ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

オーガニックなワインならこちらから

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

ロゼで乾杯!大人のひな祭り

ホワイトデー ~2024年3月14日(火曜日)~

2021年産ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ【白】

ヴィノ・ファンキー・ロザート:フリッツァンテ【ロゼ・微発泡】

アウトレットワインあります!

ヴィオランテ カステル・デル・モンテ【赤】

セレオーレ ソアヴェ【白】

2015 ファルキーニ カンポラ【赤】

2021年産ロダーノ・ロッソ【赤】

2022年産ロダーノ・ビアンコ【白】

バルバレスコ・ヌビオーラ【赤】

2019年産マリア・ジョアーナ【赤】

ルエッタ フィアーノ【白】

2023年リリース!ステッラさんのモンタルチーノ

ブルガリ創業家によるトスカーナ赤ワイン

ブルガリ創業家によるトスカーナ白ワイン

新しい未来の味わい オレンジワイン

クインターナ ロッソ・ピチェーノ:スペリオーレ【赤】

オルマンニ トスカーナ・ビアンコ【白】

レ・マンザーネのスティルワイン

ヴェネトの至宝クストーザ

ラ・スピネッタ デルトーナ・ティモラッソ【白】

ワイン・グローリアス限定輸入ワイン ディ・レナルド

ディ・レナルド サンクス【白】

モンテ・チェリアーニ ソアヴェ【白】

カンティーネ・ペッレグリーノ カルディッラ【赤】

伝統蔵が醸す赤ワイン ~ビジ~

伝統蔵が醸す白ワイン ~ビジ~

ラ・カッライアの樽熟成【赤】

ブルゴーニュファンも納得のイタリア産ピノ・ネロ

クレメンテ・セッテ キャンティ・クラシコ【赤】

デルテット エンネ ロゼ・ド・ノワール【ロゼ・発泡】

エレガントなデルテットの赤ワイン

ブライダ ラ・レジーナ【白】

エンツォ・ボリエッティ ランゲ・シャルドネ【白】

新進気鋭のマレンマワイン ~ポッジョ・アルジェンティエラ~

トスカーナ南部産ヴェルメンティーノ【白】

レ・マンフレディ バジリカータ・ビアンコ【白】

テレザ・ライツ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ【赤】

ディ・レナルド ゴシップ・ラマート【白】

モンテ・デル・フラ ヴァルポリチェッラ・クラシコ【赤】

ポッジョ・レ・ヴォルピ ローマ【白】【ロゼ】

2017年産スポンサ・ヴェロネーゼ【赤】

モアール サンタマッダレーナ・クラシコ【赤】

ボルツァーノ ローザ【ロゼ】

2017 オルゾラーニ〈キュヴェ・トラディツィオーネ・カルーゾ・スプマンテ〉【白・発泡】

2017 ヴィッラ・スパリーナ〈メトド・クラシコ・ブリュット:ブラン・ド・ブラン〉【白・発泡】

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

マルティノッツィのモンタルチーノ【赤】

コル・ドルチャ ネアルコ【赤】

オルスス ペコリーノ【白】

モングラーナ マレンマ・ビアンコ【白】

ディ・レナルド ロンコ・ノーレ【赤】

スペーラ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ【白】

フォンテ・デル・レ【赤】

ニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ【赤】

薔薇の香りを持つ赤ワイン ~ルカ・フェラリス~

2011~2014年産カポガット【赤】

秘蔵ヴィエ・ディ・ロマンス「ドゥッ・トゥン」【白】

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

 

 

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

イタリア

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
商品コード: 703

2017 ペリッセロ〈バルバレスコ・ヌビオーラ〉【赤】

販売価格(税込10%): 6,580 円
輸入元希望価格(税込10%): 7,480 円
在庫数: 残り:5本
関連カテゴリ:

イタリア > ピエモンテ州

数  量

カゴに入れる

商品おすすめポイント

今から楽しめるピエモンテの逸品

適切に熟成しているバルバレスコ

 

 

ピエモンテ州【ソムリエ〈Francesco〉コメント】

 

ピエモンテ州だけでなく、イタリアを代表する赤ワインとして知られる「バローロ」。

 

このバローロと並んでよく知られたワインと言えば・・・

 

そう、「バルバレスコ=Barbaresco」ですね!!

 

 ※バローロとバルバレスコの違いってなに? ⇒ こちらから

 

でも、バルバレスコにはいくつかの種類があることをご存知ですか?

 

(1)大樽を使った伝統的製法のバルバレスコ

(2)小樽を使った現代的製法のバルバレスコ

(3)1と2を組み合わせ、個性を強調したバルバレスコ

(4)単一畑の葡萄だけで造るバルバレスコ

(5)その他

 

バルバレスコ地域には数多くの生産者がいて、個々の性格を持ったバルバレスコを探すのは至難の技。

 

でも、このワイナリーのバルバレスコならシッカリと個性をお楽しみいただけます!

 

バルバレスコ・ヌビオーラ【赤】◆2017 バルバレスコ・ヌビオーラ

     *Barbaresco Nubiola*

 

作り手は「ペリッセロ」。

 

今ではピエモンテ銘酒バルバレスコの作り手としても知られるペリッセロですが、

 

この土地で葡萄栽培を始めた創業者は、収穫したほとんどの葡萄を大きな醸造元へ売っていました。

 

時代の移り変わりと共に少しずつ自らの手で醸造を始め1960年。

 

初めてペリッセロの名でボトリング。

 

現在は創業者の孫であるジョルジョ・ペリッセロ氏がオーナー兼エノロゴ(醸造責任者)を務め、全ての葡萄を自社セラーでボトリングまで行っています。

 

ご紹介のワインも自社畑で栽培された葡萄のみを使用しますが、そのポイントは2つ。

 

1)納得できる収穫年であること

2)収穫葡萄を選別し、良い実だけを使う

 

この2つを守り、そして最新の技術で醸造されたのがヌビオーラなんです。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ペリッセロの樽熟成庫【2017年産ピエモンテワインについて】

 

バルバレスコやバローロを含むピエモンテワインについて近年では、2016年・2019産が「秀逸な年」、2018年産が秀逸な年に次ぐ「良年」とするならば、2017年産は「平均的な年」に位置付けられています。

 

ただ、これはピエモンテ州全体を通しての評価のため、地域やワイナリーによっては、それを凌駕するものも存在します。

 

ご紹介するバルバレスコ・ヌビオーラもそのひとつ!

 

このワインは既に2018年産もリリースされましたが、今から数年後までに楽しむなら、私〈Francesco〉的には「こなれた味わい」の2017年産がおすすめです!

 

その味わいを紐解いてみました。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

バルバレスコ・ヌビオーラのテイスティング(クリック⇒拡大します)グラスに注いだワインの色合いは、透明感を持ちつつも中心部に向かって濃さを増すルビーレッド色。

(右テイスト画像をクリックすると色合いが確認できます)

 

まだまだ熟成も期待できる色合いです。

 

そして何より感動的なのは「香り」!

 

抜栓直後は馴染まないものの、グラスに注いで10~20分。

 

熟した果実やハーブを思わせるフルーティで花のような香りは「芳香」と言ってよいほどです。

 

バリック樽(約225L)と大樽(5000Lの大樽)で熟成されていますが、オーク樽がもたらすバニラチックな香りよりも「熟した果実」という表現が合うと思います。

 

これはリリース直後のワインには持ち得ない、適切に熟成しているワインだけにみられる香りです。

 

そして、気になる味わい。

ペリッセロの葡萄畑ひと口含んだだけで感じるシャープな果実味と酸。

 

甘味を削ぎ落とした・・・という表現がピッタリの果実味で、まろやかさを増したタンニン(渋味成分)と見事なハーモニーを奏でます。

 

まだまだ熟成が進行途中・・という感覚ですが、

 

※今から楽しめる2017年産

※飲んで良かったと思える2017年産

 

バルバレスコと感じています。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ジョルジョ・ペリッセロ氏 

【ワイン名ヌビオーラについて】

 

13世紀の書物に最高のワインを作るための黒葡萄の一種として「ヌビオーラ」という記述があったことから命名されたそうです。

 

所説ありますが、ヌビオーラ Nubiolaは後に、ネッビオーロ Nebbioloの語源の一つになったと言われています。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

牛肉の煮込み地元では「バルバレスコ・バローロと白トリュフ」が定番と言われたりしますが、私〈Francesco〉は、基本的にお肉を使った家庭料理に合わせます。

 

ステーキはもちろん、ハンバーグ、ローストビーフ、手に入れば鴨肉ローストに合わせたりします。

 

また意外にも、新鮮な魚を使ったカルパッチョやリゾットにも合いました!

 

ぜひ銘醸ワインと料理のアッビナメント(マリアージュ)をお楽しみください。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【ワインのコルク栓について】

 

バルバレスコ・ヌビオーラに使われるコルク栓(クリック⇒拡大します)このワインに使われるコルク栓の長さは約5センチ

 

通常よりも長めのコルク栓が使われていますので、抜栓の際は

 

※ゆっくりとスクリューを差し込み

※じっくりと引き上げてください。

 

スクリューの差込みが足らなかったり、急いで引き上げた際はコルク栓が途中で折れてしまう場合がございます。

 

お気をつけくださいね!

 

 ※ワインFAQ ⇒ コルクの状態について

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【産地】イタリア ピエモンテ州
【生産者】ペリッセロ
【タイプ】赤ワイン/フルボディ
【葡萄品種】ネッビオーロ100%
【容量】750ml
【アルコール度数】 14.5%
【料理との相性】お肉を使った各種料理 etc.

 

【カンティーナの詳細はこちら】  ⇒ 再構築中

 

 

 

 

数  量

カゴに入れる

その他の商品画像を見る

画像をクリックすると拡大表示されます。

その他のおすすめ商品

この商品に対するお客様の声

チェザリーニ・サルトーリ~ウンブリア州~

ポデルヌオーヴォ~トスカーナ州~

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

ケットマイヤー(アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

デルテット~ピエモンテ州~

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

ポッジョ・アルジェンティエラ

バローネ・ディ・ヴァルフォルテ ~アブルッツォ州~

レ・バッティステッレ ~ヴェネト州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

シリオ ~シチリア島エトナ~

アゼリア ~ピエモンテ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ