ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

2002年産 ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ【赤】

ドゥーカ・ディ・サラパルータ カラニカ【赤】【白】

ドンナ・マルツィア シャルドネ・バリック【白】

極上のマルサラ タルガ

モンキエロ・カルボーネ ヴィノ・ロザート【ロゼ】

ラ・スピネッタ・カサノーヴァ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

イル・サローネ【赤】

2016年産 搾りたてオリーブオイル ご予約受付中!

コスパあふれるサン・アントニオのおすすめワイン

レチット&ペリーザ まとめ買いフェア実施中

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

ヴァイングート・テッシュ

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

スプマンテ・クラシコ コントラット

チーマ・ローザ

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

2013年産 グラーティ EXバージンオイル

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

 

 

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

 

 

 【イタリア銘醸カンティーナ】サン・ジュゼッペ =トスカーナ州=

 

 

 

 

サン・ジュゼッペのワインはこちら

 

 

イタリア国旗 San-Giuseppe
サン・ジュゼッペ

◆サン・ジュゼッペの歴史◆

ステッラ・ディ・カンパルトさん(右)

 

1992年創業。

オーナーであり、栽培・醸造責任者も兼ねる「ステッラ・ディ・カンパルト」さんのワイン人生は19歳で結婚後、義母にモンタルチーノの葡萄畑を贈与された時に全てが始まりました。

 

1996年、有機の認証を取得。

1999年には葡萄を植え替え、カンティーナを建設。

 

ワイン作りにおいて全くの素人であったステッラさん。

 

ワイン作りを手掛けてからほんの数年の間に、平均樹齢10年余りの若木の葡萄から、これほどまで多くの人々に感銘を与えるワインを生み出すことが出来たということは、まさに“奇跡”と呼ぶに相応しいこと。

 

持って生まれた畑の土質やポジション、そしてステッラさんの人間的な資質が重要な要素であったことは言うまでもありません。

 

 

◆4つの葡萄畑◆

 

フランチェスコ・レアンツァさん(右)ワイン作りに関して、彼女は全て周囲の先輩から学びました。

 

中でもブルネッロ・ディ・モンタルチーノの銘生産者「サリクッティ」のフランチェスコ・レアンツァ氏から学んだ事は大きかったと語っています。

 

ステッラさんは自分の葡萄畑についてこう言います。

 

「サリクッティ」のフランチェスコ氏を始めとする偉大なる先人達が、長い年月をかけ「身をもって」習得していったワイン作りにおけるノウハウの“エッセンス”部分を直接学ぶことが出来たことが大きい。

 

現在サン・ジュセッペには、「サッソ」「バッサ」「レッチョ」「クルヴァ」という4つの畑があり、それらの畑には、全て同じクローンのサンジョヴェーゼが植えられています。

 

その「力を引き出していく」ための農法として彼女が選んだのがバイオダイナミック(ビオ・ディナミ)でした。

 

彼女がこの農法を選んだ理由は、幼かった頃の娘さんのアレルギー。

西洋の医学では治らなかったアレルギーが漢方によって効果を表したそうで、化学的なモノに頼らない気質が生まれました。

 

また、若くして母親となったことによってステッラさんが備えることができた「母性」、そして「懐の深さ」も、そのワインに生かされています。

 

「畑と子供は似ている。自分の力を持っている。それを良い方向に引き出してあげることが大事」

 

と語る彼女。

 

その実力は、あのニコラ・ジョリー氏にも早くから認められ、彼が率いる自然派ワイングループ、“ Renaissance ”になんと特例として無審査で加入が認められています。

 

新しい畑であるにもかかわらず、古い畑からしか生まれてこないような複雑で深い香りと味わいを持つ彼女のワイン。

 

そのワインには、テロワールの素晴らしさが力強く息づいています。

 

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【余談:自然派ワインについて】

 

ステッラさんの葡萄畑ステッラさんのワインは「究極の自然派ワイン=ビオディナミ」ですが、それを全く感じさせない味わいも魅力です。

 

今、世界のワイン市場を見ると、「有機栽培」「ビオワイン」「自然派ワイン」「ヴァン・ナチュール」という言葉自体がワインのマーケティング戦略の一環として使われているように思います。

 

ビオ系ワイン特有の 酸化臭=ビオ臭 が感じられるワインでさえ

 

※それが有機栽培の特長だから、云々。。。

 

と厚顔無恥に語るワイン生産者・関係者も存在します。

 

でも、私はそれは間違っていると思います。

 

ビオワインであっても美味しいものは美味しい、不味いものは不味い とはっきり口にしないと、厚顔無恥なワイン生産者はますますはびこるでしょう。

 

その様な「問題あるビオ系ワイン」とは全く異なる「本当に美味しいビオワイン」をステッラさんのワインを飲むことによって、是非とも感じ取って欲しいです!

 

是非、希少なステッラさんのワインを 「在庫のある間に」 お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

◆サン・ジュゼッペの環境◆

サン・ジュゼッペの畑(クリック⇒拡大します)

 

サン・ジュゼッペのカンティーナの周りは森に囲まれ、完全に孤立しています。

 

この環境がビオディナミを実践する上で大切なこと!周りに他の畑がある場合、農薬等が風等によって降りかかる心配がありますが、ステッラさんの畑にはそれがありません。

 

この彼女の畑は12の区画に分けられ、土質が全て異なる特殊なエリアです。

 

 

◆サン・ジュゼッペの土質◆

畑の土質(クリック⇒拡大します)

 

右の写真は4つの異なる土質の畑。

これだけ明らかに土質が異なるのは稀!こうした異なる土質が12種も存在しています。

 

標高は240~340メートル。

葡萄の収穫、そして醸造もこの12区画すべて別々に行います。

 

 

◆サン・ジュゼッペの醸造◆

サン・ジュゼッペの醗酵室(クリック⇒拡大します) 

醗酵は全て自然酵母を使用。自然の重力を用いて醸造を行います。

 

土質ごとに葡萄は全く違う味わいを持っている。そして葡萄が熟す順番も異なっている。

このため、普通なら標高の低い区画から収穫が行われますが、サン・ジュゼッペの場合は土質順に収穫します。

 

標高は5メートルしか異ならない区画でも、10日~1ヶ月も収穫時期が異なってくるそうです。

 

ちなみに、サン・ジュゼッペの畑では、標高の一番低い区画が最も収穫が遅いそうです。

 

 

◆サン・ジュゼッペのワイン◆

 

樽醗酵(クリック⇒拡大します)サン・ジュゼッペのワインは、どのヴィンテージにも共通していえるのが「タンニン(渋味成分)の柔らかさ」。

 

もともとブルネッロ種(=サンジョヴェーゼ)は濃くない繊細な葡萄です。

 

ステッラさんは、このタンニンを人為的に柔らかくすることはしていません。

出来た葡萄をこのままワインにしただけで、新しいことは何もしていない、、と彼女は語ります。

 

現在、サンジョヴェーゼ・グロッソ、サンジョヴェーゼ・ピッコロ・・・といた分け方でサンジョヴェーゼは語れなくなってきています。

サンジョヴェーゼのクローンは焼く120種ほどあり、同じ番号のクローンでも、、、

 

※キャンティ地区に植えられればキャンティのサンジョヴェーゼ

※ブルネッロ地区に植えられればブルネッロになる

 

植えられる土壌等の性質が大きく関わってくるんです。

 

 

ステッラさんのストック庫(クリック⇒拡大します)◆ロッソとブルネッロとの違い◆

 

サン・ジュゼッペのロッソとブルネッロ・ディ・モンタルチーノに上下差はありません。

 

アッサンブラージュ(ブレンド)の段階で 「これはロッソにしよう」 「これはブルネッロにしよう」 と決めるもので、品質の良い悪いではなく、キャラクターの違いだ、とステッラさんははっきり語ります。

 

このため、ロッソもブルネッロも長生きできるように作っているそうです。

 

またステッラさんは各ヴィンテージを200~300本ストックをして、毎年試飲会をして飲み頃をチェックするのだそうです。

 

 

◆サン・ジュゼッペのクオリティ◆

 

サン・ジュゼッペの樽熟成庫(クリック⇒拡大します)ロッソ・ディ・モンタルチーノであっても22ヶ月の樽熟成と異常に長く、更に1年半もの瓶熟成を行います。

 

ワイン法的には、樽熟成しなくてもロッソ・ディ・モンタルチーノは作れるのですが、

また、ブルネッロを名乗れる畑なので、あと2ヶ月樽熟成することでブルネッロを名乗れるのですが、

そうしないのは、ステッラの考えがあってのことだそうです。

 

ちなみに彼女のブルネッロ・ディ・モンタルチーノは42ヶ月の樽熟成、2年近い瓶熟成を経てリリースされます。

 

 

 

 

 

 

 

サン・ジュゼッペ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ サン・ジュゼッペ/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 【赤】

【会員価格】

2010⇒ 12,800円

2009⇒ 13,300円

2008⇒ 14,800円

2007⇒ 15,300円

【葡萄】ブルネッロ(=サンジョヴェーゼ)100%

どのヴィンテージをテイスティングしても言えることは透明感たっぷりの色合い。ヴィンテージによって微妙な差はありますが、総じてキラキラ輝く赤い色合いと表現できますね。
また、特筆すべきは、ワインを注ぐ間にもグラスから溢れる香り!ステッラさんのブルネッロは、どのヴィンテージを飲んでも、熟したチェリーなどの複雑で繊細な香りにうっとりさせられます。
そして、味わいはもちろん フルボディ。果実味が多く、タンニン(渋味成分)も適度。心地良い酸味がベースで、長い余韻や徐々に湧き出る旨味が魅力的なんです。

 

サン・ジュゼッペ ロッソ・ディ・モンタルチーノ【赤】 サン・ジュゼッペ/ロッソ・ディ・モンタルチーノ 【赤】

【会員価格】 7,280円

【葡萄】ブルネッロ(=サンジョヴェーゼ)100%
このロッソの魅力は抜栓直後から楽しめる味わい。口に含んでも、軽やかなタンニン(渋味成分)と軽やかな酸味、そして新鮮な果実をほおばった様な果実味、それらが一体となって押し寄せます。 ティスティングしていて、「ガツン!」とく濃さは感じさせません。でも、、余韻はしっかりとしていて、ワインの骨格がはっきりと分かる仕上がりです。

  

サン・ジュゼッペ ロッソ・ディ・ステッラ サン・ジュゼッペ/ロッソ・ディ・ステッラ 【赤】
【会員価格】 5,390円 【葡萄】サンジョヴェーゼ20% メルロ25% 他55%

ステッラさんが自由に醸した新しいモンタルチーノワインがこちら。

生産量は、わずか1479本!ブルネッロでもない、ロッソでもない、、、モンタルチーノの生産者の中で 「最後に認定されたブルネッロ生産者 ステッラさん」 らしいワインです。

 

 

 

 

サン・ジュゼッペ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ マグナム サン・ジュゼッペ/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ  マグナム1.5L 【赤】

【会員価格】

2007⇒ 28,800円

2005⇒ 31,800円

【葡萄】ブルネッロ(=サンジョヴェーゼ)100%

どのヴィンテージをテイスティングしても言えることは透明感たっぷりの色合い。ヴィンテージによって微妙な差はありますが、総じてキラキラ輝く赤い色合いと表現できますね。
また、特筆すべきは、ワインを注ぐ間にもグラスから溢れる香り!ステッラさんのブルネッロは、どのヴィンテージを飲んでも、熟したチェリーなどの複雑で繊細な香りにうっとりさせられます。
そして、味わいはもちろん フルボディ。果実味が多く、タンニン(渋味成分)も適度。心地良い酸味がベースで、長い余韻や徐々に湧き出る旨味が魅力的なんです。

 

サン・ジュゼッペ ロッソ・ディ・モンタルチーノ マグナム サン・ジュゼッペ/ロッソ・ディ・モンタルチーノ マグナム1.5L  【赤】

【会員価格】

2009⇒ 12,800円

2008⇒ 14,000円

【葡萄】ブルネッロ(=サンジョヴェーゼ)100%
このロッソの魅力は抜栓直後から楽しめる味わい。口に含んでも、軽やかなタンニン(渋味成分)と軽やかな酸味、そして新鮮な果実をほおばった様な果実味、それらが一体となって押し寄せます。 ティスティングしていて、「ガツン!」とく濃さは感じさせません。でも、、余韻はしっかりとしていて、ワインの骨格がはっきりと分かる仕上がりです。

 

サン・ジュゼッペ ロッソ・ディ・ステッラ マグナム サン・ジュゼッペ/ロッソ・ディ・ステッラ マグナム1.5L  【赤】

【会員価格】 

2010⇒ 14,000円

【葡萄】サンジョヴェーゼ20% メルロ25% 他55%

ステッラさんが自由に醸した新しいモンタルチーノワインがこちら。

生産量は、わずか37本!ブルネッロでもない、ロッソでもない、、、モンタルチーノの生産者の中で 「最後に認定されたブルネッロ生産者 ステッラさん」 らしいワインです。

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください

 

 

 

 

 

ステッラ・ディ・カンパルトさん(右)

2015年6月2日 ステッラさんと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

バンフィ(トスカーナ州)

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ