ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

2015 ネロ・ア・メタ【白】

2011 ラ・バンディーナ【赤】

ムメルテル カベルネがお買得!

マンチーニ・プリモがお買得!

2012 ヴィティッチオ キャンティ・クラシコRiserva【赤】

ディ・レナルド ゴシップ【白】

ラック ルガーナ【白】

ウマニ・ロンキ クマロ【赤】

イル・ギッツァーノ【赤】

サリズィーレ エトナ・ビアンコ【白】

ゴレッティ ラリンガトーレ【赤】

2002年産 ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ【赤】

ドゥーカ・ディ・サラパルータ カラニカ【赤】【白】

ドンナ・マルツィア シャルドネ・バリック【白】

極上のマルサラ タルガ

ラ・スピネッタ・カサノーヴァ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

ヴァイングート・テッシュ

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

 

 

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

いつも以上にお買得!

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

 

〈Francesco〉のイタリアワイン見聞録「テレザ・ライツ編」

 

 

2011年6/05~6/12、私〈Francesco〉は日常業務を放棄して、イタリアのワイナリー(カンティーナ)をせっせと訪問してきました。こちらでは、撮り貯めた写真の一部とともに、その模様をご紹介いたします。
皆さんの参考になるかは、非常に疑問ですが。。。(苦笑)
掲載している写真をクリックしていただくと拡大画像も見れますので、お時間のある方はじ~っくりとご覧下さい。               〈Francesco〉

 

 

 

 

 ◆テレザ・ライツのワインはこちらから◆

 

 

◆テレザ・ライツについて◆

 

もともとはヨーロッパで高い評価を得ている「アクアヴィーテ」という高級グラッパの専門メーカーが「テレザ・ライツ」です。

 

社長のパオロ・トゾリーニ氏が大のワイン好きということで、自分の理想とするワインを完成させようと、ワイン造りをスタートさせました。

 テレザ・ライツ

パオロさんはフリウリ地域で素晴らしいワインを造るため、友人であり、当時アンティノリ社で醸造を担当し、後にサッシカイアの醸造に携わったジャコモ・タキス氏の応援を得て、素晴らしいワインを造り上げることに成功しました。(現在のエノロゴは アレッシオ・ドリゴ氏)

 

「細かなことが重要なのだ」と一つ一つの作業に余念がないトゾリーニ氏。

「情熱・努力・投資の3つの要素が揃ってこそ初めて素晴らしいワインができる」と、60歳を過ぎた今、彼の理想のワインつくりが本格的に動き始めています。

 

◆2つのブランド

 

同社のワインは 「テレザ・ライツ」 「レ・マルスーレ」 と、2つのブランドで販売されています。

その違いは・・・

 

(1)テレザ・ライツ ⇒ 同社を代表する高級ワインブランド

(2)レ・マルスーレ ⇒ 日常楽しめるカジュアルワイン

 

高級ワイン・・・といっても、同社のワインはコストパフォーマンスに優れているばかりか、非常にリーズナブル!

また、レ・マルスーレは、地品種や国際品種をうまく取り入れ、1000円台で楽しめる理想的ラインを築いています。

 

◆家族経営

 

テレザ・ライツ ファミリー私〈Francesco〉自身も、このカンティーナを訪問しましたが、非常にこじんまりとした、典型的な家族経営の「ブティック・ワイナリー」と言っても過言ではありません。

 

現在は長男のアレッサンドロ君もカンティーナで修行中で、ゆくゆくは彼のワインが市場にお披露目される日も近いのでは・・・と思っています。

 

生産量が少ないが故に、欠品するワインも多いのが悩み?ですが、量を追わず質を追求するこのカンティーナに、今後も注目していきたいですね♪

                             〈Francesco〉

 

 

 

 

 

掲載している写真をクリックしていただくと拡大画像も見れます

(1)カンティーナへ行く途中見かけた巨大椅子。フリウリは椅子の製造量ヨーロッパNo.1なんですって! テレザ・ライツ到着 (2)カンティーナ到着。とても静かで、空気も綺麗!ここなら長生きできそう(笑)
ピノ・グリージョの畑 (3)ピノ・グリージョの畑。良いワインを探すなら、まず畑を見ろ、という格言通りだね。 ソーヴィニヨン・ブランの畑 (4)ソーヴィニヨンの畑。風通しが良く、これなら害虫やカビの心配も無いね。
パオロさん (5)オーナー・パオロさんからピノ・グリージョの剪定方法を伝授。簡単そうで難しいなぁ。。。 ピノ・グリージョ種 (6)既に結実したピノ・グリージョ。太陽を浴びて成長がぐんぐん加速するそうです。
テレザ・ライツの葡萄畑  (7)どの畑も石ころだらけ。古代にアルプスから流れ出したそうです。畑の保温効果に貢献してます。 破砕機 (8)収穫した葡萄を破砕するマシン。これは訪問したどのカンティーナにもありました。
2010シャルドネ  (9)未公開の2010年産シャルドネを発見!どんな味わいなんだろう。ティスティングは来年とか。 瓶熟成 (10)じーっと寝かされるワイン。ほこりが積もっても出荷まではこのまま寝かされるんです。
ステンレスタンク (11)ロータリ社に比べれば、かなりこじんまりとした大きさでした。でも高さ3メートル以上、、、 タンクに入ったピノ・グリージョ  (12)タンクに入った2010ピノ・グリージョ。冷却されてたので、そろそろ瓶詰めなのかな?
バリック樽 (13)高級ライン用のバリック樽。普段は真っ暗な状態でじっくり発酵させられます。 熱弁中のパオロさん (14)いざ!ティスティング!パオロさんの解説は、やっぱり熱かったぁ!早く飲ませて!
銀賞メダル (15)ティスティングルームの片隅に置かれていたボトル。銀賞のメダルがさりげなくかかってました。 パオロさん (16)パオロさん直々にサービス。こりゃぁ必然的に真剣度が増しますね。
非公開スプマンテ (17)おーっと!非公開のスプマンテ。でも、この冬には単独で輸入します、お楽しみに! 3人で! (18)パオロさん、アレッサンドロ君とパチリ。実は右の彼、この次の日が結婚式だったんです♪
リストランテ  (19)ディナーをご馳走になったリストランテ。この日は、この上のホテルに宿泊なのでしっかり飲んだぁ! ボンゴレ・ロッソ (20)格別に美味しかった「ボンゴレ・ロッソ」。絶妙のアルデンテは、日本では未経験でした。
タコの料理 (21)タコを使った料理。名前は忘れた、、、でも、バジルソースとともに超美味! ウディーネの町並み (22)最後にウディーネの町。車も少なく静かで綺麗な町でした。

 

 

 

 

 

 

 

赤ワイン
 

レ・マルスーレ/レフォスコ レ・マルスーレ/レフォスコ 【赤】

【会員価格】 1,680円

【葡萄】レフォスコ100%
色合いだけで見ると「軽いワイン?」と思われがちですが、実はそうではありません。結構しっかりめのワインなんです。
抜栓直後は酸がきいた(突出した)ワインの様に感じますが、時間の経過とともに、、、ハーブ系の個性的な香りが現われ、それがワインの持つ酸とよくマッチします。また、落ち着いた果実味があって、ミネラル感もタップリ!レフォスコ種の特長である軽いビター感も魅力です。

 

デカノ・ロッソ テレザ・ライツ/デカノ・ロッソ 【赤】
【会員価格】 3,180円 【葡萄】メルロ60%/カベルネS30%/カベルネF10%
グラスに注いだ瞬間 “ハッ” と気付かされる香りには一体なに!それはまさしくスパイスや熟した赤い果実、バニラ、コーヒーを想わせる香りです。
そしてその味わいは、まさに芳醇そのもの!しっかりとしたタンニン(渋味成分)に裏打ちされた力強さは特筆もの!でも、ただ強いだけでなく、時間の経過とともに繊細さ・優しさが現われ、ふっくらとした味わいもお楽しみいただけます。言い換えれば 「濃いけれど渋すぎない、いいワインってこんな感じ」でしょう!

 

  

白ワイン

レ・マルスーレ/ピノ・グリージョ レ・マルスーレ/ピノ・グリージョ 【白】
【会員価格】 1,480円 【葡萄】ピノ・グリージョ100%
洋ナシを思わせる香りが実に気持ちいい!少し濃いめの黄色の色合いは、その洋ナシが熟した感覚がありました。ピノ・グリージョ種が持つまろやかな果実味、そしてエレガントな酸味、それらがうまくバランスを保っていて、とても口当たりの良い白ワインなんです。
飲んでいても清涼感があって、ふくよかでミネラル感タップリ!このワインをブラインドで飲んだなら、とてもこの価格のワインとは思えませんね。

 

テレザ・ライツ ソーヴィニヨン・ブラン【白】 レ・マルスーレ/ソーヴィニヨン 【白】
【会員価格】 1,480円 【葡萄】ソーヴィニヨン・ブラン100%
香りの中に、草原の青草を感じさせる清涼感ある香りも見え隠れします。ワインは口に含んだ瞬間からきわめてジューシー。オレンジやグレープフルーツを感じさせる果実味、そしてワインの持つ酸が見事なコントラストを描いていて・・・価格はカジュアルですが、品質はその域をはるかに通り越す勢いです。このワインをブラインドで飲んだなら、とてもこの価格のワインとは思えませんね。

 

テレザ・ライツ/リボッラ・ジャッラ テレザ・ライツ/リボッラ・ジャッラ 【白】
【会員価格】 2,160円 【葡萄】リボッラ・ジャッラ100%
味わいは実にフレッシュ!口の中で酸がパッと広がり清涼感満点。ガッシリとした硬質な果実味を鋭く感じますが、時間の経過とともにフレッシュさ、そしてオイリーさも顔を出します。もともと、酸がしっかりしたリボッラ・ジャッラ種なので、たぶん、、、これ以上酸が強いと酸っぱいだけ、逆に酸が弱いと、香りだけで終わってしまいかねないワインですが、ギリギリの点を見切った醸造には脱帽です。


 

テレザ・ライツ ソヴレイ【白】 テレザ・ライツ/ソヴレイ 【白】
【会員価格】 2,780円 【葡萄】シャルドネ80%/ソーヴィニヨン15%/ピコリット5%
グラスに注ぐと、その色合いにビックリ!まさに「黄金色」と表現していい、しっかりとした色合いです。
その注いだワインからは、樽熟成されたワインらしいシッカリとしらバニラ香がまず顔を出します。続いてナッツやアプリコット、、、と複雑で心地よい香りが次々と湧き上がります。ええ、とても重厚で 樽熟ワインが大好き! って方にピッタリの極上白の様相です。

 

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

バンフィ(トスカーナ州)

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ