ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

オーガニックなワインならこちらから

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

ファルキーニ カンポラ【赤】

オルスス ペコリーノ【白】

ディ・レナルド ゴシップ・ラマート【白】

ラ・スピネッタ デルトーナ・ティモラッソ【白】

フェッロチント ペコレッロ

バローネ・コルナッキア マチェラート【白・オレンジ系】

モングラーナ マレンマ・ロッソ【赤】

モングラーナ マレンマ・ビアンコ【白】

サン・ルチアーノ グイット【白・微炭酸】

セッコ・ベルターニ ヴィンテージ・エディション【赤】

夏!モンキエロ・カルボーネ

ワイン・グローリアス限定輸入!ディ・レナルド

ワイン・グローリアス限定輸入!ディ・レナルド

ディ・レナルド ロンコ・ノーレ【赤】

エンネ ロゼ・ド・ノワール【ロゼ・発泡】

モンテ・ロッサ フランチャコルタ【白・発泡】

スペーラ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ【白】

ブルディマーレ ヴェルメンティーノ【白】

ラ・セルヴァネッラ キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ【赤】

フォンテ・デル・レ【赤】

夏でも楽しめる南イタリアワイン

サルデーニャ島から「ヤンナ・デ・マーレ」【赤】

サルデーニャ島から「ヤンナ・デ・マーレ」【白】

フェウディ・ディ・ロマンス フィズィ【白】

ヴィエッティ トレ・ヴィーニェ【赤】

モッカガッタ ドルチェット・ダルバ【赤】

エンツォ・ボリエッティ ドルチェット・ダルバ【赤】

サン・ミケーレ・アッピアーノ ピノ・ビアンコ【白】

ニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ【赤】

2017年産スポンサ・ヴェロネーゼ【赤】

薔薇の香りを持つ赤ワイン ~ルカ・フェラリス~

天才エノロゴが作るフルボディ【赤】

2011~2014年産カポガット【赤】

秘蔵ヴィエ・ディ・ロマンス「ドゥッ・トゥン」【白】

熟成古酒!ヴィエ・ディ・ロマンス

2019年産ヴィエ・ディ・ロマンス【白】

モンキエロ・カルボーネからグラン・クリュ3種入荷!

レ・マルスーレ レフォスコ【赤】

カジュアルで美味いレ・マルスーレ【白】

2016年産ケットマイヤー・シャルドネ【白】

カニカッティ アクイラ シャルドネ&グリッロ【白】

飲み心地良いパーラの白ワイン

フォッソ・コルノ ゼレジモ【赤】

No.1女性エノロゴが作るトスカーナワイン

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

エレガントなピエモンテ・ネッビオーロ

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

フォッソ・コルノ オルスス

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

2013年産ベルタ・ヴィンテージ・グラッパ

イタリア産ブランデー グラッパ

 

 

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

商品カテゴリ

配送 決済 のご案内

 

イタリア

  • オススメ
  • 限定品
商品コード: 864

2007 ニコレッロ〈ランゲ・ネッビオーロ〉【赤】

販売価格(税込10%): 2,080 円
輸入元希望価格(税込10%): 2,255 円
在庫数: 残り:1本
関連カテゴリ:

イタリア > ピエモンテ州

数  量

カゴに入れる

商品おすすめポイント

希少なバックヴィンテージ

 希少なバックヴィンテージを特別輸入&特別価格!

(予定数量に達し次第、販売は終了いたします)

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【お買得!長期熟成ワイン】

今が飲み頃の2007年産ネッビオーロ

まさにお値打ちな長期熟成の逸品!!

 

ピエモンテ州

 

【ソムリエ〈Francesco〉コメント】

 

ネッビオーロ種=Nebbiolo。

 

・・・といえば「バローロ」「バルバレスコ」が真っ先に思い浮かびますが、

 

でも、バローロやバルバレスコを名乗るには・・・

 

ピエモンテ州バローロ地区やバルバレスコ地区で栽培されたネッビオーロ種を使わなければなりません。

 

これはイタリアワイン法でも厳格に決められています。

 

では、それ以外の地区ではネッビオーロ種の栽培は許されないのか・・・というと、そうではありません。

 

ちゃんと栽培されています。

ただ、バローロやバルバレスコの名称が名乗れないだけなんです。

 

ここでご紹介するワインは、バローロ地区のすぐ近くの「ランゲ地域」産ネッビオーロ種を使っています。

 

ニコレッロ ランゲ・ネッビオーロ【赤】◆2007 ニコレッロ/ランゲ・ネッビオーロ

     *Nicolello/Langhe-Nebbiolo*

 

作り手は「ニコレッロ」。

 

1900年初頭に設立された、この地域では老舗的存在のワイナリーです。

 

ニコレッロの特長は

 

1)伝統製法

つまり、バリック樽(=小樽 約225L)を使わず、大樽(400L以上)で醸されること!

ガツン系が注目を集める中で、柔らかいネッビオーロワインが醸されます。

 

2)長期熟成

大樽で醸されるので、熟成がゆっくり進みます。

結果的に見事な熟成ワインが誕生します。

 

また、それらのワインは

 

※ワインは飲み頃になるまで出荷しない

※飲み頃が過ぎたものについては販売しない

 

という強い信念を持つカンティーナです。

 

もともと赤ワインについては「飲み頃」を重視し、良い状態で我々の手元に届くものが多いのですが、、、

 

今回のヴィンテージは2007年産!

 

10年以上しっかりと熟成させ、飲み頃を待って出荷された逸品なんです。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ニコレッロの樽熟成庫ちなみに、この2007年産は、ニコレッロのセラーで長期間眠っていたお宝ワイン!

 

でも「古いから良い」というものではありません。

 

私〈Francesco〉が、こういうオールド・ヴィンテージ(=古酒)を買い入れる場合、絶対にハズさない点は・・・

 

※事前ティスティング

 

もし、このティスティングで気に入っていなかったら・・・

 

ここでご案内することは無かった・・・ということはっ!!

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ニコレッロの葡萄畑2007年。イタリアワインについて全般的に言えることは、

 

どの産地も良好な天候が続いた「素晴らしい年」!

 

といわれています。

 

ピエモンテ州でも、1年を通して天候に恵まれ、葡萄の収穫量をコントロールしつつ、葡萄一つ一つの品質が上がり、非常に良いワインに仕上げることができた年となりました。

 

ニコレッロもそのひとつ!

 

美味しいワインを作ろうとすれば当然の成り行きかもしれませんが、貴重な2007年産ワインが堪能できるチャンスなんです!

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

2007ランゲ・ネッビオーロのテイスティング(クリック⇒拡大します)グラスに注いだワインの色合いは、まだ赤色が基調ですが、グラスの縁にちょっとレンガ色がかった色調も見られます。

(右テイスト画像をクリックすると色合いが確認できます)

 

色だけで判断すると 「程良く熟成」 と言えるでしょうね。

 

香りは、アセロラやイチゴを思わせるものもありますし、ハーブ他トリュフも感じさせる点は、健全な熟成ワインそのもの!

 

樽熟成されていますが、樽がもたらす香りよりも 「熟れた果実」 という表現が合うと思います。

 

若いワインは持ち得ない、熟成ワインだけにみられる香りです。

 

そして、一番気になる味わい。

 

ひと口含んだだけで感じる果実味と酸。

それは熟成・・・というより、まだ進行途中のワインという感覚です。

 

ええ、いまだ酸がしっかりしていて、、、

 

これは熟成が進みすぎたための酸ではなく、使われるネッビオーロ種が持っている酸で、、、

程よい熟成を感じさせてくれるんです。

 

柔らかく丸味のあるタンニン(渋味成分)や活き活きとした果実味にも驚かされるワインです。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

トマトソースのペンネいつも通り、このワインを翌日にもティスティングしました。

 

香りは、前日よりも熟成香を放ち、味わいも酸がちょっぴり増えた感覚でした。

 

たまたま合わせた料理がトマトソースのパスタだったので、お互いの酸がうまくマッチ!

 

ただ、ワインのみで楽しむなら、抜栓当日が良いように感じます。

 

このあたりは好みの問題なので、ご興味があればお試しくださいね。

 

「良い熟成ワイン」は、日ごとに味わいの変化を楽しませてくれますからねっ!

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ニコレッロの発酵タンク通常、ランゲ地域のネッビオーロは、2~4年でリリースされます。

 

でも、このニコレッロの場合は、樽熟成だけでも1年以上!

 

その後、瓶に詰め替えられ、ついこの間までワイナリーのセラーに眠っていた逸品なんです。

 

ラベルが綺麗なのがその証拠。

 

同じ古いヴィンテージワインでも、早くから市場に出回り、あちこち“たらい回し”されたワインと違い、出荷直前にラベルが貼られていますので綺麗なんです。

 

抜栓した翌日でも十分に楽しめる熟成ワイン、

 

。。。って、そうそう楽しめないですよ!

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

ニコレッロの大樽【ワインの澱とコルク栓について】

 

古い、熟成したヴィンテージワインを飲む時、気になる事は2つあります。

 

1)ワインの澱(オリ)

ワインの種類によっては多量の澱が発生していますが、

このワインについては、その心配がほぼありません。

 

ボトル差がありますので「澱は全く無い」と言い切りませんが、ワインが濁る様な澱はありません。

 

安心して熟成ワインの魅力を感じていただけます。

 

 

2007年産に使われるコルク栓2)コルク栓

時を経たワインに使われるコルクは、かなりデリケートなものになっています。

 

でも、この2007年産は大丈夫!

 

想像ですが、出荷前に新しいコルク栓に打ち替えられた(=リコルク)のでは・・・と私〈Francesco〉的には考えています。

 

ですので、通常お使いのソムリエナイフ等で抜栓いただけます。

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

【産地】イタリア ピエモンテ州(ランゲ地域)
【生産者】ニコレッロ
【タイプ】赤ワイン/ミディアムボディ
【葡萄品種】ネッビオーロ100%
【アルコール度】13.0%
【料理との相性】牛肉を使った各種料理、生ハム類 etc.

 

【カンティーナの詳細はこちら】 ⇒ 準備中

 

 

 

 

数  量

カゴに入れる

その他の商品画像を見る

画像をクリックすると拡大表示されます。

その他のおすすめ商品

この商品に対するお客様の声

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

デルテット~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

アゼリア ~ピエモンテ州~

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ