ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

オーガニックなワインならこちらから

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

キアラ・アウローラ【白】

2021年産ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ【白】

2016マルケーゼ・ディ・ヴィッラマリーナ【赤】

本格樽熟成サルデーニャ【赤】

テッレ・ビアンケCuvee161【白】

ラ・セルヴァネッラ【赤】

ヴィッラ・スパリーナ ガヴィ【白】

ピコ・マッカリオ ラヴィニョーネ【赤】

ピコ・マッカリオ エストローザ【白】

ピコ・マッカリオ ドルチェヴィータ【白・微発泡】

ヴィノ・ファンキー・ロザート:フリッツァンテ【ロゼ・微発泡】

セレオーレ ソアヴェ【白】

2015 ファルキーニ カンポラ【赤】

2021年産ロダーノ・ロッソ【赤】

2022年産ロダーノ・ビアンコ【白】

バルバレスコ・ヌビオーラ【赤】

2019年産マリア・ジョアーナ【赤】

ルエッタ フィアーノ【白】

2023年リリース!ステッラさんのモンタルチーノ

ブルガリ創業家によるトスカーナ赤ワイン

ブルガリ創業家によるトスカーナ白ワイン

新しい未来の味わい オレンジワイン

クインターナ ロッソ・ピチェーノ:スペリオーレ【赤】

オルマンニ トスカーナ・ビアンコ【白】

ヴェネトの至宝クストーザ

ラ・スピネッタ デルトーナ・ティモラッソ【白】

ワイン・グローリアス限定輸入ワイン ディ・レナルド

ディ・レナルド サンクス【白】

モンテ・チェリアーニ ソアヴェ【白】

カンティーネ・ペッレグリーノ カルディッラ【赤】

伝統蔵が醸す赤ワイン ~ビジ~

伝統蔵が醸す白ワイン ~ビジ~

ラ・カッライアの樽熟成【赤】

ブルゴーニュファンも納得のイタリア産ピノ・ネロ

デルテット エンネ ロゼ・ド・ノワール【ロゼ・発泡】

ブライダ ラ・レジーナ【白】

エンツォ・ボリエッティ ランゲ・シャルドネ【白】

新進気鋭のマレンマワイン ~ポッジョ・アルジェンティエラ~

トスカーナ南部産ヴェルメンティーノ【白】

ディ・レナルド ゴシップ・ラマート【白】

モンテ・デル・フラ ヴァルポリチェッラ・クラシコ【赤】

ポッジョ・レ・ヴォルピ ローマ【白】【ロゼ】

2017年産スポンサ・ヴェロネーゼ【赤】

モアール サンタマッダレーナ・クラシコ【赤】

2017 オルゾラーニ〈キュヴェ・トラディツィオーネ・カルーゾ・スプマンテ〉【白・発泡】

2017 ヴィッラ・スパリーナ〈メトド・クラシコ・ブリュット:ブラン・ド・ブラン〉【白・発泡】

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

コル・ドルチャ ネアルコ【赤】

オルスス ペコリーノ【白】

モングラーナ マレンマ・ビアンコ【白】

ディ・レナルド ロンコ・ノーレ【赤】

スペーラ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ【白】

フォンテ・デル・レ【赤】

ニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ【赤】

薔薇の香りを持つ赤ワイン ~ルカ・フェラリス~

2011~2014年産カポガット【赤】

秘蔵ヴィエ・ディ・ロマンス「ドゥッ・トゥン」【白】

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

イタリア

  • 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品
商品コード: 964

2013 ダル・フォルノ・ロマーノ〈ヴィニェート・ディ・モンテ・ロドレッタ/アマローネ〉【赤】

販売価格(税込10%): 43,300 円
輸入元希望価格(税込10%): 49,500 円
在庫数: 売切れ
関連カテゴリ:

イタリア > ヴェネト州

申し訳ございませんが、只今売切れ中です。

商品おすすめポイント

アマローネの最高傑作!

「アマローネりの神様」とまで言われるダル・フォルノ・ロマーノのとっておき逸品です

 

 

【ソムリエ〈Francesco〉コメント】

陰干し中の葡萄

 

イタリア・ヴェネト州で造られる伝統ワイン「アマローネ」。

 

収穫した葡萄を3ヶ月~6ヶ月もの間「陰干し」してから醸造が始まるこのワインは、非常に手間と時間と細心の注意が要求されるワインなんです。

 

 ◆写真で見るアマローネ製法◆ ⇒ こちら!

 

葡萄を収穫してから最低でも2~6年後に、ようやくワインは瓶詰めされ、さらに瓶の中で年を追うごとに熟成を重ねます。

 

こうして丹念に熟成されたワインは、コルクを抜くと気品に満ち、力強さと優美さを加えた華麗なワインが出現します。

 

これは、他の追随を許さない恵まれた環境、伝統に裏打ちされた職人芸の賜物に他ならないワインなんです。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

〔おすすめのアマローネ〕

ダル・フォルノ・ロマーノ氏 

色々な造り手がそれぞれの個性を表現しようと、数多くのアマローネ銘柄が造られます。

 

どれも素晴らしいものが多く、いったいどれをおすすめしようか。。。と迷うこともありますが、

〈Francesco〉がここでご紹介するアマローネの造り手は・・・

 

  ★☆★ ダル・フォルノ・ロマーノ ★☆★

         Dal Forno Romano

 

ダル・フォルノ・ロマーノの大きな特長は・・・

 

(1)徹底した選果と陰干し(90~100日間)

 

一粒一粒、まるで真珠を選別するように仕分けられた“最高の葡萄実”のみを使用。

そして、その葡萄を陰干しすることにより、葡萄の水分は30~40%以上が蒸発します。

なので、搾る時にはほんのわずかの果汁だけになってしまします。

 

それによって醸されるワインのアルコール度数は17%!!

ワインというより、芸術品 といった方が適切かもしれません。

 

(2)葡萄木の細かい剪定(せんてい)

 

葡萄の実が木に成っている時に、風通しを良くし、日当たりを確保するために、いらない実、葉、枝をどんどん剪定してしまいます。

1本の葡萄木には3~5房。。。(+_+)

収穫も手摘みなので、ワインを醸造する前から恐ろしいほど手間をかけています。

 

(3)長期の熟成

 

バリック樽(=225L)での熟成36ヶ月 ⇒ 瓶に詰め替えて更に24ヶ月以上熟成

 

結果的に、最低5年経たないと、その姿は世に現われません。

 

ヴィニェート・ディ・モンテ・ロドレッタ/アマローネ【赤】その様にして醸された アマローネの最高傑作 とも言うべきワインがこちらです。

 

◆2013  ヴィニェート・ディ・モンテ・ロドレッタ/アマローネ

     *Vigneto di Monte Lodoletta/Amarone*

 

今やアマローネというカテゴリーだけでなく、世界に誇るイタリアワインとしても評価が高い赤ワイン「ヴィニェート・ディ・モンテ・ロドレッタ」。

 

さて、このワインの味わいですが、、、

 

既に実店舗で行ったお客様とアマローネ比較ティスティング会でも試飲しました。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ヴィンテージは2013年。

ヴァルポリチェッラ地域入り口のサイン

カンティーナにとって、“申し分のないヴィンテージ”!

 

でも、アマローネって、飲み頃までに相当時間がかかる、、、

ご存知の方ならそう思われるかもしれません。

 

でも、このワインなら 「絶対に買い!」

 

なぜなら、「徹底した選果」を身上とするダル・フォルノ・ロマーノならではの、ハイクオリティな品質が保証されているうえに、自らが最高というほどなんですから!

 

飲み頃になってから買おうとしても、ダルフォルノのアマローネは手に入りませんよ!

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

さて、ティスティングした感想は・・・

 アマローネのテイスティング

17%というアルコール度数を考慮して、抜栓は1日前(24時間前)に行いました。

 

グラスに注ぐ段階で、煮詰めたような濃厚な・・・ジャムや干し葡萄のエッセンスを感じさせる香り、

 

それを写し込んだようなフルボディで強烈な口当たり!

 

でも、勘違いして欲しくないのは、このワインが持つエレガントさです。

 

「フルボディで強烈なインパクト」と表現してしまうと、ニューワールド系ワインによくある「ガッツンタイプ」の濃いだけのワインを連想させてしまいますが、

 

ヴィニェート・ディ・モンテ・ロドレッタは、濃さの後に優しい酸とコクが口の中を支配します。

 

余韻はあくまでエレガントで、飲む者を魅了します。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

1日前に抜栓しましたが、すぐに飲みたい・・・という場合は、デカンタージュをお勧めします。

 ダル・フォルノ・ロマーノ

また、当日、そして翌日・・・と、ワインは姿を変えながらも、その王者の風格は衰えるところを知りませんので、

ゆ~っくり楽しまれたい場合は、デカンタージュ無しでお楽しみ下さい。

 

確かに、今飲んでしまうのはもったいないかもしれない。。。

でも、今飲んでこそ、このワインの将来を想像できると思います。

 

強烈で濃い、でもエレガント。

そんな アマローネの最高傑作 を楽しんでみませんか!

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ダル・フォルノ・ロマーノイタリアでは、「アマローネの神様」とまで言われるダル・フォルノ・ロマーノ。

 

『ダル・フォルノ・ロマーノの様なワインが造りたい!』と彼に教えを請う醸造家も多いと聞きます。

 

価格だけをみてしまうと、「高すぎる!」と思える価格も、味わえば当然と思ってしまう、、、

飲み手を納得させる“力”がこのワインには備わっています。

 

イギリスのワイン・ライター:ヒュー・ジョンソン氏もこう表現しています。

 

>>> 完全主義者の栽培業者の手になる

   極めて高品質のヴァルポリチェッラ。

    最良のものだけがボトルに詰められる。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【産地】イタリア ヴェネト州

【生産者】ダル・フォルノ・ロマーノ
【タイプ】赤ワイン/フルボディ
【葡萄品種】コルヴィーナ(コルヴィーナ・グロッソ含む)60%、ロンディネッラ20%、クロアティーナ10%、オゼレータ10%
【容量】750ml

【アルコール度数】 16.5%
【料理との相性】色々なお肉の料理(特にジビエ)

 

【写真で見るアマローネ製法】 ⇒ こちら!

 

 

 

その他の商品画像を見る

画像をクリックすると拡大表示されます。

その他のおすすめ商品

この商品に対するお客様の声

チェザリーニ・サルトーリ~ウンブリア州~

ポデルヌオーヴォ~トスカーナ州~

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

ケットマイヤー(アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

デルテット~ピエモンテ州~

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

ポッジョ・アルジェンティエラ

バローネ・ディ・ヴァルフォルテ ~アブルッツォ州~

レ・バッティステッレ ~ヴェネト州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

シリオ ~シチリア島エトナ~

アゼリア ~ピエモンテ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ