ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

オーガニックなワインならこちらから

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

キアラ・アウローラ【白】

2021年産ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ【白】

2016マルケーゼ・ディ・ヴィッラマリーナ【赤】

本格樽熟成サルデーニャ【赤】

テッレ・ビアンケCuvee161【白】

ラ・セルヴァネッラ【赤】

ヴィッラ・スパリーナ ガヴィ【白】

ピコ・マッカリオ ラヴィニョーネ【赤】

ピコ・マッカリオ エストローザ【白】

ピコ・マッカリオ ドルチェヴィータ【白・微発泡】

ヴィノ・ファンキー・ロザート:フリッツァンテ【ロゼ・微発泡】

セレオーレ ソアヴェ【白】

2015 ファルキーニ カンポラ【赤】

2021年産ロダーノ・ロッソ【赤】

2022年産ロダーノ・ビアンコ【白】

バルバレスコ・ヌビオーラ【赤】

2019年産マリア・ジョアーナ【赤】

ルエッタ フィアーノ【白】

2023年リリース!ステッラさんのモンタルチーノ

ブルガリ創業家によるトスカーナ赤ワイン

ブルガリ創業家によるトスカーナ白ワイン

新しい未来の味わい オレンジワイン

クインターナ ロッソ・ピチェーノ:スペリオーレ【赤】

オルマンニ トスカーナ・ビアンコ【白】

ヴェネトの至宝クストーザ

ラ・スピネッタ デルトーナ・ティモラッソ【白】

ワイン・グローリアス限定輸入ワイン ディ・レナルド

ディ・レナルド サンクス【白】

モンテ・チェリアーニ ソアヴェ【白】

カンティーネ・ペッレグリーノ カルディッラ【赤】

伝統蔵が醸す赤ワイン ~ビジ~

伝統蔵が醸す白ワイン ~ビジ~

ラ・カッライアの樽熟成【赤】

ブルゴーニュファンも納得のイタリア産ピノ・ネロ

デルテット エンネ ロゼ・ド・ノワール【ロゼ・発泡】

ブライダ ラ・レジーナ【白】

エンツォ・ボリエッティ ランゲ・シャルドネ【白】

新進気鋭のマレンマワイン ~ポッジョ・アルジェンティエラ~

トスカーナ南部産ヴェルメンティーノ【白】

ディ・レナルド ゴシップ・ラマート【白】

モンテ・デル・フラ ヴァルポリチェッラ・クラシコ【赤】

ポッジョ・レ・ヴォルピ ローマ【白】【ロゼ】

2017年産スポンサ・ヴェロネーゼ【赤】

モアール サンタマッダレーナ・クラシコ【赤】

2017 オルゾラーニ〈キュヴェ・トラディツィオーネ・カルーゾ・スプマンテ〉【白・発泡】

2017 ヴィッラ・スパリーナ〈メトド・クラシコ・ブリュット:ブラン・ド・ブラン〉【白・発泡】

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

コル・ドルチャ ネアルコ【赤】

オルスス ペコリーノ【白】

モングラーナ マレンマ・ビアンコ【白】

ディ・レナルド ロンコ・ノーレ【赤】

スペーラ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ【白】

フォンテ・デル・レ【赤】

ニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ【赤】

薔薇の香りを持つ赤ワイン ~ルカ・フェラリス~

2011~2014年産カポガット【赤】

秘蔵ヴィエ・ディ・ロマンス「ドゥッ・トゥン」【白】

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

イタリア

  • オススメ
  • 限定品
商品コード: 520

2020 ヴィエ・ディ・ロマンス〈デッシミス/ピノ・グリージョ〉【白】

販売価格(税込10%): 5,790 円
輸入元希望価格(税込10%): 6,930 円
在庫数: 残り:3本
数  量

カゴに入れる

商品おすすめポイント

ヴィエ・ディ・ロマンス ~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

 

【落ち着いた風味の2020年産】

淡いピンクに輝く【白】ワイン「デッシミス」

 

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

 

【ソムリエ〈Francesco〉コメント】

 

ピノ・グリージョ=Pinot-Grigio。

 

イタリア、特に北部フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州を中心に栽培される葡萄品種です。

 

この葡萄の特徴は、成熟すると皮の色がピンクに近づくこと

 

そして、完熟し過ぎると葡萄の持つ酸が急速に失われることでしょう。

 

このため、この葡萄を栽培するカンティーナの多くは、早めの収穫で対応しますが、、、

 

ギリギリの点を見切って栽培・収穫・醸造されるワインが1つあります。

 

デッシミス/ピノ・グリージョ【白】

◇2020 デッシミス/ピノ・グリージョ

     *Dessimis/Pinot-Grigio*

 

作り手は「ヴィエ・ディ・ロマンス」。

 

デッシミスはオーク樽を使って発酵・熟成される白ワインですが、ここにヴィエ・ディ・ロマンスのこだわりが見え隠れします。

 

その理由は樽使い!

 

使われるオーク樽は新樽が20%、2年目の樽、3年目の樽80%の使用比率10ヶ月熟成されます。

 

これは・・・

 

※過度に樽の香りをつけない

※でも、樽の風味を生かす

 

という、手間を惜しまず、時間と労力がかけられたワインなんです。

 

このデッシミスを飲んだなら、今までのピノ・グリージョのイメージが変わってしまうこと間違いなしです!

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

デッシミスのテイスティング(クリック⇒拡大します)当店では2004年産よりこのワインを扱いますが、毎年毎年、微妙に変わる=ヴィンテージが反映された味わい に驚かされ、また、新たな感動をもたらしてくれます。

 

この「微妙な風味」については、なかなか説明が難しく、文字で表すことが困難ですが、、、

この樽熟成デッシミスについて言えることは・・・

 

★淡いピンク色に輝く色合い★

 

抜栓直後、注がれたグラスには、白ワイン・・・というより、ブラッシュ(白とロゼの中間)の色合いが目に飛び込みます。

 

おそらく、初めてこのワインを飲まれる方にとっては、

 

※間違ってロゼ(或いはブラッシュ)を開けてしまった

 

と勘違いされるかもしれません。

 

でも、デッシミスはあくまで【白】ワインなんです。

(現地では「ラマートワイン=赤銅色ワイン」と呼ばれることがあります)

 

グラスからは白桃やリンゴ・・・といったフルーツの香りがたっぷりと薫ります。

 

この香りからは、オーク樽が使われた印象はありません。

 

また白ワインですが、皮の色の影響なのが若干のタンニン(渋味成分)も感じます。

 

でも、味わいはふくよか!

丸味のある果実味とこのタンニン、そして酸とのハーモニーが絶妙で、余韻にも濃厚感が残るんです。

 

これだけ複雑味を感じさせる理由は、葡萄のポテンシャルの高さに加え、ジャンフランコさんこだわりの「3種のオーク樽(1~3年樽)」が絡んでいるように思います。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

〔ヴィエ・ディ・ロマンスを美味しく飲むコツ〕

 ジャンフランコ・ガッロさん

私〈Francesco〉のテイスティングコメントは、抜栓した翌日をメインに書き上げます。

この理由は・・・

 

(1)抜栓直後は、どのヴィエ・ディ・ロマンスも風味の差を感じないため

(2)抜栓翌日以降になると、葡萄品種の特徴がよく現れるため

 

なんです。

 

ただ、2020年産は抜栓直後からでも楽しめるタイプですが、せっかくの銘酒を更に美味しく召し上がっていただくためにも・・・

 

1~2時間前に抜栓すると、ワンランクアップした「デッシミス」らしい香り・コク・余韻を楽しんでいただけます。

 

またもうひとつのポイントは・・・

 

※極端に冷やしすぎない

 

アバウトな言い方ですが、瓶に触ってほんのり冷たい感触、、、

 

温度で言うと 15度くらい がヴィエ・ディ・ロマンスを美味しさを味わっていただけるものと思ってます。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ジャンフランコさん(右)次男マッテオ君(中央)〔注1:液面の高さについて〕

 

ジャンフランコ氏の信念で、どのヴィエ・ディ・ロマンスも、瓶内の空気を極力減らす(=酸化を出来るだけ防ぐ)ため、他社のワインに比べてコルク下いっぱいまでワインが詰められています。

 

その為、ちょっとした温度変化でも ワインが液漏れする場合 があります。

 

出来ましたら、セラーや涼しくて暗い場所etc.に保存してください。

 

〔注2:キャップシールについて〕

 

ヴィエ・ディ・ロマンスのキャップシールは、非常に強固なものが使われています。

 

ナイフ等でキャップシールを切り取る際、その切り口で指等を傷つけないようにご注意下さい。

 

また、コルク栓も5センチと長めですので、抜栓の際はお気をつけください。

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

 〔ワイン名について〕

ヴィエ・ディ・ロマンスの葡萄畑

 

葡萄畑の名前に由来します。

「デッシミス」とは、オーストリア王国時代の「税金」を意味する言葉です。

 

聞くところによると、当時は10分の1を年貢として収めたそうで、

10分の1=decima のフリウリ方言から名付けられたそうです。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【ワインのコルク栓について】

 

デッシミスに使われるコルク栓(クリック⇒拡大します)このワインに使われるコルク栓の長さは約5センチ

 

通常よりも長めのコルク栓が使われていますので、抜栓の際は

 

※ゆっくりとスクリューを差し込み

※じっくりと引き上げてください。

 

スクリューの差込みが足らなかったり、急いで引き上げた際はコルク栓が途中で折れてしまう場合がございます。

 

お気をつけくださいね!

 

 ※ワインFAQ ⇒ コルクの状態について

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【産地】イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

           (フリウリ・イソンツォ地域)

【生産者】ヴィエ・ディ・ロマンス
【タイプ】白ワイン/辛口タイプ
【葡萄品種】ピノ・グリージョ100%
【容量】750ml
【アルコール度数】 14.5%
【料理との相性】各種肉料理、魚介類を使う料理 etc.

 

【カンティーナの詳細】 ⇒ ヴィエ・ディ・ロマンス

 

 

 

 

 

数  量

カゴに入れる

その他の商品画像を見る

画像をクリックすると拡大表示されます。

その他のおすすめ商品

この商品に対するお客様の声

チェザリーニ・サルトーリ~ウンブリア州~

ポデルヌオーヴォ~トスカーナ州~

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

ケットマイヤー(アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

デルテット~ピエモンテ州~

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

ポッジョ・アルジェンティエラ

バローネ・ディ・ヴァルフォルテ ~アブルッツォ州~

レ・バッティステッレ ~ヴェネト州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

シリオ ~シチリア島エトナ~

アゼリア ~ピエモンテ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ