ログイン

ご登録済みの方は
こちらからログイン

ログイン

カゴの中を見る

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ロゼで乾杯!大人のひな祭り

2021年産ヴィエ・ディ・ロマンス シャルドネ【白】

ヴィノ・ファンキー・ロザート:フリッツァンテ【ロゼ・微発泡】

アウトレットワインあります!

ヴィオランテ カステル・デル・モンテ【赤】

セレオーレ ソアヴェ【白】

2015 ファルキーニ カンポラ【赤】

2021年産ロダーノ・ロッソ【赤】

2022年産ロダーノ・ビアンコ【白】

バルバレスコ・ヌビオーラ【赤】

2019年産マリア・ジョアーナ【赤】

ルエッタ フィアーノ【白】

2023年リリース!ステッラさんのモンタルチーノ

ブルガリ創業家によるトスカーナ赤ワイン

ブルガリ創業家によるトスカーナ白ワイン

新しい未来の味わい オレンジワイン

クインターナ ロッソ・ピチェーノ:スペリオーレ【赤】

オルマンニ トスカーナ・ビアンコ【白】

レ・マンザーネのスティルワイン

ヴェネトの至宝クストーザ

ラ・スピネッタ デルトーナ・ティモラッソ【白】

ワイン・グローリアス限定輸入ワイン ディ・レナルド

ディ・レナルド サンクス【白】

モンテ・チェリアーニ ソアヴェ【白】

カンティーネ・ペッレグリーノ カルディッラ【赤】

伝統蔵が醸す赤ワイン ~ビジ~

伝統蔵が醸す白ワイン ~ビジ~

ラ・カッライアの樽熟成【赤】

ブルゴーニュファンも納得のイタリア産ピノ・ネロ

クレメンテ・セッテ キャンティ・クラシコ【赤】

デルテット エンネ ロゼ・ド・ノワール【ロゼ・発泡】

エレガントなデルテットの赤ワイン

ブライダ ラ・レジーナ【白】

エンツォ・ボリエッティ ランゲ・シャルドネ【白】

新進気鋭のマレンマワイン ~ポッジョ・アルジェンティエラ~

トスカーナ南部産ヴェルメンティーノ【白】

レ・マンフレディ バジリカータ・ビアンコ【白】

テレザ・ライツ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ【赤】

ディ・レナルド ゴシップ・ラマート【白】

モンテ・デル・フラ ヴァルポリチェッラ・クラシコ【赤】

ポッジョ・レ・ヴォルピ ローマ【白】【ロゼ】

2017年産スポンサ・ヴェロネーゼ【赤】

モアール サンタマッダレーナ・クラシコ【赤】

ボルツァーノ ローザ【ロゼ】

2017 オルゾラーニ〈キュヴェ・トラディツィオーネ・カルーゾ・スプマンテ〉【白・発泡】

2017 ヴィッラ・スパリーナ〈メトド・クラシコ・ブリュット:ブラン・ド・ブラン〉【白・発泡】

飲み心地良く食事にもゴレッティの【白】 ~ウンブリア州~

マルティノッツィのモンタルチーノ【赤】

コル・ドルチャ ネアルコ【赤】

オルスス ペコリーノ【白】

モングラーナ マレンマ・ビアンコ【白】

ディ・レナルド ロンコ・ノーレ【赤】

スペーラ ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ【白】

フォンテ・デル・レ【赤】

ニーノ・ネグリ ヴァルテッリーナ・スペリオーレ【赤】

薔薇の香りを持つ赤ワイン ~ルカ・フェラリス~

2011~2014年産カポガット【赤】

秘蔵ヴィエ・ディ・ロマンス「ドゥッ・トゥン」【白】

イル・グランデ シレンツィオ コッリーネ・テラマーネ【赤】

カジュアル・カラブーリア リブランディのチロ

ペッレグリーノ アランチェッロ

ロレダン・ガスパリーニ グラッパ・ディ・プロセッコRiserva

旨味あふれるゴレッティの赤ワイン~ウンブリア州~

極上のマルサラ タルガ

イタリア各地のロゼワイン

旬のプレミアムワイン

イタリア産ブランデー グラッパ

 

 

オーガニックなワインならこちらから

まずはコチラをチェック!

おすすめ赤ワイン

おすすめ白ワイン

おすすめロゼワイン

おすすめスパークリングワイン

軽く冷やすと美味い赤ワイン

☆肉料理に合う樽熟白ワイン☆

キャンティ・クラシコとは

瞑想のワイン アマローネ特集

甘口ワインの宝石 パッシート

 おつまみ研究所 今日はどのワインと合わせよう

商品カテゴリ

ワイン・グローリアス実店舗情報

ワイン・グローリアス ワイン会情報

配送 決済 のご案内

 

 

イタリア銘醸カンティーナのご案内 メディチ・エルメーテ

 

 

 

 

◆メディチ・エルメーテのワインはこちら◆

◆Ricordi del Passato◆

 

 

Medici-Ermete & Castelli del Duca
メディチ・エルメーテ & カステッリ・デル・ドゥーカ

【カンティーナについて】

 

アルベルト・メディチさん(中央左)アレッサンドロ・メディチさん(中央右)13世紀初頭フィレンツェ郊外の土地をほぼ所有していた大地主「メディチ家」。

 

貴族出身者が国家の中枢を担うイタリアにおいて、初めての平民出身の成功者として国民に愛され、18世紀中頃まで栄えたこの名家をご存知の方も多いのでは・・・

 

その後、系列ファミリーの人々はフィレンツェを離れ、イタリアの各地に移り住むことになるのですが、その様なフィレンツェの正統なメディチ家の流れを汲み、フィレンツェの北、エミリア・ロマーニャ州でワインを作るのがこの「メディチ・エルメーテ」です。

 

蔵の歴史としては、19世紀末に創始者レミジオ・メディチ氏よってランブルスコ醸造が始められました。

(これはレッジョ・エミリアでは最古の歴史を誇ります)

 

2代目エルメーテ氏によってメディチブランドが広められ、更に3代目のヴォルター氏とジョルジオ氏に引き継がれます。

 

そして現在4代目のアルベルトさんによって世界への輸出を開始。現在では世界70カ国以上にまで広がりをみせています。

 

そしてアルベルトさんの息子5代目アレッサンドロさんと受け継がれる歴史あるカンティーナです。

 

 

【アルベルトさんが関わる3つのカンティーナ】

 

同社オーナーであるアルベルト・メディチさんは、大の親日家としても知られ、当店にも何度もお越しいただいています。

 

先日もお越し頂き、ティスティングを交えながら、同社の歴史やワインについてお話を伺いました。

  medici mappa

◆州東部 ⇒ ポッジョ・ポッリーノ(日本未輸入)

 

◆州西部 ⇒ カステッリ・デル・ドゥーカ

メディチ・エルメーテが、古くからコッリ・ピアチェンティーニの地でワイン造りをしてきた他2社の協力を得て、1999年、海外マーケットをターゲットとした発足した共同ワイン・プロジェクト。

 

ブランドのコンセプトは『テロワールが表現され、果実味のあるフレッシュなタイプでコストパフォーマンスに優れたワイン』。

 

この3社だけでピアチェンティーニでの葡萄の全生産量の75%を占めているというのですから驚きです。

 

でも、この驚異の生産力は、常に品質の高い葡萄を選抜し、品質の高いワインを醸造する上で大切な要素となっています。

 

◆州中部 ⇒ メディチ・エルメーテ

このグループの中で中心的存在はもちろん「メディチ・エルメーテ」です。

品質よりも量ばかりを追い続けるランブルスコ協会を脱退後、現在の「高品質・低価格」なランブルスコの醸造にシフト。

そのこだわりは、業界の人々も舌を巻く厳しさです。」

 

※メディチ・エルメーテで使用するランブルスコ品種 

ランブルスコ種

 

拘りの下記品種が使われます。

 

◇ランブルスコ・ソルバーラ種

主にモデナ北部、ポー川近辺で栽培されており、ランブルスコの品種の中で一番酸が高い品種。雌雄異株の珍しい品種で、ソルバーラは色がかなり薄く、ソルバーラ100%で造ったランブルスコも透明感のある色合いになります。

 

◇ランブルスコ・グラスパロッサ種

主にモデナ南部、レッジョ・エミリア南部で栽培されており、タンニンが非常に強くアフターにほんのり苦味を感じる品種です。

 

◇ランブルスコ・サラミーノ種

モデナ、レッジョ・エミリアで栽培されており、フルーティさが特徴でバランスの良い品種。ボディーやストラクチャーをランブルスコに与えます。

 

◇ランブルスコ・マラーニ種

レッジョ・エミリア南部で主に栽培されており、サラミーノよりも酸が強めでストラクチャーのしっかりした品種です。

 

※葡萄実の剪定

通常なら出来るだけ多くの実を収穫するため、剪定はほどほどで済ませますが

メディチ家は1本の葡萄木に10~12房を残し、全て切り落とします。

これをすると、約40%もの収穫減になりますが、逆に凝縮したエキスたっぷりの葡萄が収穫されます。

 

※10000分の1

世界的権威のあるワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で、1万以上の銘柄が出品された中、同社の「コンチェルト/レッジャーノ」がNo.1ワインに選出!

 

また、イタリアワイン最高の評価誌「ガンベロ・ロッソ」でもトレ・ビッキエーリ(最高位)を獲得

 

安酒のイメージしかなかったランブルスコのイメージを変えたワインとして、今も世界から問合せの電話が鳴り止まないそうです。

 

でも「平民出身」のメディチ家の伝統なのでしょうか、、、

 

アルベルトさんのワインは、伝統を重んじながらも“コストパフォーマンス”に富んだ“デイリー”なワインばかり!

でも、彼には高級ワインは眼中に無いようです、

 

今後のメディチ家の活躍に期待度「大」ですね!

 

      ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 熱弁中のアルベルトさん

※余談

親日家のアルベルトさん。日本語にも興味があるようで、、、でも忙しくってなかなか勉強できない悩みが。
そこで!

 

コレを言ったら絶対ウケるよ・・・と教えた私〈Francesco〉のダジャレは・・・

 

 Nondemia Manmamia!(飲んでみーあ、まんまみーあ)

 

デイリーなワインと思って飲んだら、ビックリするほど美味しいワインだった、、、って意味です。
もちろん!アルベルトさんには大うけでしたよ! かしこ。。。(笑)

 

【ランブルスコ・マニフェスト】

 

1)ランブルスコは土着品種の名前

2)ランブルスコは世界の中でも特徴的なワイン

3)ランブルスコはエミリア・ロマーニャ州を代表するもののひとつ

4)ランブルスコは品種が多岐に渡り可能性が無限にある葡萄品種

5)ランブルスコは万能ワイン

6)ランブルスコは前菜からデザートまで幅広く料理と合わすことが出来る

7)ランブルスコは非常に親しみやすいワイン

8)ランブルスコは世界最高峰の料理(エミリアフード)に寄り添いより料理を美味しくできるワイン

9)ランブルスコは赤(ロゼ)の微発泡製ワイン。飲む人を楽しませるワイン。

10)ランブルスコは明確なアイデンティティが確立されたワインである

         2018年10月 アルベルト・メディチ氏談


 

 

 

 

  

 

★☆★限定醸造スパークリング★☆★
 

 

フェルメント【赤・微発泡】 フェルメント 【赤・微発泡】
【会員価格】 2,580円 【品種】ランブルスコ・ディ・ソルバーラ100%
限定輸入!瓶内二次発酵で醸された微発泡【赤】ワイン 
フレッシュなチェリーの香りが漂います。ひと口含むと。微発泡ワインとは思えない泡感が舌の上を走りぬけ、その後ベリー模様の果実味と酸味を感じさせます。残糖分0.5g/Lが示す通り、何も足さない、何も引かない、きりきりのドライな風味で、甘味をほぼ感じさせない味わいです。

 

カレッツァ【赤・発泡】 カレッツァ メトド・クラシコ;ブリュット【赤・発泡】
【会員価格】 2,780円 【品種】ランブルスコ・ディ・ソルバーラ100%
限定輸入!【赤】の瓶内二次発酵スプマンテ! 
色合いは【赤】と言うよりも【ロゼ】や【オレンジ】の様相。口に含んだ瞬間、エレガント・・・いやシャープな酸(酸味)が舌の上を走り抜ける感覚があります。でも瓶内二次発酵ワインらしい豊かな泡感はお見事で、微発泡性と比べて、その泡のしっかり感が目で感じ取れるんです。

 

ウニーク・ロゼ【ロゼ・発泡】 ウニーク・ロゼ ブリュット【ロゼ・発泡】  
【会員価格】 2,980円 【品種】ランブルスコ・マラーニ100%
限定輸入!【ロゼ】の瓶内二次発酵スプマンテ! 
グラスからあふれ出る香りは、ベリー系フルーツやイチジクを感じさせる豊かさがあります。「芳醇な泡感」とはこのことで、ワインが持つ果実味と合わさり、優しくありつつシッカリとした口当たりを感じることができるんです。表示は【ブリュット=甘味のない風味】ですが、飲み終わった後に葡萄が持つ微かな甘味を感じさせますが、、、「ロゼって結構甘いんじゃぁ。。」という心配はご無用!あくまで飲み心地の良いスプマンテとしてお奨めします!

 

 

★☆★メディチ・エルメーテのワイン★☆★

 

 コンチェルト コンチェルト/レッジャーノ セッコ【赤・微発泡】
【会員価格】 1,980円 【品種】ランブルスコ・サラミーノ100%
2010~2022年度まで13年連続3グラス(最高位)獲得
濃厚な色合い、その味わいはフレッシュなチェリーやブルーベリーをほおばった様な味わいと、ほろ苦さが優しく感じられ、、、しかも、キリリとドライ。深い余韻ときれいな後味も必見の1本なんです!

 

 アッソーロ アッソーロ/レッジャーノ セッコ【赤・微発泡】
【会員価格】 1,680円 【品種】ランブルスコ・サラミーノ85%/アンチェロッタ15%

カジュアルに楽しめる本格ランブルスコ
色合いは思った以上に濃厚!赤ワインらしいタンニン(渋味成分)もありながら、口当たりは爽快。でも、飲んでいると口の中でブルーベリージュースのように濃くしっかりした味わいを感じる・・・とても不思議な感覚がありますが、一度飲めばハマる方続出!キリッと冷やせば、どんな食事にも合う万能ワインなんです。

 

 ボッチオーロ ボッチオーロ/ランブルスコ ドルチェ【赤・微発泡】
【会員価格】 1,680円 【品種】ランブルスコ・グラスパロッサ100%
他のランブルスコと違う点は ★☆★ やや甘口タイプ ★☆★
でも、貴腐ワインやアイスワインの様な強烈な甘さを持つワインではなく、あくまでスッキリと楽しめる赤ワインなんです。そうです!甘口=ベシャッとした「甘ったるい味」 のイメージを覆してくれる味わいなんです。

 

 クエルチオーリ セッコ クエルチオーリ/レッジャーノ セッコ【赤・微発泡】
【会員価格】 1,330円 【品種】ランブルスコ・サラミーノ/ランブルスコ・マラーニ
濃い赤色のワインからプチプチと軽やかな泡が湧き上がり、その色合い通り、香りにはカシスを想わせる豊かさがあります。口に含むとまるでブルーベリーをほおばった様なジューシーさ!程よい酸味もあり、きりりとドライでバランスがうまく取れたナイスなランブルスコです。

 

 クエルチオーリ/ドルチェ クエルチオーリ/レッジャーノ ドルチェ【赤・微発泡】
【会員価格】 1,330円 【品種】ランブルスコ・サラミーノ/ランブルスコ・マラーニ
「ドルチェ=Dolce」というイタリア語は、「甘口」「甘い」「お菓子」等々の意味がありますが、このワインの場合は少しニュアンスが変わります。「甘口」というよりも、ガスを含んだ軽快な口当たりがありますので、“やや甘口”という表現で良いと思います。軽い甘さがありますが、サラミや肉のローストにも合いますので、食中酒としてもご活用いただけますよ!

 

クエルチオーリ/ロザート  クエルチオーリ/レッジャーノ ドルチェ【ロゼ・微発泡】
【会員価格】 1,330円 【品種】ランブルスコ・サラミーノ/ランブルスコ・マラーニ
グラスに注ぐと、綺麗なピンク色の泡がシュワッと立ち昇り、ス~っと引いていきます。そして、ワインからプチプチと軽やかな泡が湧き上がります。香りは、まるで果物屋さんの店頭そのもの!心地良い果実の香りが湧き上がり、口に含むとイチゴを想わせる風味がいっぱい!程よい酸味もあって、飲み心地抜群です。

 

 ランブルスコ キューイング【赤・微発泡】 ランブルスコ キューイング【赤・微発泡】 ※完売
【会員価格】 1,180円 【品種】ランブルスコ・サラミーノ/ランブルスコ・マラーニ

日本バーベキュー協会認定ランブルスコ
他のランブルスコ達との違いは ☆軽快な酸味☆ 冷やしてもエグミが出ないタンニン(渋味成分)とブルーベリーをほおばった様な果実味がワインに芳醇さを与え、この軽快な酸味が食欲をそそること間違いなし!甘味はほとんど感じませんのでBBQはもちろん、鉄板焼系の料理には間違いなく合う!

 

クインテッセンツァ スプマンテ【白・発泡】 クインテッセンツァ ピニョレット・スプマンテ【白・発泡】 完売
【会員価格】 1,380円 【品種】ピニョレット100%
本格派スプマンテ! 泡と共にレモンやグレープフルーツを感じさせる爽やかな香りも一緒に沸きあがります。香りからすると『少し甘さがあるのかな?』と感じるのですが、いやいや、飲んでみると爽快なドライ!!サラッとした飲み口ながら、引き締まった酸味もありますので、飲み心地も抜群です。価格はカジュアルなのに、パフォーマンスは抜群です!

 

 

 

 

★☆★カステッリ・デル・ドゥーカのワイン★☆★
 

 

マルヴァージア・セッコ  カステッリ・デル・ドゥーカ/マルヴァジーア・セッコ【白・微発泡】
【会員価格】 1,180円 【品種】マルヴァジーア・ビアンカ100%
白い花やほのかに香りたつ甘~い香りは抜群の心地よさ。口当たりはキリッと引き締まった味わいがあり、後になって柔らかさが徐々に伝わってきます。綺麗で繊細な泡がずーーーっと続きます。見ていて飽きないです(^^♪

 

 カステッリ・デル・ドゥーカ/ロッソ カステッリ・デル・ドゥーカ/ロッソ【赤】 ※完売
【会員価格】 1,180円 【品種】ボナルダ100%
飲まれるとすぐに分かるのですが、このワイン・・・すっごい飲みやすい!
「飲みやすい・・・」と言っても、水っぽいワインではありません。アルコール度数をみても13.0%!あくまで葡萄品種の特製が出ているんですね。渋味・コクともに丸みがあるのが特徴で、赤い果実をほおばった様な果実味も見逃せません。

 

 カステッリ・デル・ドゥーカ/ビアンコ カステッリ・デル・ドゥーカ/ビアンコ【白】  ※完売
【会員価格】 1,180円 【品種】オルトゥルゴ90%/ソーヴィニヨン10%
飲まれるとすぐに分かるのですが、このワイン、、、すっごいフルーティ&フレッシュなのが特徴です!柑橘類を想わせる柔らかい香りがあって、口に含んでもその香りは持続します。しかも、、、酸味がマイルド!最初飲んだ時は「あっさりしたワインだなぁ。。。」と思っているうちに、2種の葡萄がおりなすハーモニーが顔を出し、最後に現れる酸味が食欲をそそります。

 

ワインの詳細やオーダーは「ワイン名」をクリックしてしてください

 

 

 

 

 

Ricordi del passato

(2007年2月19日メディチ・エルメーテ来店試飲会)

2007年メディチ・エルメーテ会

Ricordi del passato

2007年メディチ・エルメーテ会

2007年メディチ・エルメーテ会

 

  

Ricordi del passato

(2008年10月21日メディチ・エルメーテ表敬訪問)

Ricordi del passato

Ricordi del passato

 

Ricordi del passato

(2011年7月21日メディチ・エルメーテ表敬訪問) 

Ricordi del passato  (2008年10月21日メディチ・エルメーテ表敬訪問)

メディチ・エルメーテ表敬訪問

 

Ricordi del passato

(2016年5月9日メディチ・エルメーテ表敬訪問)

メディチ・エルメーテ表敬訪問

メディチ・エルメーテ表敬訪問

 

 

Ricordi del passato

(2018年4月15日メディチ・エルメーテ表敬訪問) 

Ricordi del passato  (2016年5月9日メディチ・エルメーテ表敬訪問)

Ricordi del passato  (2016年5月9日メディチ・エルメーテ表敬訪問)

 

Ricordi del passato

(2023年5月29日メディチ・エルメーテ表敬訪問) 

Ricordi del passato  (2023年メディチ・エルメーテ表敬訪問)

Ricordi del passato  (2016年5月9日メディチ・エルメーテ表敬訪問)

 

 

 

 

 

チェザリーニ・サルトーリ~ウンブリア州~

ポデルヌオーヴォ~トスカーナ州~

サン・ジュゼッペ ~トスカーナ州~

ケットマイヤー(アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

デルテット~ピエモンテ州~

トゥア・リータ ~トスカーナ州~

ポッジョ・アルジェンティエラ

バローネ・ディ・ヴァルフォルテ ~アブルッツォ州~

レ・バッティステッレ ~ヴェネト州~

ヴィエ・ディ・ロマンス(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

レ・マッキオーレ ~トスカーナ州~

サン・ミケーレ・アッピアーノ アルト・アディジェ州

ピエモンテ州 ラ・スピネッタのワイン

ディ・レナルド フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

ケラーライ・グリエス ~アルト・アディジェ州~

ベルターニ(ヴェネト州)

プロジェクト・オルスス ~アブルッツォ州~

フェウディ・ディ・ロマンス~フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州~

CVAカニカッティ ~シチリア島~

ピエモンテ州 モンキエロ・カルボーネ

オルマンニ ~トスカーナ州キャンティ・クラシコ~

ムステラ ~ピエモンテ州~

コンティ・ゼッカ(プーリア州)

リジーニ ~トスカーナ州モンタルチーノ~

フォッソ・コルノ(アブルッツォ州)

サン・アントニオ(ヴェネト州)

カンティーネ・ファッロ(カンパーニア州)

ドゥーカ・ディ・サラパルータ ~シチリア島~

テレザ・ライツ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州)

テヌーテ・フェッロチント ~カラブーリア州~

サン・マルツァーノ ~プーリア州~

ファルネーゼ ~アブルッツォ州~

ウマニ・ロンキ ~マルケ州~

バンフィ(トスカーナ州)

テッレ・ディ・マリアピア ~ヴェネト州~

ゴレッティ(ウンブリア州)

ペッケニーノ~ピエモンテ州~

カンティーネ・ルナエ リグーリア州

シリオ ~シチリア島エトナ~

アゼリア ~ピエモンテ州~

マルケ州 セルヴァグロッサ

リブランディ(カラブーリア州)

セッラ・エ・モスカ ~サルデーニャ島~

カンティーナ・ボルツァーノ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

グラート・グラーティ(トスカーナ州)

パッソピッシャーロ(シチリア島)

グルフィ(シチリア島)

おすすめ生産者のワイン

フェルゲッティーナ ~ロンバルディア州~

ルッジェーリ(ヴェネト州)

レ・マンザーネ(ヴェネト州)

ロータリ(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

メディチ・エルメーテ(エミリア・ロマーニャ州)

このページのTOPへ