ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

2002年産 ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ【赤】

ドゥーカ・ディ・サラパルータ カラニカ【赤】【白】

ドンナ・マルツィア シャルドネ・バリック【白】

極上のマルサラ タルガ

モンキエロ・カルボーネ ヴィノ・ロザート【ロゼ】

ラ・スピネッタ・カサノーヴァ

ニーノ・ネグリ カ・ブリオーネ【白】

イル・サローネ【赤】

2016年産 搾りたてオリーブオイル ご予約受付中!

コスパあふれるサン・アントニオのおすすめワイン

レチット&ペリーザ まとめ買いフェア実施中

レ・マンザーネから新しいDOCGプロセッコ「リーヴェ」新登場!

ヴィエ・ディ・ロマンス 最新ヴィンテージ続々入荷中

ヴィエ・ディ・ロマンス バック・ヴィンテージ

日本初登場フランチャコルタ ロンコ・カリーノ

グラッパ・ディ・ジュスト・ディ・ノートリ

ヴァイングート・テッシュ

2013 サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

スプマンテ・クラシコ コントラット

チーマ・ローザ

アルト・アディジェ州からグリエス・コレクション3アイテム

2005&2007 サリカリア・ロッソ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

2013年産 グラーティ EXバージンオイル

シボーナ・グラッパ 全10アイテム!

 

 

まずはコチラをチェック!

今!このワインが人気です!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

数量限定 プチ贅沢なワインセット

お買得バックヴィンテージ限定入荷!

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

 

   イタリア銘醸カンティーナのご案内 レ・マンザーネ

 

 

 

 

レ・マンザーネのワインはこちら

 

 

Le Manzane
~レ・マンザーネ~
【カンティーナについて】
コネリアーノ=ヴァルドッビアデーネ地域 
レ・マンザーネの歴史は現オーナーのエルネスト・バルビノット氏の父が1959年に設立した果物・野菜販売の会社から始まりました。
 
当時、野菜などの販売業の傍ら、3haほどの自社所有の葡萄畑を持っち、そこで作ったワインを大手ワインメーカーに売っていました(=バルク売り)。
 
そのエルネスト氏は1961年生まれ。幼少の頃より父の会社の手伝いでワインの販売をしたり、ワインを造りに関わって行くうちにワインに興味を持ち、74年にコネリアーノの醸造学校へ入学します。
 
1980年代、プロセッコを造る多くのワイナリーは自社畑を持たず、農家から葡萄を買い求めてワインを造っていましたが、1982年、エルネスト氏は父とともに、メインとなる葡萄畑を購入しました。
 
そして、2年後の1984年、自身のカンティーナを設立。ただ、設立当初は所有面積も少なく、出来上がったワインを殆ど大手ワインメーカーに売っていました。
 
その後、1989年にスプマンテ用の瓶詰機械を購入します。
 
1990年代に20haほどのプロセッコ用の葡萄畑をさらに購入。
 
減農薬法についての研究をコネリアーノ醸造学校と共に行い、本格的にプロセッコスプマンテの生産を開始しました。
 
そして94年から本格的にスプマンテの瓶詰を開始し、97年には当時では珍しかった耐圧タンクを自社で購入しています。
 
それにより減農薬での葡萄栽培から収穫、1次醗酵、2次醗酵、そしてボトリングまで全てを自社で行う現在のスタイルになりました。
今年は念願だった新しいカンティーナも完成し、さらなる品質向上が期待されます。
 
           ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
【2011年2月20日 レ・マンザーネ来店】
エルネスト・バルビノットさん(右) 
 
オーナーの「エルネスト・バルビノットさん」をお招きしてティスティング・セミナーを開催しました。
セミナーでは約1時間、熱く語ってくれたエルネストさん。
その内容の一部をご紹介すると・・・
 
 
(1)リュット・レゾネについて
 
レ・マンザーネを語る上でどうしても外せないことがあります。
それは「リュット・レゾネ」と呼ばれる減農薬農法です。
 
レ・マンザーネは自社畑での葡萄栽培、自社での瓶詰めまで行うというだけではなく、前述のコネリアーノ醸造学校と共同で8年もの期間、共同研究を行い葡萄の栽培方法、特に減農薬農法に力を入れて来ました。
 
なぜ、完全なビオロジック(無農薬)をしないのか、という意見もありますが、これには理由があります。
 
ヴェネト州は雨が非常に多い地域で、葡萄の天敵「ベト病」が発生しやすい環境です。その為、ベト病の予防として農薬がどうしても必要になります。
 
ビオロジックの認定を受けるには、通常の農薬の使用は認められませんが、唯一「ボルドー液」と呼ばれる生石灰と硫酸銅を混ぜた薬剤は認められています。
 
プロセッコに使われるグレラ種その為、ビオロジックを語っている生産者(全ての生産者とは言いませんが)は、必然的にボルドー液の散布が非常に多くなります。葡萄は銅に対して比較的抵抗性があるそうですが、土壌中の銅濃度が高いと栽培ができない植物もあります。
 
余談ですが、ボルドー液は魚毒性も高く、琵琶湖を抱える滋賀県ではかなり以前からボルドー液の散布が禁止されているそうです。
 
というわけで、エルネスト氏は「大量のボルドー液」を使うビオロジックよりも「極少量の農薬」を使うリュット・レゾネを選んだ訳です。勿論必要な時にしか散布はしませんし、その際も畑に飛んでいる虫の種類・数をチェックして、薬を散布する量を決めます。
 
また、減農薬では少しは化学的な肥料は使っても良い事になっていますが、マンザーネでは基本的に有機系のものしか使わないというスタイルを貫いています。
「あくまでも、必用なこと以外はせずに、葡萄の状態を観察することが一番大切な事」
レ・マンザーネの高品質なプロセッコは畑におけるエルネスト氏のこれらの姿勢も表現されているんです。
 
 
プロセッコ(2)ボトリングの秘密
 
自社畑で丁寧に育てられた葡萄は8月末から9月上旬にかけ丁寧に収穫されたのち、ソフトプレスされ、5-7℃に冷却されます。その後、16-18℃で1次醗酵が行われ、ワインが造られます。
 
ここで、たいていのワインメーカーはすぐに2次醗酵に入るのですが、マンザーネでは全てをすぐに2次醗酵に掛けるわけではありません。
 
彼は出荷数に応じて2次醗酵を掛けます。
つまり、我々が注文してから2次発酵をかけるため、他のメーカーより大幅な日数がかかりますが、出荷に合わせて2次醗酵のタイミングを決めるので、常にフレッシュな味わいと、キメ細かい泡立ちが楽しめるんです。
 
 
(3)プロセッコD.O.C.G.
 
2009年ヴィンテージからコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ地域がDOCGへ昇格しました。
 
1962年に11の生産者によってコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ品質保護協会が設立され、1969年にはコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネがDOCに認定されました。
 
しかし当時はプロセッコに限らず、イタリアワインは「質より量」の時代。大手メーカーが買い集めた葡萄を機械的に醸造した大量生産型のワインが生産の多くを占めていました。
 
1990年代に入り、コネリアーノ/ヴァルドビアデーネ地域の生産者の中でもレ・マンザーネをはじめ少量生産ながら高品質のワイン造りに特化したカンティーナが現れ始めました。
 
生産者協会の熱心な取り組みもあり、いよいよ2010年にはコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネがDOCGに認定され、名実共に最高のプロセッコ産地としての地位を確立しました。
 
同時に、プロセッコの名称はDOC/ DOCGの名称としてのみ認められ、今までの品種名としてのプロセッコは使用できなくなり、「グレーラ」という名称を用いる事が義務付けられました
 
         ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
◆エルネスト氏から聞いたよもやま話
マンザーネの名刺 
◆シンボルマーク「白鳥」について
 
レ・マンザーネのシンボルマークは「白鳥」。なぜ白鳥なの?と聞いたところ・・・
 
その1:白鳥の優雅さと自分のワインの味わいを重ね合わせた
 
その2:白鳥は、畑の雑草を食べてくれる「益鳥」だから
 
 
◆自分のプロセッコ以外も飲んでくれ!
 
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネDOCG地域には、優れた生産者がいっぱいいる!だから、店頭に私のワインが無いからと言ってシャンパーニュ等を買わないで、是非ともDOCGプロセッコを飲んで欲しい。
 
おぉ、太っ腹っ!
 
いかにも地域を大事にするエルネストさんらしい言葉でした♪私〈Francesco〉も、今後もずっとレ・マンザーネを応援しますねっ!
                                        〈Francesco〉

 

 

 

 

 

 

 

スプリンゴ・ブロンズ リーヴェ・マンザーナ【白・発泡】 スプリンゴ・ブロンズ リーヴェ・マンザーナ 【白/発泡】
【会員価格】 2,980円
DOCGプロセッコ協会が新しく認定したをRIVE(リーヴェ)!リーヴェ・マンザーナ(スプリンゴ・ブロンズ ドライ)はひと口、もうひと口・・・と飲み終えるたびに優しい甘さが感じられるんです。
いえいえ、「甘さ」と言ってもお砂糖の甘さでなく、ヘルシーな果物の甘味、、、という表現の方がお分かりいただけるかもしれません。ふくよかさを楽しむために食前・食後のプロセッコとして楽しむのがおすすめです!

 

スプリンゴ・ブルー リーヴェ・フォルメニガ【白・発泡】 スプリンゴ・ブルー リーヴェ・フォルメニガ 【白/発泡】
【会員価格】 2,980円
DOCGプロセッコ協会が新しく認定したをRIVE(リーヴェ)!リーヴェ・フォルメニガ(スプリンゴ・ブルー ブリュット)は、キレを求めたシャープな辛口タイプ。スプリンゴ・ブロンズとアルコール度数は同じ(11.5%)ですが、スプリンゴ・ブルーにはほぼ甘味は無く、後口の爽快感を演出してくれるんです。キレ味鋭い味わいなので、食中酒として楽しむがおすすめです!

 

 20・10 プロセッコ・スペリオーレ 20・10 プロセッコ・スペリオーレ エクストラ・ドライ 【白/発泡】
【会員価格】 3,280円
DOCG昇格が実現した2010年を記念して名づけられたスペシャルな1本。レ・マンザーネが所有する畑の中でも最も良い条件の約2haの畑で収穫されるグレラ種のみで造られました。
葡萄は全て手積みで収穫。その葡萄も、大手生産者の様に最後の一滴まで搾り取るようなことはしません。あくまで柔らか~くソフトに搾り、その最初に搾った葡萄果汁しか使いません。

 

レ・マンザーネ プロセッコDOCG  プロセッコ/コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ:スペリオーレ 【白/発泡】
【会員価格】 2,480円
泡・香りもちろんですが、レ・マンザーネの真の魅力は“味わい”。柑橘類の芳醇な味わいから始まり、所々できれいな酸が現われます。つまり、口に入れるとシュワシュワッとした泡だちと酸が一体となって現われるんです。
とっても爽快感がありますし、なによりも食事と合わせやすい!イタリアンであろうが、和食であろうが、たいていの料理を受け入れてくれる懐(ふところ)の深さがあります。

 

ロゼオ  ロゼオ/スプマンテ ロゼ 【ロゼ/発泡】
【会員価格】 2,480円
見た目や香りからは“甘さ”を連想させますが、実際は“ドライ”なんです!口当たりにピリピリ感を感じる泡ではなく、最後まで柔らかい泡が魅力的です。ワインには食欲をそそるきれいな酸も感じられますので、当然ですが“食中酒”に最適!
イタリアンであろうが、和食であろうが、たいていの料理を受け入れてくれる懐(ふところ)の深さがこのロゼ・スプマンテあります。

  

バルビノット プロセッコ・スプマンテ【白・発泡】  バルビノット/プロセッコ・スプマンテ Brut 【白/発泡】
【会員価格】 1,780円
グラスに注ぐなり現れる繊細できれいな泡立ちは申し分ありません。その泡の間から立ち昇る白い花や、青りんごを思わせるフルーティな香り、最後に洋ナシの香りも感じます。全体の印象として、とっても爽快感がありますし、なによりも食事と合わせやすい!イタリアンであろうが、和食であろうが、たいていの料理を受け入れてくれる懐(ふところ)の深さがあります。

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください

 

 

 

 

 

 

 

2011年2月20日
エルネスト・バルビノットさん来店ティスティング・セミナー

 セミナーの模様

通訳はもちろんジョバンナさんです

エルネスト・バルビノットさん 

質問に真剣に聞き入るエルネストさん

 試飲会の模様

試飲タイム!もちろんフリーです

「闘うワイン商」川頭氏も参戦! 

「闘うワイン商」川頭氏も参戦してくれました!

 人気のロゼ!

女性に大好評だったロゼ!

同行のマルコ氏と何か見つけた? 

同行のマルコ氏と。何かみつけたの?

 サイン中のエルネストさん

気軽にサインに応じるエルネストさん

ラインナップ 

フォッソ・コルノとのコラボセミナーでした

エルネストさんの名刺 

マンザーネの名刺、お洒落!

日本家屋でくつろぐ二人 

日本家屋でくつろぐマルコさんとエルネストさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

バンフィ(トスカーナ州)

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

サンドロ・ファイ(ロンバルディア州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

ベルターニ(ヴェネト州)

サンファビアーノ・カルチナイア(トスカーナ州)

サリクッティ(トスカーナ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ