産ワイン)
ヴィンテージによって変わります 【葡萄】ネレッロ・マスカレーゼ100%
コントラーダ(クリュ)=単一葡萄畑産ワイン。ランパンテ畑の標高は1000メートル。4つのコントラーダの中で・・・というよりも、エトナ山最高標高に存在する葡萄畑です。
特にランパンテは、「澄み切った」という言葉が似合うワインです。赤ワインでありながら、白ワインのニュアンスも持ち合わせている・・・という雰囲気があります。
4つのコントラーダの中は軽さを感じますが、時間の経過とともに現れるしなやかさは、長寿ワインの雰囲気がある1本です。

 

キアッペマチーネ【赤】 キアッペマチーネ 【赤】(コントラーダ=単一畑産ワイン)
ヴィンテージによって変わります 【葡萄】ネレッロ・マスカレーゼ100%
コントラーダ(クリュ)=単一葡萄畑産ワイン。キアッペマチーネ畑の標高は550メートル。コントラーダの中で1.2haと最小区画です。
口に含むと、力強い味わいが一気に押し寄せます。4つのコントラーダワインの中で一番強い感覚です。しっかりとした酸、ドライ感のある果実味、この2つが見事なバランスをとっていて、余韻にはふくよかささえ感じさせられます。

 

 シャラヌオーヴァ【赤】 シャラヌオーヴァ 【赤】(コントラーダ=単一畑産ワイン)
ヴィンテージによって変わります 【葡萄】ネレッロ・マスカレーゼ100%
コントラーダ(クリュ)=単一葡萄畑産ワイン。シャラヌオーヴァ畑の標高は850メートル。
口に含むと、フレッシュ感のある果実味を感じ、それはコク、そして旨味と連鎖しています。
また、じっくり味わっていると、いぶした干草の様な芳醇さがあって、4つのコントラーダの中で味わいに一番深みがあるように思います。決して濃いワインではないのですが、じっくり飲んでいると自然と味わいが湧き上がってくる・・・という感覚です。

 

ポルカリア【赤】 ポルカリア 【赤】(コントラーダ=単一畑産ワイン)
ヴィンテージによって変わります 【葡萄】ネレッロ・マスカレーゼ100%
コントラーダ(クリュ)=単一葡萄畑産ワイン。ポルカリア畑の標高は650メートル。
4つのコントラーダワインの中では、若干の濃さを感じます。
口に含むと、酸とともに厚みを感じさせる果実味が現れ、少し煮詰めたカラメルのニュアンスも感じ取れます。バランス度もよく、濃さを感じさせながらも、余韻には、スーッと引いていくいさぎよさがあるんです。

 

パッソピッシャーロ【赤】 パッソピッシャーロ 【赤】
ヴィンテージによって変わります 【葡萄】ネレッロ・マスカレーゼ100%
7000リットルもの大樽で16ヶ月熟成されたパッソピッシャーロ。最初、「酸が強すぎない?」と思わせるのですが、このワインが持つ酸味は個性的で、フレッシュな赤い果実を想わせるものがあります。この味わいは、ほんの30分ほどで、後から開きだす優しい果実味とマッチし、それは見事なコントラストを描きます。

 

グアルディオーラ【白】 グアルディオーラ 【白】
【会員価格】 4,680円 【葡萄】シャルドネ100%
このワインのミネラル感には驚かされます。上品でありながらも感じる濃さ、味の伸び、口中での芳醇さ、優雅でいつまでも続く余韻、、、シャルドネの性質を思いっきり引き出さないと、この味は出ないはず。土地の性格、葡萄の個性、エトナの天候、、、それら全てを知り尽くした者でないと造りえなかった味わい・・・もう、ブルゴーニュのグラン・クリュも目じゃありません。

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください 

 

 

 

 

 

 

 

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

バンフィ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ