ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

No.1女性エノロゴが作るトスカーナワイン

ピエモンテ州ロエロ地域最高峰【白】

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

オルマンニ トスカーナ・ビアンコ【白】

オルマンニ カナイオーロ【赤】

フルボディファン必飲! 濃厚なバルベーラ

ヴァッレ・ガルフィーナ ~エトナらしいエトナワイン~

カ・デル・ボスコ キュヴェ・プレステージ【白・発泡】

ケラーライ・グリエス モスカート・ジャッロ【白】

豪快でリッチなモンタルチーノ コル・ドルチャ

エレガントなシチリア【赤】 クズマーノ サン・ジャコモ

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

2019年産ファーザーズ・アイズ【白】

フォンタナ・カンディダ フラスカティ【白】

アマローネ由来の風味が魅力 ジャイロ【赤】【白】

エレガントなピエモンテ・ネッビオーロ

2018 マリアピア トゥマイ【白】

チーマ・ローザ チェラスオーロ・ダブルッツォ【ロゼ】

シチリア島からフレッシュなロザート入荷

樽熟ワインの神髄 フェッロチント

希少なペッケニーノのネッビオーロ&ピノ・ネロ

ナポリ近郊の美味しいスプマンテ

見逃せないモンキエロ・カルボーネの白ワイン

チンチンナート ~ラツィオ州~

アルト・アディジェ州からグリエスコレクション

新着!ストラッセルホフのソーヴィニヨン&ゲヴュルツトラミネール

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

バンフィ ラ・ペッテゴラ ヴェルメンティーノ【白】

バローロ セッラルンガ・ダルバ【赤】

イル・グランデ シレンツィオ【赤】

2009 サン・ジュゼッペ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ【赤】

ムステラ バルバレスコ・カルミコ【赤】

2011 ロッジョ・デル・フィラーレ【赤】

フォッソ・コルノ アブルッツォ・ペコリーノ【白】

セッラ・エ・モスカ テッレ・ビアンケCuvee161【白】

テヌータ・ディ・トリノーロ カンポ・シリーズ

オルスス・ロザート&オルソ・ビアンコ

フォッソ・コルノ オルスス

バッカ・ネラ【赤】

見逃せないヴェネト銘酒「ベルターニ」

モンテ・ロッサ プリマ・キュヴェ【白・発泡】

2013 フォンタナフレッダ バローロ【赤】

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

フリウリからテルチッチのワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

ワイン・グローリアス16周年記念企画

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

この季節だけ!限定入荷ワイン

まとめてご購入なら さらにお買得!

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

 

【イタリア銘醸カンティーナ】 サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

 

 

 

 

 

サン・ミケーレ・アッピアーノのワインはこちら 

 

 

 San-Michele:Appiano

サン・ミケーレ・アッピアーノ

 

◆トレンティーノ・アルト・アディジェ州について

アルト・アディジェ州の位置関係(クリック⇒拡大します) 

イタリア共和国北部、トレンティーノ=アルト・アディジェ州(Trentino - Alto Adige)という2つの自治区の共同州です。

 

そのため、北側のアルト・アディジェAlto Adigeエリアと、南側のトレンティーノTrentinoエリアとに二分されます。

 

サン・ミケーレ・アッピアーノはその中でもアルト・アディジェ(北部地域)に属します。

 

このアルト・アディジェの名前の由来は、アディジェ(Adige)川の上流(=Alto)にあるエリアであることからきています。

 

また、このエリアを総称し、南チロル地方(Sudtirol)【ズートティロルと発音】とも呼ばれます。

イタリア圏内ですが、母国語はドイツ語とイタリア語が公用語として話されています。

 

 

◆ドイツ語が話される理由◆

 

サン・ミケーレ・アッピアーノのカンティーナチロル地方全体はドイツ語圏の一部として支配されていました。(当時、イタリア語は少数派)

 

1861年にイタリア王国が成立した後も、オーストリア領の中にイタリア語を母国語とするエリアが存在しました。イタリア政府はそれらの地域もイタリア領にすることを目的にしていました。

 

第一次世界大戦において、オーストリア側と「このエリア」について、イタリア領の自治権を譲る代わりに参戦を認める協定を結びます。

 

これによって、南チロル地方=Sudtirolはイタリア領となり、一旦ヒトラー政権時代にドイツ陣営占拠されたチロル地方もドイツとオーストリアの合邦の無効によりオーストリア領に復帰することになりました。

 

イタリア領内にも関わらず、現在でも約半数以上の住民がドイツ語を話し、イタリア語と2ヶ国語を操る人は少なくありません。

 

 

◆サン・ミケーレ・アッピアーノ社について

 

ハンス・テルツァーさん(左)この南チロル地方を本拠地とするサン・ミケーレ・アッピアーノ。

イタリア屈指の醸造家、ハンス・テルツァー氏が腕をふるうカンティーナです。

 

カンティーナ・ソチャーレ(醸造協同組合)ながら、イタリアのワインガイドブックで「2000年ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたほどの実力を持つワイナリーです。

 

また、醸造家のハンス・テルツァー氏は、南チロル地方における白ワイン醸造のスペシャリスト(=ビアンキスタ)として世界的に名を知られ、世界の醸造家ベスト10に選ばれた実力の持ち主でもあります。

 

 

◆ワイン作りにおけるポリシー

 

サンクト・ヴァレンティンの畑サン・ミケーレ・アッピアーノでは葡萄の栽培エリアによってラインナップを分け、そして個性あるワイン作りを展開しています。

 

主なシリーズには

 

(A)クラシック・シリーズ

葡萄品種にこだわり、主に単一で醸造。
葡萄と地域の特色を表現したワイン。

 

(B)セレクション・シリーズ

畑の特徴を把握し、個々の葡萄品種に最適な畑で作られるシリーズ。
日本に輸入される主なものには下記があります。

※ラーン:ローム層等の畑 ⇒ ソーヴィニヨンを栽培

※メロール:土砂が堆積した土壌の畑 ⇒ シャルドネを栽培

 

(C)サンクト・ヴァレンティン シリーズ

 1986年に誕生して以来、今も変わらず同社の最高品質のワインと位置付けられるシリーズ。

 

使用される葡萄は、同社で栽培される葡萄の中で最も品質が高く、愛着を込めて“Chicche(イタリア語で優しさ、美味しさを意味する)”と呼ばれています。

 

初のリリースから20年以上経った今でも、高い評価を獲得し続けているのをみても、その実力の高さが想像できます。

 

 

◆ハンス・テルツァーさんから皆さんへ

 

ハンス・テルツァーさん2015年7月9日、ハンス・テルツァーさんをお招きしてのガラ・ディナー会の際、ハンスさんは、こういうメッセージを残されました。

 

2001年以来、私は幾度か日本を訪れています。

訪れるたびに色々な料理と私の作るワインとのアッビナメント(ワインと料理の相性)を楽しむ機会に恵まれます。

~中略~

イタリア各地の料理はもちろんのこと、世界遺産となった和食との相性の良さには、私自身も自信を深めるものがあります。

 

牡蠣料理や野菜の煮物にはピノ・グリージョがおすすめですし、

柚子胡椒を軽く使う料理にはゲヴュルツトラミネール、

刺身類にはソーヴィニヨンやピノ・グリージョ、リースリング、

天ぷらや揚げ物にはリースリングやシャルドネ、

 

これが私のお気に入りです。

 

最近は漁獲量が減ったそうですが、鰻類の料理にはピノ・ネロがもっとも相性が良いですし、

しっかりとした味付けの肉類にはメルロやラグレインとのアッビナメントは欠かせません。

 

皆さんは是非、既成概念にとらわれることなく、イタリアン、和食、中華、、、色んなシーンで楽しんで欲しいと思います。

 

また、私のワインも含め、どのワインにもいえることですが、ヴィンテージ(生産年)が替わる度、ワインはその年の気候や風土、様々なものを映し出します。

 

一度飲んだから二度は飲まない。

そんな悲しいことは言わず、ヴィンテージが切り替わった時等には、新たに楽しんで欲しいです。

 

それがワインの理解へと発展することを、私は確信しています。

                                             Hans Terzer

 

 

 

 

 

 

 

★☆★ 限定輸入ワイン ★☆★

シュルトハウザー【白】  シュルトハウザー/ピノ・ビアンコ【白】
【会員価格】 3,680円 【葡萄】ピノ・ビアンコ100%
限定輸入ワイン 使われるピノ・ビアンコ種は、アッピアーノ山シュルトハイザー地域産の葡萄のみ使用!全体の25%をオークの大樽で醗酵。果実味にはボリューム感があり、一部樽熟成を行ったワインらしいコクも備わっています。また、果実味の後には綺麗で落ち着いた酸味が現れます。この酸味は「酸っぱい」酸でなく、「マイルドな酸」と表現でき、果実味とミックスされ、実に飲み心地良い味わいを醸しだしています。

 

リネア・クラシカ モスカート・ジャッロ【白】  リネア・クラシカ/モスカート・ジャッロ【白】
【会員価格】 2,980円 【葡萄】モスカート・ジャッロ100%
限定輸入ワイン 香りはまさに芳醇なモスカート(=マスカット)。オーク樽は使わないので、セージや新鮮な葡萄の香りがストレートに伝わります。味わいは、極めてドライ。香りに感じる葡萄の甘さとは間逆の、北イタリアワインらしい、あくまでシャープで切れ味良い酸が魅力です。特に!飲み終えた後、鼻から息を抜いた瞬間の残り香は、とても心地良いものがあるんです。

  

 

 

サンクト・ヴァレンティン ソーヴィニヨン【白】  サンクト・ヴァレンティン ソーヴィニヨン【白】  ※樽発酵・樽熟成
【会員価格】 4,180円 【葡萄】ソーヴィニヨン・ブラン100%
芳醇で濃厚、果実味もたっぷりの【白】
ソーヴィニヨン種らしい青草を想わせる香りが真っ先に香り立ちます。それは芳醇で濃厚、逆に樽に由来するバニラの香りはほんのわずか、、感じるか感じないか、の程度です。ワインにはソーヴィニヨンらしいまろやかな酸を感じ、果実味もたっぷり。香りが高い分、味わいに甘味と錯覚させるものがあります。でも、あくまでドライに仕上げられていて、香りと味わいのバランスが抜群の白ワインなんです!どのソーヴィニヨン・ブランにしようか・・・と迷われたなら、一度はこのワインをお試し下さいね。

 

サンクト・ヴァレンティン シャルドネ【白】  サンクト・ヴァレンティン シャルドネ【白】 ※樽発酵・樽熟成
【会員価格】 4,180円 【葡萄】シャルドネ100%
エレガントな樽香が際立つ【白】
葡萄が持つ優しい柑橘類の香りの中に、スパイスの香りを感じます。また、ほんのりと樽からの香りも付いていて、それはとてもエレガント。そして酸は穏やか。果実味は芳醇で濃厚。でも、酸とのバランスがとれていて旨味満載!サラッとしているだけたったり、やたら樽香が強いシャルドネワインが多い中、長く続く余韻とコクも見逃せません。

 

サンクト・ヴァレンティン ゲヴュルツトラミネール【白】  サンクト・ヴァレンティン ゲヴュルツトラミネール【白】 ※樽熟成無し
【会員価格】 3,780円 【葡萄】ゲヴュルツトラミネール100%
グラスに注いだ香りは濃厚そのもの!オーク樽をほとんど使わない(10%オーク樽熟成)ので、葡萄の風味が直結しています。バラの花の香りが一瞬にして広がり、続いてライチやシナモン・・・そして最後は蜂蜜を思わせる濃厚な香りが一気に押し寄せます。その香りは味わいにも現われていて、完熟したアプリコットそのもの!エキス分たっぷり!とろ~りとした質感もあり、ゲヴュルツトラミネールの醍醐味を感じさせてくれるんです。
 

 

サンクト・ヴァレンティン ピノ・グリージョ【白】  サンクト・ヴァレンティン ピノ・グリージョ【白】 ※樽発酵・樽熟成
【会員価格】 3,780円 【葡萄】ピノ・グリージョ100%
透明感があり、やや黄色い麦わら色。香りはトロピカルフルーツを連想させる新鮮さがあり、微かにバラやシナモンの香りも感じます。味わいは濃縮したような豊かな果実味、そしてワインに欠かせない酸も存在。後口のコクにはバターの様な粘性も感じさせ、複雑性豊かです。
スペック表によれば、しっかりと樽熟成(バリック、新樽率40%)されていますが、、過度の樽香はありません。

 

サンクト・ヴァレンティン ピノ・ネロ【赤】  サンクト・ヴァレンティン ピノ・ネロ【赤】
【会員価格】 5,280円 【葡萄】ピノ・ネロ(=ピノ・ノワール)100%
色合いは、輝きがあって透明度も抜群の赤色。スミレや赤い果実を想わせる香りは素晴らしく、プラムやハーブをも感じとることができます。あくまでドライな果実味、ピーンと張りつめたようなピノらしい酸、アルコール度数13.5%というたくましさもみせますが、それには違和感がありません。時間の経過とともに、エレガントな味わいやフレーバーが湧き上がり、それがこなれるとシルクの様な上品さを見せつけます。

 

サンクト・ヴァレンティン メルロ【赤】  サンクト・ヴァレンティン メルロ【赤】   【完売⇒輸入予定無し】
【会員価格】 5,280円 【葡萄】メルロ100%
濃厚さをイメージさせるカシスやプルーンを連想させる香り。口に含んだ瞬間、ボリューム感のある果実味が一瞬にして広がり、タンニン(渋味成分)も同時に舌の上を広がります。また、熟成の一部でバリック樽(=225L)が使われるにも関わらず、けばけばしい樽の香り=バニラ香もありません。あくまで上品で、メルロの素性が活かされたワインに醸しあげられています。

 

 

 

 

ラグレイン Riserva【赤】  リネア・クラシカ:ピノ・ネロ リゼルヴァ【赤】
【会員価格】 3,680円 【葡萄】ピノ・ネロ100%
あくまでドライな果実味、ピーンと張りつめたようなピノらしい酸、アルコール度数14%というたくましさもみせますが、それには違和感がありません。時間の経過とともに、エレガントな味わい・フレーバーが湧き上がり、それがこなれるとレースの様な上品さを見せつけます。
>>>  あぁ、ピノ・ネロってこんなにも奥深い味わいなんだ
と感動すら覚えるかも!ブルゴーニュに勝るとも劣らない優雅さがお楽しみいただけます!

 

ラグレイン Riserva【赤】  リネア・クラシカ:ラグレイン リゼルヴァ【赤】
【会員価格】 3,680円 【葡萄】ラグレイン100%
香りはベリー系フルーツ。ソフト感があり、ハーブやチェリーの香りも折り重なり複雑。しかも5分、10分・・・と時間が経つほど明瞭に輝きます。
この香りのためか、、、ひと口含むだけで、舌の上を豊かなタンニン(渋味成分)が走ります。でもタンニン=渋い、ではなく、濃厚さの中に果実味や酸味、そして食欲をそそる苦味がうまく溶け合います。

 

モンティッグル・リースリング【白】  モンティッグル/リースリング【白】
【会員価格】 2,980円 【葡萄】リースリング・レナーノ100%
香りは柑橘系果実をはじめ、ピーチやパインを連想させる香りが続きます。そして味わいは、とってもジューシー!豊潤な果実味が口一杯にパッと広がり、優しい甘みとピチピチとした酸がはっきりと感じられるんです。しかもバランスがとっても良く、結果的にワインに活き活きとした明るさをもたらしています。この味わいこそ、イタリアン・リースリングの魅力なんだ・・・とあらためて認識させられました。きっとリースリング種のイメージが変わると思いますよっ!!

 

 

 

 

 

ピノ・ネロ アルト・アディジェ【赤】  ピノ・ネロ アルト・アディジェ【赤】
【会員価格】 2,160円 【葡萄】ピノ・ネロ100%
グラスの底が見えるほど透明感のある赤色!ベリー系のフレッシュな果実の香りが豊かで、バニラっぽい香りもちらほら。。。ピノ・ネロらしいフルーティなチェリー系の香り。味わいにピノらしい酸もあるため、味わいにメリハリがきいています。ひと口めはライトに感じますが、飲み行くうちにジワっと風味が湧き上がってくる・・・そんなタイプの赤ワインです。

 

ピノ・ビアンコ アルト・アディジェ【白】  ピノ・ビアンコ アルト・アディジェ【白】
【会員価格】 2,160円 【葡萄】ピノ・ビアンコ100%
樽熟成ワインらしいと見間違いそうなバニラ風味を伴った香りがありますが、それは優して軽く、そして控えめです。でも一度、口に含むと柑橘系果実の香りがフワっと沸いてきて、心地よさを感じさせます。よく「補助品種」として使われるピノ・ビアンコ種ですが、100%使ってこれだけの風味を醸しだすワインは、そうそうありません。また、北イタリアワインらしく、酸もはっきりとしていますが、逆にそれが味わいにメリハリをつけています。

 

 ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください 

 

 

 ↑ このページ先頭へ

 

 

 

 

 

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

デルテット~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

サンジェルヴァジオ(トスカーナ州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

チンチンナート(ラツィオ州)

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

シリオ ~シチリア島エトナ~

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

アゼリア ~ピエモンテ州~

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

カルピネータ・フォンタルピーノ ~トスカーナ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

カステッロ・ディ・ヴォルパイア(トスカーナ州)

ポッジョトンド(トスカーナ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

ロンコ・カリーノ ロンバルディア州

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

フェルゲッティーナ(ロンバルディア州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ