ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

オーガニックなワインならこちらから

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

ステッラさんのロッソ・ディ・モンタルチーノ

ディ・レナルド サンクス【白】

2017 オルゾラーニ〈キュヴェ・トラディツィオーネ・カルーゾ・スプマンテ〉【白・発泡】

2017 ヴィッラ・スパリーナ〈メトド・クラシコ・ブリュット:ブラン・ド・ブラン〉【白・発泡】

マルティノッツィのモンタルチーノ【赤】

ピエーヴェ・ヴェッキア【白】

ファルキーニ カンポラ【赤】

コル・ドルチャ ネアルコ【赤】

ケットマイヤー ピノ・ネロ【赤】

ラ・ルスティア エルバルーチェ・ディ・カルーゾ【白】

2016年産 ムステラ バルバレスコ・カルミコ【赤】

オルスス ペコリーノ【白】

ディ・レナルド ゴシップ・ラマート【白】

フェッロチント ペコレッロ

バローネ・コルナッキア マチェラート【白・オレンジ系】

モングラーナ マレンマ・ロッソ【赤】

モングラーナ マレンマ・ビアンコ【白】

セッコ・ベルターニ ヴィンテージ・エディション【赤】

ワイン・グローリアス限定輸入!ディ・レナルド

ワイン・グローリアス限定輸入!ディ・レナルド

ディ・レナルド ロンコ・ノーレ【赤】

エンネ ロゼ・ド・ノワール【ロゼ・発泡】

モンテ・ロッサ フランチャコルタ【白・発泡】

スペーラ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ【白】

フォンテ・デル・レ【赤】

サルデーニャ島から「ヤンナ・デ・マーレ」【赤】

サルデーニャ島から「ヤンナ・デ・マーレ」【白】

フェウディ・ディ・ロマンス フィズィ【白】

ヴィエッティ トレ・ヴィーニェ【赤】

モッカガッタ ドルチェット・ダルバ【赤】

エンツォ・ボリエッティ ドルチェット・ダルバ【赤】

ニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ【赤】

2017年産スポンサ・ヴェロネーゼ【赤】

薔薇の香りを持つ赤ワイン ~ルカ・フェラリス~

天才エノロゴが作るフルボディ【赤】

2011~2014年産カポガット【赤】

秘蔵ヴィエ・ディ・ロマンス「ドゥッ・トゥン」【白】

熟成古酒!ヴィエ・ディ・ロマンス

レ・マルスーレ レフォスコ【赤】

カジュアルで美味いレ・マルスーレ【白】

2016年産ケットマイヤー・シャルドネ【白】

カニカッティ アクイラ シャルドネ&グリッロ【白】

フォッソ・コルノ ゼレジモ【赤】

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

エレガントなピエモンテ・ネッビオーロ

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

フォッソ・コルノ オルスス

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

 

 

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

イタリア

  • オススメ
  • 限定品
商品コード: 115

2010 コントラット〈ノヴェチェント・スプマンテ/パ・ドゼ〉【白・発泡】

販売価格(税込10%): 5,680 円
輸入元希望価格(税込10%): 7,494 円
在庫数: 残り:3本
数  量

カゴに入れる

商品おすすめポイント

WEB会員様限定企画

通常会員価格:6,480円 ⇒⇒⇒ ログイン後に表示

★販売期間:販売予定数量に達し次第に終了します★

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

瓶熟成100ヶ月以上!

1900年代をオマージュした本格シャンパン製法スプマンテ

 

 

 

【ソムリエ〈Francesco〉コメント】

 カネッリの地下大聖堂

メトード・クラシコ(Metodo-Ciassico)。

 

1本1本個別に、丁寧に醸されるスプマンテの総称で、日本語では「瓶内二次発酵法」、いわゆるシャンパン製法で醸されたことを示します。

 

イタリアでは、、、

 

※ロンバルディア州 フランチャコルタ地域

 ◇フェルゲッティーナ ◇モンテ・ロッサ

 

※ロンバルディア州 オルトレポ・パヴェーゼ地域

 ◇テヌーテ・トナリーニ

 

※トレンティーノ・アルト・アディジェ州 トレント地域

 ◇ロータリ

 

が特にメトード・クラシコ・スプマンテの銘醸地として知られます。

 

でも、このメトード・クラシコ・スプマンテをイタリアで最初に作ったカンティーナのことは、、、ほとんど知られていません。

 

そのカンティーナこそ「コントラット社」です。

 

コントラット社は創業1867年。

同社には地下32メートルの深さに大理石をくりぬいて作られた5000平方メートルもの広さのセラーがあり、その名も 「カネッリの地下大聖堂」!。

 

年間を通じて12~13度に保たれ、メトード・クラシコの熟成に最適な環境が備えられています。

 

そこで!

当店では、この地下大聖堂からリリースされたスプマンテをご紹介します。

 

ノヴェチェント・スプマンテ パ・ドゼ【白・発泡】◇2010 ノヴェチェント・スプマンテ/パ・ドゼ

      *Novecento Spumante/Pas Dose*

 

作り手名は「コントラット」ですが、2007年、、、

 

自身も大変なシャンパーニュの愛好家であるラ・スピネッタ社のエノロゴ(醸造家)、ジョルジョ・リヴェッティさんがコントラット社のスプマンテ作りに参画。

 

2011年にはラ・スピネッタ社がコントラット社を取得。

 

名門の長い歴史に新たな1ページが刻まれ、ますます注目を集めています。

(瓶のバックシール部分とストッパーに、スピネッタのサイの絵があしらわれています)

 

ちなみに「ノヴェチェント」とは、イタリア語で「1900年代」の意味があります。

 

この1900年代、具体的には第二次世界大戦後の1947年から2005年にかけてコントラットで作られていたキュヴェ(当時はブリュット)へのオマージュとして現代によみがえったワインであることから名づけられました。

 

その味わいとは・・・

 

【パ・ドゼについて】

多くのスパークリングワインは二次発酵の際、少量のリキュールを加えて糖分を補い(=ドザージュ)、甘口~辛口までの味わい調整をします。

でもドザージュを行わないワインは「ノン・ドザージュ=パ・ドゼ」と言って、味わいは極めて甘みの少ないドライなものになるとされています。

※類似表現:ブリュット・ナチュール、パ・ドゼ、ドザージュ・ゼロ、ノン・ドゼ等

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【ノヴェチェント誕生秘話】

 

ジョルジョ・リヴェッティさんピノ・ネロ70%、シャルドネ30%と、コントラット社のスタンダードキュヴェであるミッレジマートと似たセパージュですが、シャルドネが10%多くなっています。

 

オーナー&エノロゴのジョルジョ・リヴェッティ氏が2011年にこのキュヴェをブレンドした際・・・

 

シャルドネを10%増やすことでさらに果実味を増すことができるのではないかと、実験的にブレンド。

 

さらにミッレジマートよりも長期の熟成を目指し、シャンパーニュのトップキュヴェとも比肩しうるほどの7年間の瓶内熟成を行いました。

 

2019年2月にデゴルジュマンしたところ、結果は素晴らしいものでした。

 

際立ったフレッシュ感、ミネラル、果実味を持ち、コントラットのワインが素晴らしい熟成能力を持つことを証明しました。

 

葡萄本来の質の高さにより、パ・ドゼでも完璧なバランスを実現しています。

 

ラベルの女性は、オリジナルのキュヴェが造られていた1900年代半ばの、幸福で、積極的に自由を楽しむ女性像をイメージしています。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ノヴェチェント・スプマンテ パ・ドゼのテイスティング(クリック⇒拡大します)グラスに注がれたワインからは、麦わら色を帯びたレモンイエローの色合いが見てとれます。

 

グラスからは細かい泡が絶え間なく立ち昇り、

 

その泡の間からはチョークや白い花、ミント、レモンピールなどが層を成す複雑な香りを感じます。

 

10年以上熟成したものに多く感じられる「老ねた香り」は無く、これだけの年数を経ても経てもなお、驚くほどのフレッシュさを保っています。

 

そしてひと口。

口中に広がるしっかりとした泡感。

 

パ・ドゼなので、さぞかしキリッキリのドライな風味では・・・と想像していましたが、いざテイストしてみると・・・

 

しっかりとした果実感やミネラル感も持っていますので、飲み応えある味わいもポイントです。

 

また、ピュアで長く続く余韻もノヴェチェントの魅力です。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【余談】

 

当店でティスティングするリヴェッティさんこのワインを作るリヴェッティさんは、私たちとのティスティングでこう仰っていました。

 

ヴィンテージの入ったシャンパン(=ミレジム)なら1万円、、、2万円、、、それ以上・・・が相場になるが、

コントラットのスプマンテは、それらと変わらない、、、

いや、それ以上のパフォーマンスを持ちながらも価格は安い!

 

個人的には

 

>>> 魚介類はもちろん、バターやチーズ、クリーム系の料理

 

と合わせると抜群の相性があると思っています。

 

もちろん、このスプマンテのみでゆっくり飲まれるのもOK!

 

是非、希少な1本をお楽しみ下さい。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【余談】

瓶底のマーク

 

お時間があればコントラット社のスプマンテに使われる瓶の底をご覧ください。

 

右写真の様にペンキで線が引かれています。

 

これは、専門の職人さんが毎日手作業で1/8づつ瓶を回転(=ルミュアージュ=動瓶)させるために付けられた印で、、、

(右画像をクリックすると状況が確認できます)

 

約4週間かけて行われます。

 

これは、オリ引き前の重要な作業で、この作業があるからこそ、あの泡感が産まれる・・・といっても過言ではありません。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【産地】イタリア ピエモンテ州
【生産者】コントラット
【タイプ】白ワイン・発泡/辛口
【葡萄品種】ピノ・ネロ70% シャルドネ30%
【容量】750ml
【アルコール度数】 12.5%

【瓶熟成】100ヶ月以上

【料理との相性】お好みの料理に合わせて

 

【カンティーナの詳細はこちら】 ⇒ コントラット(ラ・スピネッタ)

 

【注】会員価格はログイン後に表示されます

  ※会員ご登録は 「こちら」 から

 

 

 

 

 

 

数  量

カゴに入れる

その他の商品画像を見る

画像をクリックすると拡大表示されます。

その他のおすすめ商品

この商品に対するお客様の声

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

デルテット~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

アゼリア ~ピエモンテ州~

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ