ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

WEB会員様限定 レアワイン特別セール

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

2020年産搾りたてオリーブオイル

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

アルト・アディジェから特別輸入 ケラーライ・グリエス

テッレ・デル・バローロのバルベーラ・ダルバ

極上の【赤】サン・ミケーレ・アッピアーノ

極上の【白】サン・ミケーレ・アッピアーノ

フォッソ・コルノ ゼレジモ【赤】

レ・マンザーネ プロセッコ・ソリダーレ【白・発泡】

オルソ ペコリーノ【白】

銘醸スプマンテ・クラシコ「コントラット」

女性が醸すエレガントなピエモンテワイン「ピラー」

ポッジョ・レ・ヴォルピ ドンナルーチェ【白】

サルケート ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ【赤】

2016年産バックヴィンテージ ケットマイヤー

No.1女性エノロゴが作るトスカーナワイン

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

オルマンニ トスカーナ・ビアンコ【白】

オルマンニ カナイオーロ【赤】

ヴァッレ・ガルフィーナ ~エトナらしいエトナワイン~

ヴァヤシンディ ラヴィコ【赤】

カ・デル・ボスコ キュヴェ・プレステージ【白・発泡】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

2019年産ファーザーズ・アイズ【白】

フォンタナ・カンディダ フラスカティ【白】

エレガントなピエモンテ・ネッビオーロ

2018 マリアピア トゥマイ【白】

フェウディ・ディ・ロマンスのスプマンテ

サクラ フリッツァンテ・ディ・チレージオ【ロゼ・微発泡】

シチリア島からフレッシュなロザート入荷

樽熟ワインの神髄 フェッロチント

希少なペッケニーノのネッビオーロ&ピノ・ネロ

見逃せないモンキエロ・カルボーネの白ワイン

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

バローロ セッラルンガ・ダルバ【赤】

ムステラ バルバレスコ・カルミコ【赤】

フォッソ・コルノ オルスス

バッカ・ネラ【赤】

見逃せないヴェネト銘酒「ベルターニ」

モンテ・ロッサ プリマ・キュヴェ【白・発泡】

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

 

 

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

イタリア

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
商品コード: 769

2015 ピラー〈モスコーニ・バローロ〉【赤】

販売価格(税込10%): 13,900 円
輸入元希望価格(税込10%): 14,850 円
在庫数: 在庫あり
関連カテゴリ:

イタリア > ピエモンテ州

数  量

カゴに入れる

商品おすすめポイント

女性エノロゴが作る銘醸バローロ

最高年2015年産!別格のモスコーニ

 

バローロ地域の看板

 

【ソムリエ〈Francesco〉コメント】

 

ピエモンテ州はもとより、イタリアを代表する赤ワインとしてよく知られるワイン。

 

★バローロ Barolo★

 

既にバローロを楽しまれた方も多いと思います。

 

でも「初めてバローロを飲んでみよう・・・」という方にとって、生産者の多さと千差万別の価格差から、最も選びにくいワインのひとつに挙げられるのではないでしょうか。

 

その様な時、私〈Francesco〉が実店舗でお客様に真っ先にアドバイスするのは

 

★生産者を選ぶ★

 

という点です。

生産者と言っても、色々選ぶポイントがあり、お客様にアドバイスする3大ポイントは・・・

 

1)カジュアルだけど雰囲気のあるバローロを作る生産者

2)新進気鋭の生産者が作り上げるバローロ

3)クリュ(葡萄畑)に拘った生産者

 

その3つを踏まえて、こちらでは(3)のバローロをご紹介します。

 

モスコーニ・バローロ【赤】◆2015 モスコーニ・バローロ

     *Mosconi Barolo*

 

作り手は「ピラー(E.Pira e Figli)」

 

ピラー社は、その名前の由来となったピラー家が19世紀末にワイナリーを立ち上げたことが始まりです。

 

ピラー社は当初から非常に高く評価されていましたが、ルイージ・ピラー氏を最後にピラー家の男系が途絶えると・・・

 

ワインの伝統を守るため、1980年にボスキス家にワイナリーを譲渡しました。

 

キアラ・ボスキス女史当時、新進気鋭のエノロゴ(醸造家)として名を馳せていたキアラ・ボスキス女史(写真右)がワイナリーを受け継いだ事で、さらに注目を集める事となりました。

 

キアラ女史は当時を振り返ってこう仰っていました。

 

「80年代当時、バローロを作るワイナリーの中で私は唯一の女性だったわ。

でもだからといって、特別扱いは受けない。

ワイン造りに関わる仕事は全て、全て、全て、、やったわ。

だって本当にやりたかった仕事だもの。

樽を動かす作業なんかも1人手作業でやったわねえ。」

 

彼女は今も葡萄木の剪定~栽培~収穫~醸造・・・と精力的にこなしています。

 

そんなキアラ女史を支えるワイン作りの哲学(基本)は

 

「ワイン醸造を行う上で、最も大切であると考えるのは、思いやりを持って葡萄を丁寧に扱う事」

 

その彼女が作るバローロの味わいとは・・・

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

〔畑名が付いたバローロ〕

 

モスコーニ畑モスコーニは、モンフォルテ・ダルバ村に彼女が所有するクリュ(=畑 0.8ha)の名が付けられたバローロです。

 

標高370mに位置する南向きのモスコーニ畑ですが、ネッビオーロ種の完熟を待ったため、2015年は彼女が作る他のバローロと比べて一番収穫が多くなりました。

 

※カンヌービ ⇒ 2015年9月24日

※ヴィア・ヌォーヴァ ⇒ 2015年9月29日

※モスコーニ ⇒ 2015年10月03日

 

この葡萄を使い、ライト・トーストされたオークの大樽(=2000L級 新樽比率約30%)で24ヶ月熟成後、12ヶ月の瓶内熟成を経てリリースされたバローロです。

 

生産本数は僅か6,700本。

 

畑名が付く=美味しい という図式は成り立ちませんが、どういう場所で、どういう人が作ったか、という“素性”がはっきりします。

 

さらに畑名を付けないバローロに比べて“ワインの個性”がはっきりしますので、

 

個性を楽しんでいただける逸品と感じています。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

モスコーニ・バローロのテイスティング(クリック⇒拡大します)グラスに注ぐなり、しっかりとレッドカラーが目に飛び込みます。

 

そしてグラスの縁には、ほんのわずかにレンガ色の色調が見え隠れします。

(右テイスト画像をクリックすると色合いが確認できます)

 

それはキアラさんが作る他のバローロ(カンヌービ、ヴィア・ヌオーヴァ)に比べて濃さを感じさせる色合いです。

 

  ※モスコーニ、カンヌービ、ヴィア・ヌオーヴァの色合いチェックはこちら

 

香りは完熟したプラムやスパイスを感じさせる香りがあり、加えてドライフルーツ・・・

 

といった秀逸なバローロ特有の香りが際立ちます。

 

また、大樽熟成のワインらしく、樽に由来するバニラチックな香りは軽く、それは他の風味を邪魔しない程度です。

 

そして、ひと口。

真っ先に感じるタンニン(渋味成分)は、強さを感じさせるものの熟していて丸みがありますし、

 

しっとりとした果実味はドライでエレガント。くどさを感じさせません。

 

しかも、ミネラル感もたっぷり!

 

土地(畑)の素性が素直に表現されたボリューム感あるバローロです。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ピラーの樽熟成庫キアラ・ボスキス女史が手掛けるバローロの最大の特徴は、タンニンや酸の裏に隠された果実のきめ細やかさです。

 

非常に繊細でありながら、持続性のある香りが感じられ、シンフォニーのように様々な要素がバランスよく口の中に広がります。

 

特に、キアラさんが作るカンヌービやヴィア・ヌオーヴァに比べて味わいの濃さが魅力のモスコーニは、

 

※抜栓直後からた楽しめるバローロ

 

と私〈Francesco〉的には感じました。

 

もちろん、抜栓2日目でももちろんOK!

 

抜栓後の風味には個人個人の好みの差がありますので、抜栓当時、抜栓翌日・・・と時間をかけてお楽しみください。

 

きっときっと、この銘酒の真価をお楽しみいただけると思っています。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

牛肉の煮込み地元では「バローロと白トリュフ」が定番と言われたりしますが、私〈Francesco〉は、基本的にお肉を使った家庭料理に合わせます。

 

ステーキはもちろん、ハンバーグ、ローストビーフ、手に入れば鴨肉ローストに合わせたりします。

 

また意外にも、新鮮な魚を使ったカルパッチョやリゾットにも合いました!

 

ぜひ銘醸ワインと料理のアッビナメント(マリアージュ)をお楽しみください。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【ワインのコルク栓について】

 

モスコーニ・バローロに使われるコルク栓(クリック⇒拡大します)このワインに使われるコルク栓の長さは約5センチ

 

通常よりも長めのコルク栓が使われていますので、抜栓の際は

 

※ゆっくりとスクリューを差し込み

※じっくりと引き上げてください。

 

スクリューの差込みが足らなかったり、急いで引き上げた際はコルク栓が途中で折れてしまう場合がございます。

 

お気をつけくださいね!

 

 ※ワインFAQ ⇒ コルクの状態について

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【産地】イタリア ピエモンテ州バローロ地区
【生産者】ピラー(E.Pira e Figli)
【タイプ】赤ワイン/フルボディ
【葡萄品種】ネッビオーロ100%
【容量】750ml
【アルコール度】14.5%
【料理との相性】お肉を使った各種料理 etc.

 

【カンティーナの詳細はこちら】 ⇒ 準備中

 

 

 

 

数  量

カゴに入れる

その他の商品画像を見る

画像をクリックすると拡大表示されます。

その他のおすすめ商品

2019 ピラー〈ドルチェット・ダルバ〉【赤】

販売価格(税込10%)
    2,690 円

2013 ラ・スピネッタ〈カンペ:バローロ〉【赤】

販売価格(税込10%)
    17,800 円

2012 ペッケニーノ〈バローロ/ブッシア〉【赤】

販売価格(税込10%)
    12,300 円

この商品に対するお客様の声

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

デルテット~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

アゼリア ~ピエモンテ州~

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ